9-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」9-1


105 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:01:11.20 ID:o0eNIb.P
――湖の国、首都、『同盟』作戦本部

同盟職員「早馬の知らせですっ!
 南部で、南部の諸国と中央の聖鍵遠征軍のあいだに
 軍事衝突が発生したと!」

同盟職員娘「っ!」

留守部長「……出遅れたな」
同盟職員「はい」

同盟職員娘「間に合わなかったんですね……」

留守部長「鉄を抑える速度が遅かった。
 静粛性を優先した結果でもあるし、
 おそらく以前から備蓄をしていたんだろう……。
 そうでなければ鉄の値段が揺れても、
 反応が無いのがおかしすぎる」

同盟職員「これでは武器製造への圧力として機能していません」

同盟職員娘「このままでは、資金的な傷口が広がります。
 撤退時期を探るべきでは?」

留守部長「……」

同盟職員「すみません。もうちょっと実態把握さえ早ければ」

留守部長「いや。これは開始時期の見切りの問題だった。
 やはり商圏の拡大と共に目が行き届いていない部分が
 広がりつつあるんだな」

がちゃり

青年商人「……いあいや。まだこれから、といきましょう」
107 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:02:47.48 ID:o0eNIb.P
同盟職員「委員っ!」
留守部長「いつお戻りに?」

青年商人「たった今です。開門都市は任せてきました」
女魔法使い「……」ぽやー

同盟職員「えっと、その方は?」

青年商人「ああ。ここまで運んでくれたんです。
 とびきりの食事と甘い物を用意してください」

女魔法使い「……」こくこく

青年商人「さて。……状況報告を」

同盟職員「たった今はいった情報ですが、
 南部諸国と中央の遠征軍のあいだに
 軍事衝突が発生した模様です。
 ……中央の新型武器が使用されたとのこと」

青年商人「それがマスケットですか?」
女魔法使い「……そう」

青年商人「より詳しい状況をお願いしていいですかね?」

女魔法使い「……当初、南部諸王国は
 白夜国を制圧した蒼魔族との戦闘を想定していた。
 女騎士は司令官として鉄の国と白夜国の国境付近、
 蔓穂ヶ原に約1万数千人をもって布陣。
 蒼魔族約2万を迎撃、丸一日にわたる戦闘を耐えきる。
 しかし、ここに後背から約4万の聖鍵遠征軍が強襲」
108 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:04:57.52 ID:o0eNIb.P
女魔法使い「……聖鍵遠征軍は蒼魔族を中心としながらも、
 ほぼ無差別に南部諸王国をも攻撃。
 その攻撃の中心となったのが、聖鍵遠征軍の新兵装。
 マスケット銃と、その部隊。

  女騎士率いる南部諸王国軍は、当初蒼魔族に使用する
 予定だった火炎の罠を持って蔓穂ヶ原を退却。
 聖鍵遠征軍も約5時間の激突を充分と見たのか、
 兵を引き上げ、蒼魔族から奪還した白夜王国を
 本拠と定め、掃討の後、駐留。
 ……現在は軍事的な緊張はあるものの、
 一時的な平穏状態にある。

  なお、この戦闘において、蒼魔族約2万はほぼ完全に壊滅。
 南部諸王国軍は兵3500あまりを、
 聖鍵遠征軍は6000名程度を失う。

  ただし、これらを損耗率の観点から見ると、
 南部諸王国軍は参加した兵の30%、全軍の12%。
 聖鍵遠征軍においては会戦参加兵員の15%、
 3%程度に過ぎないと推測される」

青年商人「では聖鍵遠征軍の現在規模は……」

女魔法使い「訓練度を度外視するならば20数万に達する」

青年商人「南部諸王国は、滅亡寸前ですか……」
109 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:07:18.28 ID:o0eNIb.P
女魔法使い「そうとも言い切れない。理由は二つある。
 まず、ひとつ目は聖鍵遠征軍は南部諸王国攻略よりも
 魔界侵攻を優先事項として決定したようだから」

青年商人「ふむ。……たしかに教会が大きな発言権を持つ
 聖鍵遠征軍ですから、その決定は理解できなくもないですが
 南部諸王国軍を放置するというのも解せませんね」

女魔法使い「……これは推測だが、おそらく聖鍵遠征軍は
 その強大な軍事力の1/3程度でも動員すれば南部の王国を
 殲滅できる。つまり、挟撃などといった策略を恐れないで
 済むという事情によるものと思われる」

同盟職員「20万の軍勢があればそれも可能なのか……」

青年商人「もう一点は?」

女魔法使い「開戦直後、南部三ヶ国通商同盟はその名称を破棄。
 あらたに湖の国、梢の国、葦風の国、赤馬の国および
 自由通商の独立都市七つを加え
 『南部連合』の樹立を宣言した」

