8-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」8-1


35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 21:56:21.35 ID:pLtZgbkP
――聖王都、場末の宿屋

奏楽子弟「やぁ、当たって砕けたねぇ」
メイド姉「そうですねぇ」

奏楽子弟「でも、教会ってこういうものなの?」
メイド姉「え?」

奏楽子弟「いや、この大陸も今まであちこち旅してきたけれど
 教会ってどこにもある割には、結構いろいろだよね」

メイド姉「ああ、それはそうですね」

奏楽子弟「光の精霊だっけ? 神だっけ?
 同じ者を信じているのに、結構バラエティがあるなって」

メイド姉「同じ教えを根にしていても、
 その解釈や実践方法において差があって、
 だんだんと色んな流れに分かれていったんですよ。
 それらは修道院、修道会と云った形で表面化しています。
 大まかなところでは一緒ですけれど、細かい部分では
 かなり違いがありますね。

 たとえば聖日ごとのミサを重要視する修道会もあれば、
 地域での助け合いを重視する修道会もあります。
 教会って云うと信仰の場のようですけれど、
 実際には、学問や医療や人々の生活の難問を
 解決する、公共の場所のような意味合いもありますからね」

奏楽子弟「それでみんな教会を大事にしてるんだ」
メイド姉「そうですね」

奏楽子弟「でも、なんか。……ここの教会は、大きい割にはね」
36 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 21:58:41.52 ID:pLtZgbkP
メイド姉「それは、まぁ。ある意味仕方ないかも知れませんね」

奏楽子弟「そうなの?」

メイド姉「聖光教会。中央教会ともいいますが、
 これはもう非常に強力なのです。
 普通、ただ単純に“教会”といえば、
 この宗派を指すぐらいに最大派閥なんですよ。

  この大陸にいる光の精霊信者の半分以上は、
 この中央教会の影響下にあると思います。
 実際の人々は、色んな国や貴族の領地に暮らしていますけれど
 その殆どが教会にも所属しているわけですから
 彼らの生活の全てを補佐していたり、影響力を持っています。

  ここまで大きくなると、国であっても無視できないし、
 むしろ気にしながらでないと、民を治めることなんて出来ません。
 教会が一言“背教者”と名指しにしただけで、
 自分の領地の領民がその日のうちに貴族を血祭りに上げたり
 しかねませんからね」

奏楽子弟「結構物騒なんだね」

メイド姉「ええ、そんなわけで、教会。
 とくに聖光教会は強大な権力を持っています。
 その権力が正しく働けば、横暴な貴族や王族から
 民を護る盾のようにもなるでしょうけれど
 現実には、貴族や王族と癒着して、農奴や開拓者を
 苦しめてしまうこともありますね。

 また、そうやって大きな力をもっていますし、
 知識や技術などの集積もしていますから、
 ……んー。自分たちを優れたものだと考える
 聖職者の方もいらっしゃるようなのです」

奏楽子弟「それでああいう横柄な態度になるわけだ」

メイド姉「そうですね……」
37 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 21:59:49.46 ID:pLtZgbkP
奏楽子弟「どうしよっか。
 あの態度は、ちょっとやそっと粘ったくらいで
 どうにかなる感じじゃなかったね」

メイド姉「そうですね。わたしもちょっと甘く見ていました」

奏楽子弟「うん、びびった」
メイド姉「すごいですね」

奏楽子弟「すンごいね」
メイド姉「ええ」こくり

奏楽子弟「金ぴかじゃない」
メイド姉「お城よりも豪華でしたよ」
奏楽子弟「お城なんて行ったことあるの?」
メイド姉「あ、いや。見た目だけ」

奏楽子弟「彫刻のない柱なんて無かったね」
メイド姉「目がくらくらしますよ。どれだけ広いんですか」

奏楽子弟「ざっと見た感じ、短い辺が千歩ってとこだったね。
 本体は石造、漆喰、伽藍はフレスコ、彫刻した柱は総大理石。
 金箔に象眼。絵画に植樹、人工庭園。
 あれは当代一の建築家に芸術家に技術者動員しても20年がかりの
 仕事だね!」
メイド姉「詳しいんですね! 詩人さん」

奏楽子弟「ま。腐れ縁に土木野郎がいるからねっ」

メイド姉「わたしはもっと、広いだけで質素な、煉瓦造りの
 大きな集会場みたいなものを想像しちゃっていましたよ」

奏楽子弟「わたしも。そういう教会、多かったしね」
メイド姉「ええ」
38 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 22:02:48.68 ID:pLtZgbkP
奏楽子弟「どうしよっか」
メイド姉「仕方ありませんね」

奏楽子弟「やっぱり諦めるしかないよねぇ。ここまで来たのになぁ」
メイド姉「潜入しましょう」
奏楽子弟「え?」

メイド姉「こっそり入りましょう。黒っぽい服あったかな」
奏楽子弟「ええっ!?」

メイド姉「はい?」

奏楽子弟「ほんとにっ!?」
メイド姉「はい」

奏楽子弟「何でそう思い切りが良いの、メイド姉さんはっ」
メイド姉「なんででしょう……。勇者様の悪影響なのかな」
奏楽子弟「?」
メイド姉「いえ、身近に行動力が突出した人が多くて」

