7-3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」7-3


398 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:50:35.79 ID:OGIpmW2P
――冬越しの村、春の道

さくっさくっ

女騎士「ん。白詰草が咲いている」

勇者「ああ、良い陽気だな。まだ風は冷たいが
 太陽がだんだんと暖かくなってくる」

女騎士「春だな。わたしはこの雪国の春が大好きだ」
勇者「そうだなぁ、訳もなく幸せな気分になるなぁ」

女騎士「……」
勇者「……」

さくっさくっ

女騎士「……」
勇者「で。どうしたんだ? 女騎士」

女騎士「え?」
勇者「いや、付き合えだなんて云うから。何かあるんだろう?」

女騎士「いいや」ふるふる
勇者「……」

女騎士「何にもないぞ」
勇者「えー!?」

女騎士「ただ二人で歩きたかっただけだ。そんなに変か?」
勇者「変じゃないけれど」
399 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:51:51.55 ID:OGIpmW2P
女騎士「あれから立て込んでいたからな。
 我が剣の主人と共に歩きたかっただけだ」
勇者「……う」

女騎士「そんなに身構えられると哀しくなるな」
勇者「う、うん……」

さくっさくっ

女騎士「別に何をしようって云うわけでもないんだ。
 ただ修道院まで、この木立の道を歩いてみたかっただけだ」
勇者「うん」

さくっさくっ

女騎士「……」
勇者「……」

女騎士「なぁ、主人」
勇者「っ!」

女騎士「何だ、その顔は」
勇者「いや。その“主人”っていうの、やめないか?
 心臓に悪い。止まりそうになる」

女騎士「そうか。二人の時はよいかと思ったんだが」
勇者「勘弁してくれ」

さくっさくっ

女騎士「じゃぁ、勇者」
勇者「なんだよ」

女騎士「……あー」
勇者「?」
400 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/23(水) 23:53:53.69 ID:OGIpmW2P
女騎士「なんでもない」
勇者「なんだよってば」

女騎士「……」
勇者「……」

さくっさくっ

女騎士「その……。褒めて貰って良いか?」
勇者「へ?」

女騎士「ほら、今回は治癒とか随分頑張ったじゃないか。
 わたしは今、いい気になりたい気分なんだ」
勇者「え? いい気って」

女騎士「頼む」
勇者「うん。そんな事頼まれないでもさ。本当に感謝してるのに。
 女騎士には世話になった。今回はすごく助かった。感謝してる」

女騎士「そういうのではなくて、もっと単純なので」

さくっさくっ

勇者「……そんな事言われてもな」

女騎士「ん」
さくっ。

勇者「……えーっと。……っと。……えらいぞ」ぽむぽむ

女騎士「――あははぁ」にこっ
勇者「なんだよ、変なやつだな」

女騎士「いやいや主人」
勇者「それやめろよっ」

女騎士「これからの御命を守るため、我は我が剣の主人の
 忠実な盾となり鎧となって御身をまもろう。
 いま、誓いを新たにしたのだ」えへんっ
411 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:24:24.64 ID:jeE4iYgP
――聖王都、八角宮殿

バサァッバサァッ!!

聖王国将官「こちらの地図に示した点が
 新しく造営中の『光の子の村』になります」

王弟元帥「ふむ」
参謀軍師「目標数のおおよそ八割を達成ですな」
聖王国将官「しかし、だんだんと噂も広がってしまっております」

王弟元帥「それも計算の内だ。無理に広める必要はないが
 噂はそのまま放置しておけ。その方が人の興味は引かれるものだ」

聖王国将官「はっ」

王弟元帥「ふむ……。しかし、そうなると火薬の作成量か」
参謀軍師「硝石、でございますな」

王弟元帥「銅の国の鉱山を急がせろ」
参謀軍師「はっ。手の者をすでに向かわせております」

聖王国将官「しかし、このマスケットなる武器を
 そこまで重視して良いのでしょうか?
 わたしが見たところ、連射速度も遅く、
 射程距離もそこまで長いというわけでもなく、
 破壊力もずば抜けている訳でもないような。