留守部長「とうとう、ですね」

青年商人「ここ以外にはないというタイミングです。
 そう言うことでしたか。
 20万の兵力動員は、確かに素晴らしい攻撃力を
 教会勢力にもたらしましたが、その分、貴族や領主、
 多くの国の地元は防御力の殆どを失っているはずだ。

  もちろん、それらの国々全ては、聖光教会の指導下にあり
 一斉に攻撃能力も防御能力も失う。そう言う前提で軍が
 国元を離れたわけですが、『南部連合』の樹立は
 その前提条件を大きく揺るがした」
110 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:08:58.04 ID:o0eNIb.P
同盟職員娘「いま、聖鍵遠征軍が南部連合を攻撃した場合、
 より自分たちの内側に近い国――たとえば、湖の国や
 梢の国が、防衛軍不在の中央国家群を蹂躙するかも知れない。
 農民を中心に編成された聖鍵遠征軍であっても、
 支援物資や指揮系統は、やはり貴族の力が欠かせない。
 政治的な均衡状態が訪れているのですね」

留守部長「どちら側も、相手を人質に取った形か……」

同盟職員「そうですね。聖鍵遠征軍は、
 その強大な武力で南部連合の中枢部を人質に取っている。
 南部連合は、その新しく広がった友邦で、無防備となった
 中央諸国を人質に取っている」

青年商人「それだけじゃありませんけどね。
 ……これは相当に複雑になってきました」くすっ

同盟職員娘「?」

青年商人「何から何まで相似形になってきましたね。
 民衆に自由という武器を与えたゆえ、
 民衆の支持を失うような政策をとれない南部連合。
 民衆にマスケットという武器を与えたゆえに
 民衆の怒りが自分に向いたら破滅する中央国家群……。

  どちらも難しい舵取りになってきたようです。
 我が『同盟』、『魔族会議』、『魔界』……」

同盟職員「勝てますか?」

青年商人「保養は出来ませんけれどね。
 ですが、ただの力勝負では知恵を働かせる隙がない。
 ある程度状況が複雑でないと、商人は勝機を見いだせません。
 その意味ではまだチャンスは去っていない。
 プレイヤーが多数参加した乱戦こそが商人の
 活躍できる戦場です」
111 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:14:21.64 ID:o0eNIb.P
同盟職員「しかし、現に軍事衝突は……」

青年商人「ええ、起きてしまっています。
 だが、まだ手遅れと決まったわけではない。
 向こうに専門のスタッフがいなければチャンスは広がる」

同盟職員「専門……?」

青年商人「物資調達の、ですよ。
 ……中央の秘密製鉄工房の所在地は突き止めましたか?」

同盟職員「はい、それは。銅の国です。合計三カ所」

青年商人「良いでしょう。本部長、三カ所に出店の準備を」

留守部長「出店?」

青年商人「酒場と娼館ですよ。……耳目を忍び込ませないとね」
留守部長「了解です」にやっ

青年商人「聖鍵遠征軍に配置されているマスケットの量を
 算定してください。
 いくら何でも20万の兵に20万の
 マスケットが配置されているとは思えない。
 それにマスケットは機械です。
 呼称もすれば、予備部品も必要のはず。
 そして弾薬がいるんですよね?」

女魔法使い「……そう。運用中の補給が常に必要」

同盟職員「とはいえ、鉄鉱石は相当量の備蓄が
 聖王国にあると推測されるんです……。
 すでに一定数のマスケットが配備されている以上、
 これ以上圧力を加えても意味がないのでは?」
113 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:16:36.08 ID:o0eNIb.P
青年商人「いいえ。意味はあります。相手は中央国家群。
 その巨大さは武器ですが、弱点でもある。
 末端の壊死が中央に認識されるまでのタイムラグがね」

同盟職員「え?」

青年商人「鉄製品の最終的な製造原価の内訳を
 考えてください。そこから今回は攻めます」

同盟職員「……加工費?
 しかし、加工費はすなわち人件費です。
 今回の集約工場では、多くの職人を丸ごと抱えて、
 殆ど監禁のような状況で生産のピッチを上げているはず」

青年商人「加工費はそれだけに留まりませんよ」

留守部長「そうかっ!」ぱしんっ

青年商人「ええ。木炭です。
 製鉄を行なうためには鉄鉱石の二倍から三倍の量の
 木炭を必要とする。石炭の採鉱権は?」

留守部長「そちらはぬかりなく押さえています」

青年商人「で、あれば風向きは良い。
 聖王国周辺でもっとも木炭を多く算出する
 梢の国は、南部連合に参入したとのこと。
 であれば、木炭の量をコントロールしていくのは、
 さほど困難な話ではない」

