『リゾナンター爻(シャオ)』 08話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




一方、里沙の連絡で負傷者がいるという現場に駆けつけたさゆみは。
黄色と黒の防護テープで囲われた一角に踏み込んだ時に目に入ったその光景に、反射的に顔を背けてしまう。

一体何をどうしたら、このような状況になるのか。
路地裏のその現場には、赤い、大きな染みがあった。染みの中央にある「それ」は。

「あ…あがが…た…たすけ…て」
「こ、こ、殺してくれ…」
「おれはおれはしにしにしにたくない」

「それ」が同時に別のことを喋っている。いや、そうではない。
雑巾が絞られたかのような肉の塊りと化していた「それ」は恐らく元は、三人の別々の人間だった。その唯一の証拠が、肉体に捻じ込まれ、
または割れた半熟卵のようにぐしゃぐしゃになりながら。そして互いの頭と脳味噌と目玉を混ぜ合わせながらも辛うじて三つの意志がそこ
にあるということだった。

「治療はそっちじゃないよ、さゆみん」
「ガキさん」

肩に手を置かれ、振り向くさゆみ。
久しぶりに会ったはずなのに、まるで彼女がリーダーをしていた時のリゾナント時代に戻ったかのように。さゆみは自然と新垣里沙の後を
ついてゆく。さゆみが先頭に立ち後輩たちを率いている現状からすると、えらく新鮮な感覚だ。


里沙に案内され入った建物の中、薄暗い一室の壁に背をもたせ掛けた二人。
さゆみはその二人に見覚えがあった。

「あんたたち」
「はは、嫌な再会だねえ」

驚くさゆみを見て、皮肉な笑みを浮かべる女。
勝気な表情とは裏腹に、所々破れた服や血糊のついた頬が痛々しい。

彼女たちは。
かつてれいなとさゆみに襲い掛かったダークネスの一派。自らを「ベリーズ」と名乗った七人の刺客のうちの二人だった。

「茉麻や千奈美からたまにあんたの後輩には会ってるって話は聞いてたけど、まさかこんな状況であんたに会うとはね」

肩を竦めて冷笑してみせる勝気な女 ― 夏焼雅 ― だが、すぐに顔を顰める。体を動かすことで傷に障るらしい。

「ガキさん、これは」
「その二人は護衛をしてたのよ。うちで捕まえたダークネスの末端組織の人間をね。けど、襲撃者は一瞬にして護衛対象を
出来損ないのピザに変えた」

里沙の補足で、さゆみはようやく状況を掴む。
襲撃者はターゲットを戯れに再起不能の状況に追いやり、ついでに護衛の二人を嬲り去っていった。そういうことなのだろう。

「残念ながら。彼らには最早安らかな死を与える事くらいしかできない。その二人も、なるべく早く治療したほうがいい。
さゆみん、お願い」

里沙の言うとおり、雅はともかくもう一人の顔を青白くさせた金髪の少女 ― 菅谷梨沙子 ― は一刻も早く治療にかから
ないといけなさそうだ。
腹部の布地を朱に染めた梨沙子にさゆみは、そっと自らの掌を近づける。


なるほど。この子はちょっとだけ外国の血が。それでこんなに逞しくなっちゃって。つまり子供の時はきっとさゆみ好みの
お人形さんみたいな女の子…成長の過程…デラックス…

「…殿堂入り」
「はぁ?」

さゆみの治癒の力が行き渡り、一瞬目を覚ました梨沙子だったが。
急速に体組織を再組成した反動なのか、すぐに気を失ってしまった。
続いて雅の治療に取り掛かるために、ダメージを受けているであろう部位に触れる。

「あいつは…あいつらは。何度かあいつらの『クローン』に会ったことはあるけど、そいつらより遥かに危険だった。あい
つらに睨まれた時、食われるんじゃないかと思ったくらいにさ。あんなちんちくりんな連中だったのに」

さゆみの治療を受けている雅が呟いた言葉に、里沙が反応する。


ほら、マメェ…楽しいよ?
モノクロームの世界。
里沙が目にした少女は、楽しそうに泥の団子をこねていた。
ぐっちゃ、ぐっちゃと音を立てながら練られる団子。
音と、映像だけがリアルに脳裏に刻まれる。
少し遅れて、色彩が戻ってきた。泥。泥。赤い泥。血溜まり。
泥団子だと思っていたそれが、少女に惨殺された肉の塊と気づいた時に。
里沙は両手を地に付き、そして吐いた。



ふと我に帰る里沙。
その表情は思い出したくないものを思い出したかのように、苦渋に満ちていた。

「まさか…いや、そんなことは」
「どうしたの、ガキさん」
「さゆみん…覚えてる? 愛ちゃんがリゾナントに居た頃に、擬態能力で喫茶店に侵入したダークネスの能力者を」