奏楽子弟「もうちょっと、慎重にさ」
メイド姉「ええ、慎重に潜入計画を立てないといけないですよね」

奏楽子弟「そう。こういう事には準備がね。
 できれば簡単な内部見取り図とか、巡回の把握とか、
 目標地点の確認とかもしないと」

メイド姉「しばらく路銀を稼ぎながら情報収集ですね。
 ありがとうございます。詩人さんはやはり頼りになりますね」

奏楽子弟「……あれ? いつの間にか潜入することになってる?」

メイド姉「なんだか胸騒ぎがするんです」
奏楽子弟「そう?」

メイド姉「空気がざわざわしているような……」
42 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 22:20:54.42 ID:pLtZgbkP
――白夜国首都、白亜の凍結宮

蒼魔の刻印王「ふむ。それで引き上げてきたか」
蒼魔上級将軍「どのような罰をお与えになりますか?」

蒼魔の刻印王「いいやかまわん。
 どちらにしろ騎馬隊の任務は偵察だったのだ。
 鉄の国が峠道を一本つぶしてでも交戦を避けた。
 その情報にも意味がある。
 多少遠回りにはなるが、より太い街道が何本かあっただろう?」

蒼魔上級将軍「おいっ。ここいらの地図を持ってこい」

蒼魔軍兵士「はっ!」

ばさぁっ!

蒼魔の刻印王「これは、山か。そして森林だな。
 この地方の森林は深いのか?」

捕虜の文官「……ぐっ。深い……。原生林だ」

蒼魔上級将軍「軍の動きは著しく制限を受けますな」

蒼魔軍兵士「恐れながら、刻印王様のお力で、敵軍ごと
 焼き払うわけには行かぬのでしょうか?」

蒼魔の刻印王「もちろん出来るとも。
 お前が勇者の相手をしてくれるのならば
 喜んでそうしよう」

蒼魔軍兵士「しっ、失礼を申し上げましたっ!」

蒼魔上級将軍「――と、なりますと」
44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 22:25:10.55 ID:pLtZgbkP
蒼魔の刻印王「この街道を通り、蒼魔騎兵部隊および
 歩兵部隊を進める。
 重装蒼魔兵部隊を中核に据えるとしてどの程度かかる?」

蒼魔上級将軍「10日から12日、と云うところでしょうか。
 こちらの世界は地下と比べて山脈が険しいようですが、
 街路の状況は悪くありませんな」

蒼魔の刻印王「騎行部隊を編制せよ。
 周辺の地形を探索させるのだ。
 人間の民間人に出会った場合は殺せ。
 足跡を残すのも面倒ごとになる」

蒼魔上級将軍「決戦は、この平野ですな」

蒼魔の刻印王「蔓穂ヶ原か。――おい、蔓穂とは何なのだ」
蒼魔上級将軍「お答えせんか」

ビシィッ!

捕虜の文官「……蔓穂は、草花だ。白から濃い紫の。
 花が咲く……その平野は……開発の手が着いていない……」

蒼魔の刻印王「紫か」
蒼魔上級将軍「吉兆ですな。我らが蒼魔の色」

蒼魔の刻印王「我は勇者との戦いに備えて瞑想に入らねばならぬ」
蒼魔上級将軍「はっ!」

蒼魔の刻印王「後は判っておろうな。この国の掌握に
 兵は2000も残せば十分であろう。督戦隊を組織せよ。
 例の策を使うのだ」

蒼魔上級将軍「はっ。仰せのままにっ!」
50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:01:16.04 ID:pLtZgbkP
――――地下世界(魔界)、鵬水湖の畔、仮設会議場

銀虎公「これはっ」がたっ
碧鋼大将「ご回復ですかっ」

鬼呼の姫巫女「ご回復おめでとうございますな」にやっ
紋様の長「ご本復誠に喜ばしい限り」

魔王「え、あ。いや……。その、世話をかけた」
メイド長「さ、まおー様。座ってください」

銀虎公「よっし、魔王殿もこれで回復だ」
碧鋼大将「うむ」

火竜大公「これで肩の荷が下りますかな」ぼうっ

魔王「まず最初にこの場にいる知恵深き長がたに
 われ三十四代魔王“紅玉の瞳”は深くお礼申し上げる。
 我が不徳から長き間そのつとめを離れたことを
 申し訳なく思うと共に、その間のつとめを我に代わって
 果たしてくれた長がたの深い知恵と行動を嬉しく思う。

  我のいない間の長がたの問題認識とその決断に
 至るまでの経緯、重ねた議論については、
 これなる黒騎士にして勇者から聞いている。

  長がたの下した決断で、
 我のほうから不服や不足がある点は一つもない。
 どれも熟慮と配慮ある決断であったと考える。

  銀虎公、碧鋼大将、妖精女王、衛門の長、
 鬼呼の姫巫女、紋様の長、巨人伯。
 深くお礼申し上げる。
 特に火竜大公には意見のとりまとめをして頂いた。
 見事であったというほかない」
51 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:02:15.25 ID:pLtZgbkP
銀虎公「いや、そんな頭を下げられるような」
鬼呼の姫巫女「我らは、為すべき所を為したまで」
巨人伯「そうだ……まおう……治って良かった」