同盟職員娘「資金はどうします?」

青年商人「その中央諸国からいただくとしましょう。
 白夜王国へと移動した20万人、
 それを丸ごと食べさせるには大量の食料が必要です。
 この食料を、海上輸送。自由貿易都市の港から、
 白夜王国の港へと運び、その差益を得ます」

同盟職員「了解っ! 手配を行ないますっ」
114 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:17:51.58 ID:o0eNIb.P
青年商人「取りかかってください」

同盟職員娘「はいっ」
留守部長「承知っ」 たったったっ

青年商人「ふぅ。……間に合いますかね」
女魔法使い「……終わった?」

青年商人「ええ、なんとか」
女魔法使い「……」

青年商人「食い物ですか?」
女魔法使い こくり

青年商人「判りました、用意させましょう。
 貴女の助けがなければ、手遅れになったかも知れない。
 伝説の魔法使いに感謝しますよ」

女魔法使い「……こっちの都合」

青年商人「しかし転移魔法ですか……。
 もうちょっと敷居が低ければ普及間違いないんですけどね」

女魔法使い「……もどる?」

青年商人「いえ、しばらくここで指揮を執るべきでしょう」

女魔法使い「……」じぃ

青年商人「開門都市ですか?
 あっちには公女がいます。あれで聡い人ですから。
 騙されて言いようにされるって事はないでしょう。
 会計さんもいますしね」

女魔法使い「……相方?」

青年商人「よしてください。
 ……そんなものじゃありませんよ。
 取引相手ってのは、もっと神聖なものです」
123 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:38:00.61 ID:o0eNIb.P
――冬越し村、魔王の屋敷、食堂

もそもそ

魔王「……」
勇者「……魔王、塩とって」

魔王「判った」とん

ぱらぱら、もそもそ

勇者「……もぐもぐ」
魔王「なぁ、勇者」

勇者「ん?」

もそもそ

魔王「昨日の夜って何を食べただろう」
勇者「茹でた馬鈴薯に塩振ったのだろう?」

魔王「一昨日は?」
勇者「茹でた馬鈴薯に塩振ったの」

もそもそ

魔王「……」
勇者「……」

魔王「何でこんな事になっているのだっ!」うがぁ
124 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:39:13.51 ID:o0eNIb.P
勇者「だって仕方ないじゃん!
 メイド長は魔王城の手入れをするために突発出張中だし、
 メイド妹は冬の国へと料理修行中だしっ」

魔王「それにしたって三食茹で馬鈴薯はないと思う」

勇者「だってこれは魔王が作ったんだろう?」

魔王「それくらいしかまともに作れる気がしなかったのだ」

勇者「じゃぁ、納得して食うべきだ」

魔王「勇者が作った昼食だって同じだったではないか」

勇者「それしか作れないんだ仕方ないだろうっ」

もそもそ

魔王「……負ける」
勇者「は?」

魔王「このままでは負ける。確実に。魔界は滅びる」
勇者「何言ってるんだ?」

魔王「そんな予感がする」
勇者「……うわっ。暗いぞ、表情が」
128 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 21:42:54.49 ID:o0eNIb.P
もそもそ

魔王「そうだ」
勇者「どうした? もっぎゅもっぎゅ」

魔王「ジャムくらいならあるであろう?
 あれを馬鈴薯に落とせばきっと甘くて美味しいはずだ!」

勇者「おい、早まるなっ」

ぽとっ。ぬりぬり。もしゃもしゃ

魔王「……負けた。魔界は滅びた。
 勇者、私はもうダメだ。そして三千年の時が流れた」
勇者「早いよ、いくら何でもっ」

がたり

魔王「書を捨て街に出よう」
勇者「はぁ?」

魔王「私の職業は魔王なのだ」
勇者「どうしたの?」

魔王「正直煮詰まっているのだ」どよーん
勇者「判らないじゃないけれど」

魔王「どうにかしてくれないか、勇者」
勇者「どうにかしたいのは山々だけどさぁ。
 ……はぁ。仕方ないなぁ」
149 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:04:50.33 ID:o0eNIb.P
――冬の国、王宮、予算編成室

商人子弟「んぅ~。こいつぁ……」
従僕「商人さまぁ!」ぱたぱたっ

商人子弟「なかなかどうして、侮れないなぁ」

従僕「商人さまっ!!」

商人子弟「おう。どうしたわんこ」

従僕「わんこじゃありません!」
商人子弟「しっぽ揺れてるぞ?」

従僕「えっ? ――生えてるわけ無いじゃないですかっ」
商人子弟「で、どうしたんだ?」

従僕「そうでしたっ」えへん
商人子弟「?」

従僕「課題が出来ましたっ!」
商人子弟「課題?」

従僕「チーズですっ!」
商人子弟「なんだっけそれ?」

従僕「えーっと、チーズを安定して低価格に市場に
 供給するために考えてきました!」
151 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:06:30.55 ID:o0eNIb.P
商人子弟「おお。そう言えばそんな課題も
 出してたな。よーし、わんこ。聞かせてくれ」

