『リゾナンター爻(シャオ)』 17話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




春菜の目に、鮮やかな色彩が飛び込んでくる。
原色を基調とした部屋の中には、たくさんの子供達がいた。
ビビットな色に反比例して際立つ、白いワンピースを着せられた少女たち。
数人でかたまって無邪気に遊具で遊ぶものもいれば、一人で座り込み虚空を見つめているようなものもいる。そして彼女たちを。

マジックミラー越しに見ている、白衣の男たち。
春菜は、今自分が見ている光景が「研究所」のものだとすぐに理解する。
なぜなら、彼女もまた似たような環境に置かれていたから。

部屋の裏手にあるドアが、かちゃりと音を立てて開錠される。
現れた白衣の男。少女の一人に声をかけ、手を引いて外へ出て行った。

あの子は…それに、もしかして…

幼いながらも、はっきりとした顔立ち。浅黒い肌。
連れ出された子は、間違いなくこの精神空間の主である彩花。そして連れ出した男の目的は。


場面が暗転する。
部屋の中央に、機械仕掛けの椅子。その中に幼い彩花がすっぽりと納まっていた。
椅子の周囲には大小さまざまの計数器。一人の研究員がクリップボードを片手に、彩花に話しかけている。が、彩花の顔は青ざめ、
額には珠の様な汗を滲ませていた。

突然、男が片手をあげる。
それを合図に、ガラス越しに見ていた他の研究員たちが目の前の機器を操作する。
走る電流、痙攣する彩花。計数器の針が大きくぶれ、モニタのグラフが激しく上下した。

やっぱり。これは…「人体実験」。

春菜もまた、新興宗教団体が抱える研究機関によって同じような経験をしていた。
表向きは異能開発のための諸実験。だが、内容はとてもではないが人道に配慮したものとは言えなかった。目を固く瞑りたくなる
ような、耳を塞ぎたくなるような、そして声を枯らして叫びたくなるような記憶が蘇る。

いけない。私自身が後ろを向いてる場合じゃない。和田さんを、助けなきゃ。

そんな春菜の心情を反映するかのように、再び場面が転換する。
場所は先ほども見た、子供達の収容場所。そこに、背丈は変わらないが明らかに成人した金髪の女が入り込んでくる。

「あれ、矢口さん…こんな夜中にどうしたんですか?」

少女の一人が、訝しげな顔をして矢口と呼ばれた女に問いかける。
矢口は天使のような微笑を精一杯作り、こう言った。


「なあお前ら、ここから抜け出したくないか?」
「え…それってどういう」
「抜け出すってなに?」
「面白いこと?」

蜂の巣を突いたように、矢口に群がる子供達。
そんな様子に辟易しつつ。
お気に入りらしき牛柄のパーカーが上下左右に引っ張られるのを振り解きながら、

「ここから、脱走すんだよ。お前らは自由だ」

と半笑いの表情で言った。
子供達の熱狂が頂点に達し、牛柄パーカーは千切られるのではというくらいに引っ張られ、捻られる。ったくだからガキは嫌いな
んだよ、あいつら思いだすんだよこんにゃろ、と小さく呟きながら。全員に呼びかけ、部屋を後にする。
原色で彩られた部屋から、白が消えた。

春菜の感覚を、肌寒さが襲う。
一面の雪吹雪。唸るような風の音が鳴り止まない。
白く染められた世界を、尾根伝いに進む一行があった。吹き付ける鋭い風と雪に塗れ、それでもただひたすらに前を向くしかない
少女たち。

「ねえ、これ…本当にただの訓練なの…」
「警察の人もうそつきだ」
「いやだよ、まだ研究所のほうが…」
「なに言ってるの、あんなとこに戻るくらいなら」
「寒いよ…おなかすいたよ…」