火竜大公「はははっ。魔王殿にそう言われて、
 我ら一同、胸のわだかまりも労苦も解けて
 流れていくようですな」

妖精女王「はいっ」

東の砦将「怪我の具合を聞いても良いかい?」

メイド長「代わってお答えします。
 包帯のほうも取れまして、食事の制限も通常に戻っています。
 予後治療としてあと一ヶ月程度の治癒術を予定していますが、
 戦闘などはともかく、ごく普通の政務であれば問題ないと
 考えております」

魔王「と、いうことだ」
メイド長 ぺこり

銀虎公「で、あるならばもはや何の問題もないな」
碧鋼大将「うむ」

火竜大公「魔王殿、ではこの会議はその役目を終え
 魔王殿に全権をお返しする、と云うことで宜しいか?」

魔王「いや、それは保留としよう。
 現在は問題の規模が大きくなり、
 事件と事件の間の距離が開きすぎている」

妖精女王「蒼魔族、ですか」
52 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:05:20.71 ID:pLtZgbkP
魔王「今回の事件に対応するためには、
 この会議の力がまだ必要だと思えるのだ」

火竜大公「……ふむ」

紋様の長「魔王殿は今回の蒼魔族の人間界侵攻、
 どのような対応をすべきとお考えか?」

魔王「そうだな。ふむ……。
 衛門の長よ。あなたは人間界、魔界の事情の両方に
 明るかろう。またその経験から軍事にも秀でておる。
 現在の状況について思うところを聞かせてくれ」

東の砦将「ふぅむ」 ぽりぽり
副官「しっかりしてくださいね」

東の砦将「まず、最近色々聞きかじったところに寄れば、
 蒼魔族の領地には約16万人の蒼魔族が取り残されたようだな。
 キツイ言い方になりますが、こいつらは捨てられた。
 ……そういう事になるんだろう」

碧鋼大将「哀れな。捨てられたる哀しみも知らず」

鬼呼の姫巫女「そうであろうな」
紋様の長「ふぅむ」

妖精女王「あくまで隠密裏にですが偵察した結果、
 多くの食料は軍が糧食として徴収していったようですね。
 また砂金や軍需物資の持ち出しも確認されています」

鬼呼の姫巫女「蒼魔族の領土内には鉱山も多く、
 中には魔界最大の金山もあったはず」

妖精女王「どれくらいの持ち出しが為されたかは、
 偵察のみではとても把握できませんが」
53 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:06:58.65 ID:pLtZgbkP
東の砦将「次に蒼魔族の軍部の行動についてだ。
 これは明白だろうな。
 手詰まりになる前に討って出たということだろう。
 現状魔界の全軍を相手に押し切るのは難しい。
 ……まぁ、おそらく勇者の存在も効いたんでしょうな。

  あの場で魔王を殺し自分が即位してしまえば
 逆らう族長は粛正して恐怖政治にて魔界を支配できる
 可能性もあったと云える。

  その目論見が外れて、しかも蒼魔族以外が団結してしまった。
 これがたとえば獣人族や機怪族を巻き込んで、
 魔界を二分する大戦にでも出来ていれば、
 まだいろいろやりようもあったんだろうが、
 この状況になってしまった以上、戦ったところで、
 早い遅いの差はあれじり貧だ。

  現にこの会議だって、どのような決着にするかについては
 考えていたが、負けた場合の事なんて考えてはいない。
 蒼魔族の命運は尽きた、その前提での話だったわけだ」

銀虎公 こくり
碧鋼大将「人間界に討って出るとは……」

東の砦将「そのとおり。
 蒼魔族そこで人間界に討って出た。
 結果から考えると、これはなかなか悪い手ではない。
 もちろん蒼魔族にとっては、と云う意味だがな。
 小耳にはさんだ話じゃ、蒼魔族は地上に侵攻早々、
 白夜国という国の都を落として掌握したって聞く」

火竜大公「一国を?」

妖精女王「そこまでの力を備えていたのですか」
54 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:08:32.87 ID:pLtZgbkP
東の砦将「ああ、南部諸王国と呼ばれた4国のうち一つ。
 様々な理由で立ち後れ、周囲に戦争を仕掛けては
 返り討ちに遭い、国力も兵力も衰えていた国がある。
 それが白夜国だ。
 そんな国に運悪く蒼魔族が現われた。

  城は一日も持たなかったそうだ。

  結果として、蒼魔は地上に足がかりを作ったことになる。
 地上では、魔界とは違った形だが、戦争の気配がってな。
 南部の王国と中央が争っている。
 正直に言えば、今は魔族の相手などはしていたくはないはず。

  その隙を狙って、一番落としやすそうな所を落とした。
 その上そう言う案配の地上だもんだから、
 全員が一致協力して、この蒼魔族を撃つかどうかは判らない。
 何せ蒼魔と戦い始めた瞬間、背後から同じ人間に
 攻められるかも知れないわけだからな」