従僕「まず、チーズの作り方を勉強しましたっ」
商人子弟「ふむ、基本は大事だな」

従僕「簡単に云うと、チーズは乳製品です。
 乳を暖めて、かき回し、これに触媒を加えます。
 触媒って言うのは薊の花から作るんですって。
 こうすると、固まり初めて水分が出てきます。
 加熱しながら水分を飛ばして、
 型に入れたら生チーズの完成です。
 でも、ちゃんとしたチーズはこれからが本番で
 この生チーズを塩水につけて、味を調えてから
 冷暗所に数ヶ月から数年のあいだ保存して、
 熟成って云うのをさせないと、完成しません……。
 時間がかかるんですね。で、出来上がりです」

商人子弟「なかなか手間がかかるんだな」

従僕「ですです! でも美味しいですよね。
 ぼく勉強ついでに一杯味見しました」にへらぁ

商人子弟「これ。ほっぺた緩んでるぞ!」

従僕「わわわっ」
商人子弟「で、基礎知識はそれでいいとして、
 そこから何をどう考えたんだ?」

従僕「えっと、最初に考えたのは。
 ミルクからチーズを作ると量が減っちゃうので
 寂しいということです」

商人子弟「ふむ」
153 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:08:43.16 ID:o0eNIb.P
商人子弟「でも、それは減って当たり前だろう?
 説明に出てきたとおり、水分が抜けるんだから」

従僕「ええ、そうなんですけれど、
 どれくらい減るかですよね。
 いろいろ聞いてみたんですけれど、
 ミルクを鍋に10杯用意すれば、
 1杯分のチーズが出来るみたいです」

商人子弟「1/10か」

従僕「でも、市価で言うと、
 チーズは同じ重さのミルクの30倍くらいの
 値段で売れているんです。
 1/10なら、値段は10倍で良いはずでしょう?」

商人子弟「ふぅむ、つまりその余剰部分は、
 人件費とか、他の材料費とか何だろうな。運送費とか」

従僕「えーっと、それもあるんですけれど、
 大きいのは熟成にかかる費用なんです」
商人子弟「熟成……」

従僕「つまり、チーズは冷暗所で熟成させなければ
 ならないでしょう?
 農家の人から見るとミルクを仕入れてチーズを作っても、
 すぐにはお金にはならないんです。
 お金になるのは、半年から二年ほどたったあと。
 しかも、そのころまでチーズが無事かどうかは
 判らないし、チーズの値段が上がっているか
 下がっているかも判らないんです」

商人子弟「ふむ」
155 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:11:46.49 ID:o0eNIb.P
従僕「ぼくの調べたところ、チーズを作るって言うのは、
 ずいぶん、なんていえばいいのか……。
 宝くじを買うようなものみたいなんです。
 だから大きくいっぱい作るわけには、行かないみたいな」

商人子弟「ふむ。で?」

従僕「で、考えたのはこれです」

ごそごそ

商人子弟「ふむふむ」

従僕「この紙に書いたんですけれど……」
商人子弟「これは、保管所だな?」

従僕「です。……えっと、えっと。
 塩水につけてあとは塾生を待つだけのチーズを、
 “販売後の価格の6割”を基準に買い取るんです。
 そうすれば、チーズを作った人はチーズを作った
 次の週には現金を受け取ることが出来ますよね?」
商人子弟「そうなるな」

従僕「で、この保管所の人は、一定期間、チーズを
 裏返したりして管理して、出荷時期が来たら販売するんです。
 この保管所のお店にはいつでもチーズが並ぶことになるし、
 材料調達や製造のための人手や道具、技術は必要ないです。
 どちらかというと、管理業務に近いです」
158 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:18:03.27 ID:o0eNIb.P
商人子弟「でも、管理の途中で虫食いが発生したりして
 トラブルが起きたら、チーズはダメになっちゃうだろう?」

従僕「ですです。だから6割で買い取りなんです。
 4割は、利益率と考えるのがおかしくて、
 これは、危機とか、保険とか……」

商人子弟「リスク?」

従僕「です。そのりすくの、費用です。
 ポイントは、数です。

  つまり、何ヵ所かの保管所を作ってチーズを熟成のあいだ
 保存することによって、そのりすくを低下させるんです。
 一個一個のチーズはダメかも知れないし、
 無事出来るかも知れないし、美味しくできるかも
 知れないでしょ?