何故里沙が突然そんなことを口にしたのか。
さゆみにはわからなかったが、首を縦に振る。折りしも、喫茶リゾナントは類似した能力を持った人間に襲撃されたばかりだ。

「ダークネスは、自分達の計画をより潤滑に進めるためにある擬態能力者のクローンを大量に生産した。そのうちの一人がさ
っきも言ったあの間抜けな侵入者だったんだけど」
「それがどうかしたの?」
「そのオリジナルがもしかしたら…表に出てきてるのかもしれない」

里沙は擬態能力者のオリジナル、つまりその危険性から長きに渡り幽閉されていたダークネス幹部・「金鴉」のことについて
説明しはじめた。気ままに殺戮を愉しみ、場合によっては身内すら対象としてしまう凶暴性。
もしそんな人間がリゾナンター殲滅の為に差し向けられるとしたら。

「でも…今日リゾナントを襲った輩はそこまで危険な能力者じゃなかったと思う。手薄な戦力でも簡単に撃退できたみたいだし」
「そうなんだ。でも、この子たちを襲ったのは」
「あたしたちが見たのがその『金鴉』かどうかはわからないけど。ひよっこリゾナンターたちの手に負える相手じゃないのは
確かだよ。もしかしたら、あんたの”お姉さん”や田中れいなですら」

若きリゾナンターはおろか、さえみやれいなですら危うくなる相手。
それは幹部クラスの能力者しかありえない。


「でもねさゆみん。『金鴉』も恐ろしい相手だけれど、彼女には相棒がいるんだよ。そっちも、別の意味で危険かもしれない」
「別の意味?」
「ええ。『煙鏡』って言うんだけど。彼女は能力と言うよりも、こっちのほうがよく切れる」

言いつつ、自らの頭を指差す里沙。

「策略家、ってこと?」
「ある意味、あさ美ちゃん…Dr.マルシェに匹敵するかも」

さゆみは白衣のおまんじゅうみたいな顔をした女科学者を思い浮かべた。

リゾナンターを潰す、というより戯れに弄ぶために幾多の罠を仕掛けてきた彼女。そんな彼女に苦渋を舐めさせられてきた過去
からすれば、「マルシェに匹敵」がどれだけ厭らしい意味を持つのか、さゆみには痛いほど理解することができた。

負傷した梨沙子と雅の治療はすっかり終わっていた。
襲撃者がダークネスの人間の抹殺を第一に動いたのは彼女たちにとって幸運だった。でなければ、二人とも今頃は黒ずくめの死
体処理班に「適正に処理」されていただろう。
手配された救急車に彼女たちが運び込まれるのを見て、ようやく肩の荷が下りるのを感じるとともに、例えようのない疲労感が
さゆみを襲った。

「おつかれ。ごめんね、急に呼び出して」
「ううん、大丈夫」
「送迎の車呼んだんだけど、一緒に乗らない?」

治癒の力を存分に使ったさゆみにとって里沙の申し出は渡りに舟。
断る理由はなかった。


「…金の鴉に、煙を吐く鏡、か」

不意に、里沙がそんなことを呟く。
さゆみが怪訝な顔をしていると、

「遠い外国の、双子の破壊神の別名にあやかってつけられたんだって。なるほどねって思って」

と言葉の理由を教えてくれた。
破壊神とはぞっとしない話ではあるが、あの無残に損壊させられた死体を見た後ではその異名もあながち大げさでないような気
さえする。

「ねえガキさん。もしその双子の破壊神がリゾナンターに襲い掛かることがあったら」
「そうねえ」

さゆみの仮定はもっともだった。
里沙の言うように彼女たちが幽閉状態から解放されているとすれば、いつその牙が自分たちに向けられるか。
さゆみはもちろんのこと、その「自分たち」の中に後輩たちが含まれているのは間違いなかった。

「私がもしリーダーだったら…迷うことなく『逃げろ』って言うわ」
「ガキさん」
「確かにあの子たちも成長した。全員で当たればいかにダークネスの幹部とは言え、打ち克つことだって不可能じゃないかもし
れない。でも。あの人たちは違うのよ。決して正面からぶつかっちゃいけない」

里沙の抱く不安が、伝染するようにさゆみの心にも染み渡る。
かつてダークネスに所属していた里沙がここまで言うのはよほどのこと。このことは、後輩たちに言い含めないといけない。
だが、その危機がすぐそこまで迫ってきていることをさゆみは知らなかった。





投稿日:2014/08/16(土) 01:24:18.64 0