■ クリングステルスストリング -田中れいな- ■


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ クリングステルスストリング -田中れいな- ■

疾走する田中の足に、何かが触れた。

油断。
田中自身は、そう思うのだろう。

油断した。
きっと、そう判断する。

また、油断しとった!

しかし、警戒などできようものか?

『無い』はずのものを。

そこには何も『無かった』のだから。

足が、地面から離れる。
空中で、もがく。
転倒。
身動きが、取れない。

硬く、細く、それでいて弾力のある、何か。
一本ではない。
それは次々と田中に絡みつき…


「げっ!なん?」

これは俗にテグスと呼ばれる物だ。
ナイロン製、その太さも1mm以上はあるか。
大型の魚を釣り上げても、びくともしないその糸が、
山道の両脇、木と木の間、何条も張り渡されていた。

全力疾走していたとはいえ、そして、すでに日の暮れかける山道とはいえ、
こんな太い糸を田中が見逃すだろうか。

「って!なんこれ?くっつきよう!きもい!」

手に、足に、次々と糸が絡み、張り付いてくる。
糸の感触は、さらりとしたものだ。
接着剤のようなものが塗布されているわけではない。
にもかかわらず、まるで、磁石に吸い寄せられるかのごとく、
田中にへばりつき、はがせない。
もがけばもがくほど、新たに糸に触れる面積が増え、ますます糸に絡まっていく。

「くっそ!とれん!この!」
思い切り暴れる。
ガキさんとこまであとちょっと!あとほんのちょっとなのに!

「あははーひっかかったー」

ほんの一秒前まで、そこには誰もいなかった。

「ウッホウッホ!」

その声は、田中の真正面から聞こえた。


油断。

きっと田中は、そう判断するのだろう。

油断した。

きっと、そう判断する。

妨害者は、

「まだほかにもおったんか!」

一人とは限らない。

『馬』にはまだ、仲間がいたのだ。


                               【index】





投稿日:2014/12/11(木) 19:06:51.70 0