  小さな農家のおじさんは、チーズが四つ続けて失敗したら
 次にミルクを買うお金もなくなっちゃうんです。

  でも、一杯チーズを扱っていれば、全体の1/10が
 失敗しても、それは他の成功部分で吸収できますよね。
 だから、ここではチーズを中間の価格で買い取って
 売れた儲けで、平均化しようって言う考えなんです。

  ……あの、変なこと言ってますか?」

商人子弟「いいや、いいぞ。続けて」
159 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:19:03.93 ID:o0eNIb.P
従僕「この買い取り価格は、いまとりあえずで6割って
 決めてありますけれど、
 これはこの数式にいままでの市場価格を代入した
 だいたいの数字です。もし、チーズが沢山ダメになるなら
 この買い取り価格の割合を下げればいいし、
 成功率が高いのなら上げればいいですよね?
 えと、これはですね……んっと」


商人子弟「代替え的な意味で、金利なんだな」

従僕「はいです! で、もっとあるんです。
 今後はこの価格を元に、納入してくれる農家さんの
 チーズのおいしさとか、売れ具合とか、
 その年のチーズの多さとか少なさを入れて
 細かく買い取り価格を分けてゆくと良いと思うんです」

商人子弟「ふむ、そのこころは?」にこり

従僕「だって、美味しいって褒めてもらえたら
 それで“チーズ一等賞まーく”とかもらえたら
 頑張ってもっと美味しいチーズを作るでしょう?」

商人子弟「よーし。良くできたぞ」くしゃくしゃ

従僕「ふふふーん」にこにこ

商人子弟「なかなか優秀になったじゃないか!」

従僕「ですか? ですか? ご褒美ですか♪」

商人子弟「ご褒美は次の課題だ」
従僕「……」ピシッ

商人子弟「次も難問。……そう。長靴だな」
175 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:51:14.88 ID:o0eNIb.P
――開門都市、改築された酒場

ちりんちりーん♪

勇者「おぃーっす」
魔王「おい。いいのか?」

勇者「いいんだ、気安い店なんだ」

有角娘「いらっしゃいませー♪」

酒場の主人「おー。これはこれは、黒騎士の旦那じゃ
 ありやせんか。さぁさぁ、こっちへどうぞ!」

勇者「な? 顔なじみなんだよ」
有角娘「何を飲みますかー?」

魔王「あー」
勇者「冷たいエール二杯ね」

 がやがやがや


魔王「わたし決めていないぞ」
勇者「これがお約束なの」

魔王「そうなのか。……わたしは、その。
 この種の酒場には初めて入ったぞ」

勇者「そうなの?」
魔王「必要がなかったからな」

有角娘「おまちどうさまー!」 ドドンッ!
176 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:52:57.95 ID:o0eNIb.P
魔王「あ、ありがとう」
勇者「さぁ飲むかっ! 今日は飲みまくるぞ」

魔王「う、うん。代金は良いのか?」
勇者「あとでまとめて払うんだよ。
 ……メイド長いないと、ほんっとに常識的なことは
 判らないんだなぁ、魔王は」

魔王「すまん」
勇者「しょげるなよ。せっかく旨い物くいにきたんだし」

魔王「そうだな」

勇者「かんぱーい!」
魔王「かんぱい」

 がやがやがや

   人間商人「おーい! こっちに葡萄酒くれ! ビンで!」
   魔族商人「それから羊の焼き串を二本だ!」

勇者「何食おうか?」魔王「わたしは何を食べればいいのだ?」きょときょと

勇者「おっちゃーん、何があるの?」

酒場の主人「なんでもあるが、今日はパンを焼いたぞ。
 馬鈴薯もあるし、羊も潰したな。卵は新鮮なのがあって
 キャベツの漬け物もあるし、ベーコンもソーセージもある。
 ソーセージは最近人気の、呼称と軟骨の入ったヤツだ」

勇者「じゃぁ、それ。それから、チーズな。
 んで、岩塩振った羊肉の軟らかいところと、
 野菜の壺煮に、リンゴも」
179 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:54:31.80 ID:o0eNIb.P
酒場の主人「あいよう! 順番は適当でいいよな」
勇者「任せるよ~」

魔王「な、なんだ。勇者、手慣れているではないか」
勇者「そりゃ勇者だもの。あちこち旅してるから」

 がやがやがや

魔王「そうか……。混んでいるな」
勇者「ああ、この店は結構人気があるんだ。
 開門都市が人間に攻略する前からの老舗だし、
 商売は堅実で、料理の味は良いときてる」

酒場の主人「おうおう、褒めてくれてるじゃねぇか。
 おらよぅ、まずはチーズと、ソーセージだ。
 たっぷり盛っておいたからな」

魔王「ありがとう……」
勇者「何かしこまってるんだ?」

酒場の主人「はははっ! しかたあるめぇ!
 きっと、このお嬢様はこういう下品な店には
 慣れてねぇんだよ。この童貞小僧っ! がはははっ!
 デートの店くらいは選びやがれってんだ!」