勇者「……」
魔王「……」

東の砦将「現状の把握はこんな所だろう。
 またこのさきについて多少考えるならば、
 おそらく蒼魔族は地上で版図を広げるつもりなのだろう。
 魔界の領土を捨てた以上それ以外に残された道はない。
 いずれ魔界へと帰るにしろ、その時は、
 何らかの事態の変遷を経て、
 魔界と自分たちの戦力差が縮まった時となる」
59 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:38:47.39 ID:pLtZgbkP
勇者「正確な分析だろうな」

魔王「考えなければならないのは、内通だな」

紋様の長「内通?」
銀虎公「どういう事だ?」

東の砦将「あまりにも地上の情報に通じている、ってことだ。
 白夜国は、度重なる失策で疲弊もしていたし、
 何と言えばいいかな。
 国家、こちらで云うところの氏族か。
 その組織としての輪郭が、あまりにもぼやけていた。
 隅々まで統制は行き渡っていなかったし
 なんというか、負け犬のような根性になっていたんだろうな。
 そこを鮮やかにつかれた。奇襲としては完璧だ。

  だが、魔界の氏族に、そのような地上の知識や機微が
 どこまであるのか? また狙いをさだめたとしても、
 2万からの軍を動かすとなれば地理や気候などを
 無視して上手く行くものではない」

火竜大公「人間の中に、蒼魔族に手を貸したものがいる、と?」

東の砦将「そうだ」

魔王「まぁ、そのような内通者などどこにでもいる。
 ここにいる族長の方々も程度の差こそあれ、
 人間界の事情は何くれとなく気にかけているであろう?

  今回の内通とはその規模ではなく、
 もし、地上界のどこかの国家が、蒼魔族を援軍として
 呼び込んだのだとしたら……。
 そこが懸念だ」
60 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:41:01.01 ID:pLtZgbkP
銀虎公「地上の争いか……」
火竜大公「ふぅむ」

魔王「わたしの把握している情報だと、その可能性が
 もっとも高そうなのが、白夜国自身だ」

妖精女王「どういうことですか?」

魔王「つまりその場合は、人間界での自分たちの領土や
 権益の回復を目指し魔界と手を結ぼうとしたが
 逆に蒼魔に隙を突かれて自滅した。という形だな」

銀虎公「ふぅむ。なんていうか、そこまで落ちぶれた
 氏族だったのか? 白夜族というのは?」

東の砦将「あー。そうかもなぁ」

魔王「このパターンは哀れな話ではあるが
 ある意味自業自得ではあるし、
 この先の問題点は少ないと云えよう。
 つまり、蒼魔族は白夜国を滅ぼしたことで、
 人間界での案内人を失ったわけだからな」

鬼呼の姫巫女「ふむ」

魔王「わたしが恐れているのは、もう一つの想定だ。
 人間界での戦は、単純化すれば『南部』と『中央』との
 戦いだと云える。その片方が蒼魔族を招いた場合だな」

銀虎公「そいつらはどんな理由で争っているんだ?」

勇者「はじめはそこまで争っていなかったんだ。
 だが『南部』の国は魔界との戦いの最前線だった。
 それにたいして、『中央』の国々は後方の安全な場所から
 戦争に賛成していたんだな。この辺の意識の違いから
 だんだんと溝が深まっていった」
61 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:42:25.97 ID:pLtZgbkP
魔王「だが今となってはそう言った始まりの原因よりも、
 様々な点で国としての方針が合わなくなって
 しまったことが大きいな。

  『中央』の国々は、魔界との全面戦争を望んでいる。
 しかし、それには大空洞に近い『南部』の国を従えるか
 制圧しなければならない。そもそも『中央』の国々は
 プライドが高く、『南部』が従うのを望んでいる。

  しかし、経済や交易などで力をつけた『南部』の発言力は
 だんだんと『中央』の制御から離れていった。

  現在決定的な意見の相違は二点だ。
 『南部』は奴隷を解放したが、『中央』は奴隷を認めている。
 『南部』は魔界との停戦を模索しているが
 『中央』は魔界との全面戦争、少なくとも遠征を意図している」

銀虎公「面倒だな」
火竜大公「蓋を開けてみれば、より複雑なのであろう」

魔王「それはどこの世界でも一緒だ。多くの人が生きていれば
 意見の違いもある。一筋縄では行かぬ」

鬼呼の姫巫女「しかし、そうなると、
 蒼魔は人間界にとっても大きな転機になりうるな」

魔王「その通りだ」

銀虎公「人間が最初に魔界に攻め込んだんだ。
 人間全部が魔界の富に釣られているって事じゃないのか?」

東の砦将「富の部分は否定しないがね。
 まぁ、この件は教会の影響力も大きかった」
62 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:43:40.44 ID:pLtZgbkP
鬼呼の姫巫女「教会とは、神殿の仲間であろう?」

東の砦将「そうだな。魔界の神殿組織よりも、
 地上世界の教会のほうがずっと組織として整備されているし、
 発言力も強大だが、根底は似ている。
 教会は国家、つまり氏族の枠に縛られない。
 実際問題、人間界ではただ一人の神が信じられているんだ」