極低温に晒され、もがき苦しむ言葉ですらも途切れ途切れの幼い子供達。
どうやら先ほどの研究所から別の機関 ― 恐らく警察組織なのだろう ― に彼女たちは所属したようだ。が、目の前の光景を
見る限りはとてもではないが、彼女たちが苦難から逃れられたとは思えない。


「あ…」

一行の最後尾、ついてゆくのがやっとだった一人の少女がバランスを崩す。
よろけた先は断崖絶壁、深淵に吸い込まれるように身を預けた少女。
春菜はもちろん、息を呑むことしか出来ない。たとえその手を差し伸べたところで相手は記憶の幻だからだ。
けれど追憶は春菜の思いを汲み取るかのように流れる。今にも闇に飲まれそうな小さな手を、掴むものがいた。

「桃香ちゃん!!」
「あ、あやか…ちゃん?」

間一髪で少女の命を救ったのは、彩花。
ただ、その力はあまりにもか弱く。

必死にその手を繋ぎ止めようとするも、無情にも桃香と呼ばれた少女は少しずつ、彩花の手からずり落ちようとしていた。

「あやかちゃん、もう、いいよ…このままだと…」
「なに言ってるさ!桃香ちゃんはあやが絶対に助けるから!!」

力強い言葉とは対照的に、抜けてゆく力。
彩花の体は桃香に引っ張られるように、絶壁へと近づいていた。

その時だった。
彩花の手を強引に振り解き、奈落の底へと桃香が落ちていったのは。

― もう、こんな思いをするのは、いや ―

春菜の視界が、黒く染められる。
響き渡るのは彩花の声だけ。


― だから。だから、スマイレージのみんなだけは失いたくなかったのに ―

黒の一部が切り取られ、そこに映るは。
赤い死神。崩壊したビルの瓦礫の山で、圧倒的な力でもって対峙する少女たちを屠ってゆく。

― 失いたくなんか、なかったのに ―

全身を吹き飛ばされ、無残に転がる彩花。
肉片すら残さず塵と化した、紗季。

心臓を貫かれ、崩れ落ちる憂佳。

― いらない。もういらない ―

春菜たちがさくらやれいなを救出するため孤島に赴いたのと時を同じくして。
このような無残な戦いが繰り広げられていたとは。
結果、今彼女を取り囲んでいる状況は。精神世界の入口で見た黒く塗りつぶされたカンバスと一緒だった。

塗り込められる、怒り。悲しみ、嘆き。それらを通り越した、絶望。
黒く歪んだ空間から彩花の悲痛な心の叫びが降り注ぐ。


時を同じくして、春菜の立っていた場所に亀裂が走る。
世界の崩壊。あまりに黒い、光無き闇が形をなすことにすら耐え切れず崩れ落ちようとしていた。

私が、私なんかが救えるような話じゃなかったんだ。

軋轢が、やがて破壊へと変わる。
砕けた闇は、さらなる深淵へと吸い込まれていった。
彩花の絶望をまともに身に受けた春菜は、いつ終わるとも知れない落下に身を任せながら思う。地獄のような試練の連続の果てに
彩花が辿り着いたのは、周りから誰もいなくなるような孤独。
そこに、過去に自らに降りかかった悲劇を重ねていた。

一片の希望すら差さぬ、闇。
春菜もまたその境遇を経験していた。教団の道具となるための悪夢のような日々。それを身を持って体験しているからこそ、春菜
は彩花を否定する事ができなかった。自分だって、あの時さゆみたちが助けに来てくれなければやがては同じような絶望に苛まれ
ていたかもしれない。

窮地を救ってくれた、さゆみたちリゾナンターと邂逅した時に見た、眩しい光。
それを思い出し、少しだけ春菜の心は温かくなった。
けれども、それすらも深い闇は呑みこんでゆく。

生田さん…みんな…ごめんなさい…

そして春菜の意識もまた、彩花の精神世界に溶け込むようにして消えていった。





投稿日:2014/10/31(金) 01:00:32.75 0