勇者「そんなに自分の店をこき下ろして
 泣きたくならないのかよ、おやっさんはよっ」

酒場の主人「こきゃぁがれ。この店は、下品でいいんだよ。
 街で働いているそう言う連中が酒と旨いメシを目当てに来る。
 そう言う店なんだからよ」
181 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 22:56:16.42 ID:o0eNIb.P
魔王「……」もぐもぐ

勇者「どうよ、最近」

酒場の主人「あー。いい感じだよ。
 どうだい? 広くなったろ。区画整理とやらで
 道が一本つぶれて、その分店を少し建てましたんだ。
 金を借りることも出来たし、
 最近じゃ、食料も安く入ってくるようになった。
 人が増えてるんだな、日々の稼ぎも何とかだ」

勇者「そっか。なら良かったよ」

酒場の主人「黒騎士さまのお陰って感謝もしてるんだぜ?」
勇者「よせやい」

有角娘「お代わりいかがですかー?」

酒場の主人「だ、そうだ。どうだい?」

勇者「おい、次は何を飲む?」
魔王「えーっと、その」
有角娘「葡萄酒とかいかがですか?」

魔王「じゃぁ、それ」
勇者「二つ頼むよ」
有角娘「うけたまわりましたぁ♪」

酒場の主人「まあ、ゆっくりしていってくれ!
 羊が焼けたら運んできてやるよっ」
184 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:01:41.33 ID:o0eNIb.P
 がやがやがや

  人間商人「塩はどんなあんばいだ」
  魔族商人「儲かるって言えば儲かるが、安定してきたし
   以前のように金塊を運ぶって感じではないな」

  紋様店主「いやいやいや、大変ですよ。あははは」
  旅の傭兵「そう言うこともあるかも知れぬなぁ!」

 がやがやがや

魔王「――」きょろきょろ

勇者「どうした? ぽやんとして」

魔王「え、あ」
勇者「?」

魔王「う、うん」
勇者「もしかして、不味かったか?」

魔王「違うぞ。このソーセージはすごく美味しい」
勇者「じゃぁ、こういう店は苦手か? ごめんな」

魔王「いやっ。そんなことはないっ。ただ、その。
 はじめてで。こんな風に賑やかで、楽しそうで。
 そうではないかと思っていたが、やはりわたしは
 世間知らずなんだな」

勇者「そっか」
187 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:03:44.98 ID:o0eNIb.P
  獣人狩人「今年の毛皮はよく売れた。これで土産が買える」
  人間商人「では碧玉なんてどうです?
   気になる娘さんに上げれば、2人の仲も進むこと
   間違いなしですよ。あるいは鉄の鍋などは?
   足がついていてどんな所でも使えますしね」

 がやがやがや

魔王「――」
勇者「ん?」

魔王「あれらは、何を話しているのだろう?」

勇者「いろーんなことだよ。
 ほら、あそこにいる獣牙の男は森から毛皮を売りに来たんだ。
 彼はよい年頃だから、そろそろ独り立ちの時期なんだろう。
 剣の鞘もまだ新品同然だし、随分ほっとしているな。
 多分1人で街に毛皮を売りに来たのは
 初めてなんじゃないかな? 良い値段で売れたんだろうな。
 俺はあんまり詳しくないけれど、彼はこれで儲けをもって
 集落に帰れば、一人前だ。結婚も認められるようになる」

魔王「そうか。……わたしは獣牙の政治や経済規模や
 人口統計や支配者には詳しい。
 文化だって一通りは知っているつもりだ。
 だからそうやって説明されている通過儀礼としての
 行商だって知ってはいるけれど、見たのは初めてだ」

勇者「うん」

有角娘「野菜の壺煮ですよ~♪ どうぞ」

魔王「暖かそうだ」
有角娘「暖かくて美味しいですよ! 召し上がれ」にこっ
188 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:05:49.61 ID:o0eNIb.P
勇者「あんがとさんっ!」
有角娘「いえいえっ」

魔王「……」こくっ、こくっ
勇者「美味いなぁ! もきゅもきゅ」

魔王「うん」
勇者「?」

魔王「いや、美味しいな。……それに」
勇者「……」

 がやがやがや

  水竜娘「あははははっ。お上手です」
  旅の詩人「いえいえ、真心のみですよ」

魔王「みんな、楽しそうだ」
勇者「そうだな」

魔王「顔を真っ赤に火照らせて、笑っている」
勇者「酒場だし、そんなもんだよ」

魔王「そうなのか? でも」
勇者「もぐもぐ」

魔王「なんだか、すごいなぁ……。
 胸の内側が、思いであふれそうな気分だ」

勇者「もきゅもきゅ」
191 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:08:23.23 ID:o0eNIb.P
酒場の主人「ほいきた! こんどは子羊の網焼き、
 岩塩とハーブ、タマネギ添えだ。
 ――ん、どうした?」