巨人伯「一人!?」

勇者「ああ、そうだ。光の精霊という」
魔王「――炎の娘だ」

東の砦将「それで、まぁ、その教会が宣言しちまったのさ。
 “魔界は悪だ、殺すべきだ!”ってな。
 一応、誤解の無いように言っておくが

  魔界に住む魔物の多くは、地上世界の動物よりもずっと
 戦闘力が高くて危険なんだ。
 その性質は地上に出ると余計に強化される。
 つまり凶暴化するんだな」

鬼呼の姫巫女「魔物と魔族を一緒にするでない」

東の砦将「その意見は判るが、
 そこは頭の悪い野蛮人だと思って我慢してくれ。
 ゲートが開放された時に出た被害者や拡散した魔物、
 それから教会の伝えた報告により、地上の大部分の人間は
 魔界の実態も知らないままに恐怖した。それも事実なんだ」

紋様の長「ふむ……」
63 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:45:06.72 ID:pLtZgbkP
魔王「そんな状況下で、蒼魔族が地上で暴れた場合
 魔界と人間界の間の関係に決定的な影響を
 及ぼしてしまう可能性が高い」

碧鋼大将「人間界が、再び魔界侵攻をすると?」

東の砦将「……」

魔王「魔界侵攻そのものは問題ではない。
 いや、それはそれで憂慮すべき事だが、一つの結果だ。
 むしろ問題は、人間界に住む人々に大規模に魔界の
 恐怖がきざまれてしまい、もはや共存の可能性が
 無くなってしまうことだ」

銀虎公「……ぐるるるる」
碧鋼大将「……」

妖精女王「それは困ります」

東の砦将「そうだなぁ」

魔王「ここにいる長の方々
 全てが共存に賛成な訳ではないのも判っている。
 しかし、考えてみて欲しい。
 地上と地下、二つの領域があったのだ。
 人間界の戦力が我らよりも小さい可能性はもちろんある。
 だが同様に我らと等しい可能性も、我らよりも大きい
 可能性もあるのだ。
 そうだろう? 相手が我らよりも劣っているなどと
 判断できる理由はどこにもないのだ。

  魔王としてこれだけは断言する。
 勝てたとしても、負けたとしてもその戦争は
 最低でも100年は続くだろう」
65 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:47:34.94 ID:pLtZgbkP
紋様の長「逆に聞きますが、
 その全面戦争を回避できる策はありますか?」

魔王「確実な策はない」

妖精女王「ないんですか……」

東の砦将「……」

魔王「実際問題、我らは違いすぎる。
 肌の色も、姿形も。生活習慣や信じる神、食べている物。
 服装や、社会規範から、尊い思う礼節まで。
 戦争にならないほうが不思議だ。
 自然のままであるのならば、いずれ争いになるだろう」

碧鋼大将「……」
銀虎公「……」ぎりっ

魔王「だがしかし、わたしはやはり回避できるのならば
 戦争は回避すべきだと考える。
 別に人間族を恐れているからではない。
 戦えば、勝つ。勝つための努力をする。
 それが魔王だからな。
 ――しかし、それでいいのか? 長老方。
 わたしには他にも出来る何かがあるような気がする」

勇者「銀虎公」

メイド長「?」

勇者「何か言いたいことがあるんじゃないのか?
 云っちまった方がいいと思うぜ。会議なんだから」
66 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/26(土) 23:49:41.54 ID:pLtZgbkP
銀虎公「我が一族は、戦闘の一族だ。
 だから……人間と戦うのならば、ためらいはない。
 100年続くと云ったが、別に悪くないではないか?
 100年が1000年でも同じ事。
 栄誉と酒の中、雄々しく戦えばよい。

  だが、しかし。
 その角笛を蒼魔族が吹くのは、釈然とせぬ。
 今の話を聞いていると、我らはどうも……。

  蒼魔族に騙されて人間と戦うようではないか」

火竜大公「ふぅむ、そうとも云えるな」

東の砦将「……ふむ」

銀虎公「我が獣牙の一族は、
 戦う順番としては蒼魔が先だ。そう言いたい」

妖精女王「だがそうなると人間界に攻め込むことに」
碧鋼大将「余計に事態を悪化させるではないか」

東の砦将「いーや、その意見は漢の意見だ!
 俺たち衛門一族は、虎の大将に乗っかるぜっ。
 叩くのなら、蒼魔族が先だろうよ。
 そいつが筋ってもんだ。なぁ! 大将!」
副官「将軍っ!?」

銀虎公「おおっ! 衛門の長もそう言ってくれるかっ!!」

紋様の長「人間世界と100年の全面戦争を始めるおつもりかっ!?」
巨人伯「人間……こわい……」

銀虎公「だが、これは義の問題だっ。
 逆に云えば、我らが魔界の裏切り者が人間世界で暴れているのだ。
 それを叩くに何の遠慮を必要とするっ」
73 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:05:56.75 ID:34eUyEEP
魔王「鬼呼の姫、竜の長。お二人の意見は如何に?」

