『リゾナンター爻(シャオ)』 19話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




竹内朱莉は先ほどから、度々深いため息をついている。
テーブルの正面には、ツインテールの少女。意思の強そうな眉とそれに反比例した子犬のような鼻、そして口元から
覗く八重歯は愛らしくすらある。ただ、朱莉のため息の原因は明らかにこの少女に起因していて。

「だからさ、めいたちはもうお笑い担当でいいと思うわけ」
「…能力者のお笑い担当って何よ」
「だって和田さんとか福田さんは一線級で活躍してるわけじゃん。でもめいたちはずーーーーっとサポートしかでき
なくてさ。何か悔しいじゃんそういうの」
「そりゃまあ。でもお笑いと関係なくない?お笑いの能力って意味わかんないし」

先ほどから目の前の少女・田村芽実が主張する「お笑い担当能力者」という存在について、改めて朱莉が疑問を投げ
かける。すると、

「めいたちははっきし言って能力も中途半端…まありなぷーのアレは何か便利そうだけど。けどさ、クライアントの
皆様がめいたちに求めてるのってさ、何て言うか、こう、お笑い要素みたいな感じだと思うのよ」

とやはり的を得ない回答を口にする。
朱莉のため息は増えるばかりだ。


「めいたちの立ち位置はさ、やっぱ面白いのじゃん。めいたち面白いの好きだし」
「うん」
「たけちゃんめっちゃ面白いから。お笑い担当になろうよ、って。めいが色々物真似とかやるから、それでかななん
がゴリラの真似して」
「あのー、田村さん? それって異能力と何の関係もなくない?」
「それだったらちゃんと活躍できるかなって」
「いやいやいや。もしかしたらうちらだって和田さんや福田さんみたいに一級線で活躍できるかもしれないじゃん。
たけ、かななん、りなぷーで『日本三大能力者』って祭り上げられるかもしんないし」
「何それ。たけちゃん可哀想」

可哀想、というキーワードは。
それまで何とかぎりぎりのところで耐えていた朱莉の防衛線を、いとも容易く突破した。

「君はねぇ、ちょっと、その、ねぇ、マイナス思考をやめた方がいいよ…いや、ほんとに」
「マイナスじゃない! ほんとにこれはめい考えたの!!」
「しかも自分だけなら…そのお笑い担当とかいうのに朱莉たちを巻き込まないでくれるかなあ」

本来、朱莉は相手に対しここまで無慈悲な言い回しはしない。
少々の芽実の愚痴なら笑い飛ばせるくらいの度量は持っている。だがしかし。
このマイナス具合は彼女の許容範囲を超えていた。下手をすれば殴り飛ばしてもおかしくない。
そこをやはり何とか留めているのは、やはり彩花のことがあるからだった。

リーダーが行方不明である、そんな状況が芽実をマイナス思考の泥沼に引きずり込んでいるのは間違いない。それ
に対して何とかしてやろう、助け舟を出してやろう。朱莉なりに考えはするものの、どうにもならないからため息
が出る。これこそ絶望的な有様だ。そう思った矢先の出来事だった


口を尖らせて、なおぶつぶつと愚痴を垂れていた芽実。
その頬が突然、赤く腫れ上がる。

「え? いたっ! なに、ちょっと」

まるで、何かにぶつかった。
いや、まるで誰かに殴られたような。
否。芽実は実際に「誰か」に殴られたのだ。

「りなぷーでしょ!!」

涙目になってその名前を呼ぶと、芽実を殴った誰かがやる気なさそうにぼんやりと姿を現しはじめた。

「ひどいよいきなり殴るなんて!て言うかいつからいたの!?」
「さっきから。いつ終わるかなって待ってたんだけど、それかタケが切れて殴って終わるかなとか思ってたんだけど。
ぜんぜん終わんないし」

姿を現した脱力系少女・勝田里奈が、殴った拳をまじまじと見ながら、そんなことを言う。
朱莉のさすがに朱莉でもそこまではしないよ、という言葉などまるで耳に届いていないかった。
ちなみに彼女の能力である「隠密(ステルス)」は、厳密に言えば姿を消す能力ではない。

姿を隠す、と言えば今は亡き光の使い手・前田憂佳の十八番であったが。
彼女が光の屈折率を利用し、物理的に姿を隠していたのと、里奈が姿を消したのは根本的に仕組みが違う。

ざっくり言ってしまえば、射程範囲の対象から自分の存在を「消す」能力。
相手の精神に働きかけて自分の姿を認識できなくしてしまうので、能力の影響下にある人間には彼女が「見えない」。
無防備の芽実に放った拳は、まさにステルスパンチといったところか。


「それよりさ、かななんは? 一緒だったんじゃないの?」
「香菜なら、結界に和田さんっぽいのが引っ掛かったって言って、様子見に行った」
「あ、そう。りなぷーは見に行かなかったんだ」

たぶん面倒臭いからだろう。と朱莉は思いつつ口には出さなかった。
今は、殴られたことに気を取られている芽実の魔のゾーンから救い出してくれたことに感謝しよう。餅巾着を食べてい
るのを見て「共食いだ」などと揶揄したり、朱莉の鼻が低いのをもじって「はな ひくし」と悪口を言うのも3回くら
いは見逃してやろう。そう思った。

「でもさ…和田さん、大丈夫かな」
「さぁ。香菜の『結界』は何が引っ掛かったのかはわかるけど、それが生きてるか死んでるかまではわからないし」
「ちょ、りなぷー!!」

里奈のあまりな物言いに思わず目を剥く朱莉。
確かにその通りなんだけど、それをさっきまでネガティブモードに入ってた芽実の前で言うかね普通。と呆れつつ。

「そうだよね…和田さんにもしものことがあったら。福田さんはこう、引っ張ってくようなタイプじゃないし。そした
らめいたちが中心になって…やっていけるのかなあ」
「ほらきた」

想定内の芽実の反応に、思わず朱莉からそんな台詞が出てきてしまう。
これでは振り出しに戻ったようなものだし、芽実は殴られ損だ。案外里奈も自分でやっておいて殴り損だなどと思って
いるかもしれない。


「たったったたいへんや!!」

そんなところに飛び込んできた関西弁。
全速力で走ってここまで来たのだろう。中西香菜はぜえぜえと息を切らしながら、部屋に上がりこむ。

「おかえり香菜」
「反応が冷静すぎるよりなぷー」
「ちょっとかななん何が大変なの」

三者三様の対応に、少しずつ息が整ってきた香菜は。
何か言いにくいことを吐き出すような表情でこう言った。

「あんなあ、実は和田さんが…」





投稿日:2014/11/07(金) 06:45:33.50 0