魔王「ご主人。ここの料理は美味しい」
勇者「へ?」

酒場の主人「おやおや、どうしたってんだ、
 美人のお嬢さんに褒められちまったよ。こりゃまいるな!」

魔王「いや、嘘偽りのない気持ちだ」
勇者「そりゃ、茹で馬鈴薯10連発のあとならなー」

酒場の主人「ま、いいやな! よし、葡萄酒をもってこい!
 この2人に一杯ずつ注ぐんだ!
 この方は魔王様直属の黒騎士殿なんだぞ!
 考えてみれば、童貞でこれはすごいことだ!」

勇者「やかましいわっ!」

酒場の主人「我が店の最も栄誉ある常連様だ。
 なんたって、あの解放作戦を
 この店で計画してくだすったんだからな!」

魔王「そうなのか?」
勇者「まぁ」

獣人狩人「そうなのか? 黒騎士殿なのか!?」

人間商人「なんてこったい!
 こんなところでお目にかかるとは!」

魔族商人「魔王様は大丈夫なんですけぇ?
 なんでも大会議でお倒れになったと聞きましたが」

紋様店主「おかげさまで、私たちは商いを続けさせて
 もらってますよ! 魔王様には感謝してるんです」
196 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:12:00.20 ID:o0eNIb.P
魔王「え、あ……。あっと」

勇者「……よし」 ガタン!

有角娘「え? え!?」
酒場の主人「ほほう!」

勇者「あー! 聞いてくれ諸君っ!!
 確かに俺は魔王直属の騎士、魔界の剣、黒騎士だっ!
 心配には及ばぬ。確かに狂賊の一矢に魔王は倒れたが
 その傷もすっかり癒えて、今日も魔王城からこの魔界
 全ての平安の繁栄を祈っている!!

  この魔王直轄地、開門都市を見ろっ!
 人間と魔族が互いに杯を干し、喧嘩をしながらも
 仲良くやっている。様々なものを売り買いしてなっ!

  おやじぃ!」

酒場の主人「あいよぅ!!」

勇者「全員に好きなものを注いでくれっ!
 最初の一杯の上がりは俺が持つぜ!
 さぁみんな、杯を掲げろっ! 魔王様に乾杯だ!
 あの方は喧嘩は弱いが、皆を気にかけることでは
 並ぶものがないぞ! その一杯が魔王の力となることを
 願って杯を干してくれっ!」

有角娘「あわあわ」ぱたぱた「どうぞ、こっちもどうぞ」

「「我らが魔王に栄えあれ! この地に永久の平安あれっ」」
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:23:36.96 ID:o0eNIb.P
――蔓穂ヶ原にほど近い廃砦

器用な少年「ほれ、これで、こうやって、こうよ」

ガチャリ!

貴族子弟「ほほう。見事です」
傭兵の生き残り「うまいもんだ」

器用な少年「へっへーん!」

貴族子弟「いや、誰にでも取り柄があるものですね」
傭兵の生き残り「ははは」

器用な少年「くそぅ! お前ら今に見てろよ」

貴族子弟「褒めているのに」

傭兵の生き残り「いいじゃねぇか。坊主。
 暖かい服も買ってもらったし、
 メシも食わせてもらってるんだろう」

器用な少年「これは正統な報酬ってヤツだ!」

貴族子弟「そうそう。報酬です。貸し借りはない」
器用な少年「なっ。こう言っている」

貴族子弟「ただし。故郷の敵討ちのチャンスを
 与えられたという意味で、まともな道義心のある少年ならば
 当然のように感謝をするでしょうがね」

器用な少年「……それは、してる」
203 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:25:24.32 ID:o0eNIb.P
貴族子弟「よろしいでしょう。
 しかし、はぁ……。こりゃしつけは大変だ」

器用な少年「はぁー!?」

貴族子弟「いえいえ、こちらのことですよ。少年」

傭兵の生き残り「俺たちも良いんですかい?
 隊長もいなくなっちまったのに」

貴族子弟「あなた方の隊長はわたしの依頼を
 一分の隙無く果たしてくれました。
 今度はこちらが契約を守る番です」

傭兵の生き残り「ならありがたいけどな」

器用な少年「よー。あんちゃん。こんな場所で良いのかよ?」

貴族子弟「ええ、逆に私たちの国に運び込んだら
 きっと発見されてしまいますよ。監視されていると
 思って間違いないでしょう。敵も馬鹿じゃない。
 それに……。ずいぶんな量でしたからね」