火竜大公 ちらっ
鬼呼の姫巫女 こくり

火竜大公「我ら二人は、魔王殿に賛意を投じます」

鬼呼の姫巫女「無法を討つ。この理は人界でも通用すると考える。
 もしそれさえ通じぬとあらば、もはや人間と
 我ら魔族は判り合うことはないのだ。戦争も致し方あるまい」

紋様の長「巫女殿っ! ご老公っ!」

魔王「長がたよ。何事もせずに手をこまねいていても、
 自体は刻一刻と悪化を続けているのだ。
 で、あれば銀虎公に賭けてみるのも一つの方策であろう?」

碧鋼大将「……仕方あるまい」

銀虎公「魔王殿っ! それではっ!?」

魔王「長がたに異存なくば、魔王軍初の遠征とする」

火竜大公「そして初の親征となりますな」

魔王「だがしかし、遠征としてはあまりにも遠い地ゆえ
 大軍を率いて行くわけにも行かぬ。銀虎公っ」

銀虎公「はっ!」がばっ

魔王「精鋭八千を率いて我が傍らで右軍将軍として
 我が意に従い指揮を行え」

銀虎公「ははぁっ!!」
76 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:08:03.60 ID:34eUyEEP
魔王「碧鋼大将」

碧鋼大将「はっ」

魔王「難しいことを頼むが、長ならば必ずや
 やり遂げるものと思う。
  旧蒼魔族領地に入り、その金山、鉱山、工房を封鎖し凍結せよ。
 また、その領民を掌握し、安堵せしめよ。
 これより旧蒼魔族領地の鉱物資源の管理は
 機怪一族に任せる。

 機怪一族がその異形ゆえ迫害されてきた歴史は知っている。
 その一族の悲しみを他者に味合わせてはならぬ。
 長と軍に見捨てられた蒼魔族を救えるのは
 同じ悲しみを知る長の一族だけだ。頼む」

碧鋼大将「承りましたっ。必ずや」

魔王「巨人伯、鬼呼の姫巫女、紋様の長」

巨人伯・鬼呼の姫巫女・紋様の長「はっ」

魔王「長がたの下した決断をわたしは重んじたい。
 この魔界を栄えさせるためには、三氏族の力がどうしても必要だ。
 世界が戦になろうと平和になろうと、街道と開墾は
 必ずやその力になる。建設に総力を挙げてくれ」

鬼呼の姫巫女「はい、必ずや」

紋様の長「承りましてございます」

巨人伯「……まかせろ」
79 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:09:28.26 ID:34eUyEEP
魔王「火竜大公」

火竜大公「判っております」

魔王「うむ。この会議が魔界の束ねとなろう。
 わたしが人間界に行っても、代わらず皆を導いてくれ」

火竜大公「この老骨が砕けぬ限りはお約束いたしましょう」

魔王「砦将殿。人間の世界が舞台となる。
 開門都市に兵の蓄えが少ないことは承知だ。
 好きなだけの手勢を率いてわが左軍将軍となり
 その知謀を貸してくれ」

東の砦将「判った。まかしとけや」

妖精女王「あ、あの……わが一族は?」

魔王「妖精の女王よ」にこっ
妖精女王「はいっ!」

魔王「あなたが今回の遠征の要だ」
妖精女王「とは?」

魔王「わたし達は蒼魔族を討ちに行く。
 そのためには人間世界、つまりは人間の国々を
 通り抜けなければならないだろう。魔界でも同じだが
 武装した集団が氏族の領土に侵入してきたら戦争と
 取られても仕方ない」

妖精女王「はい……」

魔王「女王には特使として、
 人間の国々からの許可を取って頂きたい」
92 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:26:29.16 ID:34eUyEEP
――聖王国、深夜の大教会、聖堂地下

コツン、コツン、コツン

奏楽子弟「ん。……いいよ」
メイド姉「はい」

コツン、コツン

奏楽子弟「この匂いは……」
メイド姉「古くなった羊皮紙ですね」

奏楽子弟「ここはどうやら、あまり人の出入りがないみたい」
メイド姉「今は有り難いです」

コツン、コツン

奏楽子弟「……しっ」
メイド姉「っ」

しーん

奏楽子弟「大丈夫。あけるよ?」
メイド姉 こくり

ぎぃいいぃ……

奏楽子弟「あ……油くらい差そうよ。心臓止まるかとおもったよ」
メイド姉「まったく」

奏楽子弟「どっちかな」
メイド姉「多分、下です」
94 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:27:53.40 ID:34eUyEEP
コツン、コツン、コツン

奏楽子弟「ここが書庫だね」
メイド姉「はい」
奏楽子弟「どうする?」
メイド姉「え?」

奏楽子弟「ここまで来たんだ。『聖骸』は後回しでもいいや。
 何か探したいものがあるんでしょう? 付き合うよ」

メイド姉「では、この間の物語を」
奏楽子弟「あれ?」

メイド姉「ここになら、もっと詳細な物があると思うんです」
奏楽子弟「ふむ。わかった」

メイド姉「ここに明かりを置きますね」

コトっ

奏楽子弟「朝までは……」
メイド姉「あと6時間ほど」

ペラッ。しゅるん……

奏楽子弟「時間はないね」
メイド姉「はい」

しゅるるん……ぺら……

奏楽子弟(この娘……。たぶん、特別なんだ。
 意志を持って歩いている。わたしもそうだけど……。
 わたしが音楽を選んだように、何かを選んだ娘なんだ)
98 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:32:05.68 ID:34eUyEEP
――宝珠の伝説

 見よ炎に生まれし娘有り。
 かつて無きその聡き額に見えない王冠はかがやき
 幼き頃からその慈愛遍く万物を照らす。

 見よ大地に生まれし少年有り。
 異境より訪れし女と精霊の間に生まれた忌み子。
 大地の魔峰を黒く汚し災いをもたらさん。

 幼き恋は精錬の炎により鍛え上げられ、誓いは胸を焦がす。
 願うは翼。風に乗り大空を舞う。
 大いなる神鳥に愛されし少年は、人間の血ゆえ
 精霊にとっては罪となる宝をその胸に秘める。
 罪の名は――。
 魂の翼にして希望の言葉。時に自らを縛る鎖。

 砕けたるは黒き大地のオーブ。
 贖罪の子にして黒き羊の少年は、その禁じられし恋ゆえに
 その従兄弟にして大地の精霊王と
 呪われし魔峰にて互いを滅ぼし合う。

 落ちるはその身体。
 死せるはその命。

 しかしその悲哀、砕けし宝珠の威力もて、大地は引き裂かれる。
 精霊は相争い、五家の結束は永遠に失われ、和合すること無し。
 互いに争い激しい戦火を交え滅びの闇に沈む。

 救世を願うは少女。
 炎に生まれし、いと聡き娘なり。
 少女の選びし答えは世界。
 愛しき少年の指先を離し、全ての命の守り手となることを願い
 残る全てのオーブをかき抱き、その身を光に変える。

 生きとし生けるものの守り手、我らが恩寵の主なり。
99 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:33:42.59 ID:34eUyEEP
――聖王国、聖堂地下、古代の文書保存庫

奏楽子弟「これ……かな?」
メイド姉「ええ」

奏楽子弟「なんだか、悲しい話だね。
 恋をしたのが禁じられた掟のために選べない相手で、
 それでも結ばれたいと願ったら世界が壊れちゃうなんて」

メイド姉「……」

奏楽子弟「こんな伝説があるのなら、あんな乱世でも
 仕方がないのかな……。
 世界を滅ぼした少年の子孫はいつまでもいつまでも
 迫害を受けるのかも知れないね……」

メイド姉「本当にそうなんでしょうか?」

奏楽子弟「え?」
メイド姉「少年と少女が掟破りをしたくらいで、
 精霊様の五つの家が仲違いなんて初めて
 戦争になんかなるんでしょうか?
 この話って本当なんでしょうか?」

奏楽子弟「それは判らないけれど……。伝説だし」

メイド姉「そもそも、精霊様は一人です。
 少なくともわたしが教わってきた精霊様は光の精霊様一人で」

奏楽子弟「それは、この炎の精霊が最後に光になって……」

カツン、コロコロ

メイド姉「あ」
奏楽子弟「同じ筒に撒いてあったみたいだね。それは?」
101 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:36:39.42 ID:34eUyEEP
メイド姉「いえ、何でしょう。
 古い受領書? 契約、でしょうか」

奏楽子弟「神殿かな」

メイド姉「建築みたいですね。四代目“琥珀の焔”と
 大主教の……転移門?」

さぁぁぁぁあ!!

奏楽子弟「なっ」
メイド姉「青い……水っ!?」

奏楽子弟「うううん、濡れてない。これ、何っ!?」
メイド姉「わたしにも何が何だか」

さぁぁぁぁあ!!

奏楽子弟(やだっ。真っ青で……。溺れそうっ)
メイド姉「こんなっ……」

さぁぁぁぁあ!!

奏楽子弟「金色の砂……海鳴りの降る……」
メイド姉(……なんだろう、この光っ)

奏楽子弟「メイド姉さん、手をっ」
メイド姉「え? はっ、はいっ」

チリン……
103 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:47:59.25 ID:34eUyEEP
――光に満たされた夢

光の精霊「……よ」
女魔法使い「……ん」

光の精霊「……ゆ……よ」
女魔法使い「……やっと呼ばれた」

光の精霊「……ゃよ」

女魔法使い「……手、ある。足、ある。……身体は揃ってる。
 勇者から聞いていたとおり。これが精霊の夢」

光の精霊「……しゃよ」
女魔法使い「……なに?」

光の精霊「……勇者よ」
女魔法使い「違う」

光の精霊「……勇者よ。……救ってください」

女魔法使い「……」

光の精霊「……勇者よ。……この世界を……」

女魔法使い「……」

光の精霊「……勇者よ。……この」

女魔法使い「いいかげんにせぇよっ」

光の精霊「……勇者よ」

女魔法使い「じゃかしいわぁっ!!」

ドグワッシャァーーン!!!
106 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 00:50:35.91 ID:34eUyEEP
光の精霊「……ゆ……ゆ……ゆ」