傭兵の生き残り「そうですな。へとへとだ」

器用な少年「ところで、あれはなんだったの?」

貴族子弟「硝石です」
傭兵の生き残り「……宝石にしては汚かったな」

器用な少年「ただのくず石じゃねぇの?」
貴族子弟「ただのくずでで終わって欲しいですね」
222 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/30(水) 23:59:02.59 ID:o0eNIb.P
――開門都市近郊、虹の降る丘

さくっさくっ

魔王「……」
勇者「……」

魔王「……うー」
勇者「起きたか?」

魔王「……起きた」
勇者「大丈夫か? そろそろ転移できるけど」

魔王「ダメだ」
勇者「は?」

魔王「いま転移したら終わってしまう」
勇者「ええと」

魔王「魔王の威厳も乙女のイメージも勇者との関係も終わりだ」
勇者「またまたぁ」

魔王「ううっー。とにかく今はダメだ」
勇者「わぁったよ。降ろそうか?」

魔王「うん」
勇者「ほい。……平気か?」
223 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/10/01(木) 00:00:15.32 ID:chcZF3wP
魔王「割とダメだ」
勇者「あー」

魔王「お水あるかな」
勇者「持たせてくれたけど。親父は手回しいいなぁ」

魔王「……こくん、こくんっ」
勇者「……」

魔王「ううう。頭がぐらぐらするぞ」
勇者「相当飲んだものな」

魔王「魔王にあるまじきていたらく。
 今なら理解できそうだ。
 三軸以外の戦闘機動というものを。
 ああ。世界は他にも次元があるのだなぁ」

勇者「何を言っているんだ」
魔王「首から上がデフレで、首から下はインフレなんだ」

勇者「なんだか良く判らないけれど、
 凄まじい状態だって事は判った」

魔王「勇者に掴まってないと、世界から落ちる」
勇者「思うぞんぶん掴まっててくれ」

魔王「助かる、勇者」
勇者「酔っぱらいの開放くらいだぞ、俺が感謝されるのって」
225 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/10/01(木) 00:01:11.17 ID:chcZF3wP
魔王「そんなことはないのになぁ」ぐてん
勇者「おい、夜露で濡れるぞ」

魔王「ひんやりして気持ちがよい」
勇者「まったく」

魔王「メイド長がいないから怒られないのだ」
勇者「そうだけどさ」

魔王「勇者勇者」
勇者「ん?」 ぷす

魔王「ふふふ。ひっかかった頬つっかい棒~」
勇者「子供か、魔王は」

魔王「やけに愉快な気分だ」
勇者「子供ではなく酔っぱらいだった」

魔王「だって美味しかった」
勇者「美味かったな」

魔王「それに、乾杯してもらえた」
勇者「うん、そうだな」

魔王「……」
勇者「……」

魔王「ふふふふふっ」
226 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/10/01(木) 00:02:29.12 ID:chcZF3wP
勇者「どうした、突然」
魔王「無敵感満タンだ!」

勇者「機嫌治ったのか? 煮詰まり治ったか?」

魔王「うん、どっかにいってしまった」
勇者「そりゃ良かった」

魔王「あとはもふもふで完璧だ」
勇者「それは今度な」

魔王「けち」
勇者「濡れちゃうだろう」
魔王「けちけち勇者」
勇者「やっぱ、酔っぱらいだな」

魔王「あれを見ろ、勇者っ」びしっ
勇者「そんなのに引っかかるかよ。そういうのは
 百万回くらい爺に騙されてるんだっての」

魔王「いいからっ」
勇者「なんだってんだよ」

魔王「虹が、降っているよ?」

勇者「ああ……」

魔王「綺麗だろう?」にこり

勇者「ああ」
227 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/10/01(木) 00:04:13.15 ID:chcZF3wP
魔王「やっぱり負けるのはダメらしい」
勇者「うん」

魔王「わたしはこれから、計画の練り直しだ。
 マスケットを敵に与えてしまったのはわたしのミスだ。
 本来であれば、わたしは責任をとるために、
 もっと強い武器を南部連合に提供しなければいけないと思う。
 でも、それをすれば、死者の数はもっともっと増えてしまう」

勇者「ああ」

魔王「でも、わたしのそんな躊躇い……。
 火薬を広めて良いのか悪いのかという躊躇いが、
 マスケットを敵に量産させる結果を招いてしまったんだな」

勇者「……うん、そうだな」

魔王「なんのことはない。勇者に偉そうに講釈しておきながら
 一番覚悟が出来ていなかったのがわたしだったというわけだ」

勇者「……」

魔王「何度でも思い知る。
 やはりわたしは1人じゃ何も出来ない。
 この件に関しても、もっと早くに相談すべきだったんだ。
 彼女であれば、それを用いても被害を増やさない方法を
 思いついたかも知れないのに」

勇者「うん」

魔王「吹っ切れた。
 わたしもこの件から逃げ回るのはやめよう。
 女騎士と話し合うべき時期が、来たのだと思う」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。