女魔法使い「哀れを誘う声でぴぃぴぃ泣きくさって
 勇者の優しさにつけ込んだかぁ、このへたれっ!
 お前のその執着がっ。
 勇者を苦しめていると何故思わんっ!」

光の精霊「……この世界……を
 か弱き……罪なき……人々……を……」

女魔法使い「万巻の伝承をひもとき、
 ようやくたどり着いたこの光の夢で
 よもやこんな泣き言を聞かされようとは思わなかったっ。

  精霊――っ!!
 確かに世界はあんたに救われたけど、
 それって本当に救うべきだったんかっ!?
 救うべきでないものを救ったん違うかっ!?
 あんたの愛は正しいと保証できるんかっ。

  あたしは……。
 多分勇者の隣に立つことはないけれど
 勇者を想う気持ちで、――っ。
 あんたに負けるなんて夢にも思いつかんっ。

  来るだけ無駄だったけれど、一個だけ云っておく。
 この天地が砕け散ろうと、絶対にっ。
 絶対にあんたの思い通りにはさせんからなっ」

光の精霊「……救って……この……昏い世界を……」

女魔法使い「……それが」ふぅ

女魔法使い「……お節介だというのです」
201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 19:20:39.77 ID:34eUyEEP
――氷の国、外れの交易村

開拓民「止まれ~!! 誰かそいつを止めてくれぇ!!

器用な少年「止まれと云われて止まる馬鹿がいるかよぅ」

開拓民「そいつは泥棒だぁ!! 誰かぁ!」

器用な少年「ははっ! 追いつけるもんなら追いついてみなぁ!
 へっへーんだ。こちとら食ってないんだ最軽量だぜぇ!」

メイド妹「えい」ひょい

器用な少年「え?」

グルグルグル、ズッデーーン!!

器用な少年「何しやがるんだ、この雌ガキっ!!」

メイド妹「泥棒はいけないことだよっ?」

器用な少年「うるせぇ!!
 だったら死ねって云うのかよっ!
 こっちは命がけで食ってるんだよっ!」

タッタッタッ

開拓民「捕まえてくれぇ~」

器用な少年「来やがったな! 邪魔すんな、あっち行けドブスっ!」

貴族子弟「おやおや。淑女――の卵になんて口を聞くんですか」
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/27(日) 19:23:39.95 ID:34eUyEEP
器用な少年「邪魔すんなよ、洒落者の旦那。
 ってか、あんたも財布をおいていくか?」チャキッ

貴族子弟「そんなちっぽけなナイフで何をするんです?」
メイド妹「ううっ。貴族のお兄ちゃん」

器用な少年「はんっ! でかい口聞くなよっ」
貴族子弟「エレガントさが足りませんよ、君」

ヒュバッ!!

器用な少年「え?」
メイド妹「ひゃっ!!」

器用な少年「あ、あ、ああっ!!」じたばたっ
貴族子弟「早くその下半身を隠しなさい。むさ苦しい」

器用な少年「お、お前が切ったんじゃねぇか」
貴族子弟「えい」

ぼくっ

器用な少年「#’〒☆♭()ッ!!!」

貴族子弟「つまらぬ物を蹴ってしまった」
メイド妹「泡吐いてるよ? この子」

開拓民「はぁっ! はぁっ! き、貴族様でしたか。
 ありがとうございます!! こいつは泥棒なんですよっ!」

貴族子弟「いえいえ、こっちの都合もありますからね。
 このあたりに詳しそうな道案内が一人欲しかったんです」
206 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/27(日) 19:46:18.11 ID:34eUyEEP
――鉄の国、王宮、大広間

鉄腕王「……そんな訳で、魔族との一端の交戦は
 我が国守備部隊により、峠道において回避された。
 だが、我が鉄の国と白夜の国は山と大河を隔てて
 長い国境線を接している。
 人も通わぬような辺境地帯を抜けて、
 今も魔族の侵攻が進んでいると見て間違いないだろう」

氷雪の女王「……」

女騎士「鉄の国の軍備はどうなのだ?」

鉄腕王「数字だけで云えば6万に迫る数だが、
 その多くは開拓民や難民など、名ばかりの軍人に
 過ぎないし、訓練らしい訓練など、まだやっと手をつけたばかり。
 戦場に出せる数は、全てかき集めても1万がやっとだろうな」

氷雪の女王「我が氷の国は3000と云ったところ」

冬国士官「冬の国は7500が良いところでしょう」

冬寂王「それでも、三年前に比べれば倍にも増えているが」

鉄腕王「だが、どの国も急激にふくれあがった人口の治安維持や
 国境警備に必要な部隊もあろう。
 それらを差し引くならば、動員したとしても三ヶ国合わせて
 半数の1万に届くか、届かぬか」

氷雪の女王「問題は、魔族の軍勢がどの程度いるかですが……」

冬寂王「我が手の者の情報に寄れば、
 今回魔界から突如侵攻してきた魔族は、
 蒼魔族と呼ばれる魔界でも随一の過激派、
 好戦派と云える部族だそうだ。
 率いるは刻印王とよばれる若き王で前王を抹殺の上、
 軍を掌握し、その精鋭を率いて人間界へ流れ込んできた。
 その数は2万と5千」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。