  たとえば、これであれば魔術兵団の方が遙かに
 攻撃力があるのではないでしょうか?」

王弟元帥「ふふふっ。はははっ」

聖王国将官「王弟殿下……?」
413 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:26:28.16 ID:jeE4iYgP
王弟元帥「いやいや、おぬしの考えは正しいよ。
 この武器は、そこまで強力な武器ではない。
 まったくその通りだ。
 しかし、それは戦争を戦場だけのものとして考えた場合だ」

参謀軍師「ですな」

聖王国将官「……戦場以外の、戦争?」

王弟元帥「考えてもみるのだ。
 そしてこの中央の国家群を見よ。

 いざ戦おうと思えば貴族どもはどうする?
 まずは、部下の騎士達に召集令状を回す。
 騎士はもし存在すれば配下の騎士、親戚や郎党などに
 さらに召集令状をだす。そうして下から順々にあつまって
 軍団が形成されるのだ。
 より強い貴族、または王族が戦を望んだとしても同じ事。
 王族は貴族に召集令状をだし、貴族が騎士を集める。
 多少規模は違っても、そこで起きることはまったく同じだ。

  つまりこれは機構の問題なのだ。
 招集で集まるのは、戦闘を前提に人生の大部分を
 過ごしてきた人間だろう。
 当たり前だ。馬に乗るというのはあれはあれで
 なかなかに特殊技術でもあり、
 赤馬の国のような馬の名産地でもない限り
 農夫が軍馬に乗るなどと云うことはない。

  つまり、この中央の国家群においては
 “戦闘を前提にしたもの=馬に乗れるもの=
 裕福で戦闘訓練を受けたもの=騎士以上の家系、
 もしくはその関係者”だといえるのだ」

王弟元帥「は、はい」
414 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:27:55.40 ID:jeE4iYgP
王弟元帥「例外は傭兵だが、
 彼らのまた“戦争を前提に人生を送っている”と云う点では
 いささかも代わりがない。

  何故こうなってしまったかという点については
 いくつもの理由があるが、大きな理由の一つが、
 戦闘の技術を身につけるには
 非常に長い時間が掛かると云うことだ。

  将官、それを言えばわたしもそうだが、まともに剣を
 振れるようになるまでどれくらい掛かった?」

聖王国将官「さぁ。わたくしも騎士の息子と生まれまして、
 物心ついた時はすでに教えを受けていましたから……」

王弟元帥「そうだ。それが中央の国家群の現実なのだ」

聖王国将官「……」

王弟元帥「剣一本でもそのありさま。馬術もそうだ。
 ただ乗るだけならともかく、乗りながら戦うなどと云う
 技を身につけるのに何年かかる?

  弓も同様だ。
 確かに熟練の長弓兵は、このマスケットの10倍の速度に
 匹敵する連射と2倍の射程を持つが、
 それには長年にわたる修練が必要だ。

  さらに云えば、戦闘ではそれなりの体格が必要になる。
 長弓であったところで、膂力の強い方がより強い弓を引け
 破壊力も飛距離も出るのは常識と云えよう。
 しかし、ブラックパウダーの爆発力で弾丸を飛ばす銃は
 女であろうが子供であろうが、同じ攻撃力を期待できる。

  魔法兵団? 論外だ。彼ら一人を育てるのに20年は
 優に掛かるのだ」
415 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:29:54.82 ID:jeE4iYgP
聖王国将官「それは、まさにそうです」

王弟元帥「人間を武器の一種だと見立てた時に、
 この中央の国家群の現実は、その人間を鍛える時間が
 莫大であると云うことに尽きる。
 騎士を一人育てるのには15年。従士ですら10年。
 魔術師であれば20年かかる。
 傭兵は騎士よりも戦場で過ごす時間が長い。
 戦争から戦争へと渡り歩くから、5年もあれば一人前になるが
 一人前になるまでに死んでしまうものが殆どだ。

  鍛えるのに掛かる時間は、そのまま維持する金額に繋がる。
 つまり、その高価な騎士を使うがために、
 我々国家は人数の多い軍を組織できない。
 この聖王国でさえ、直属の騎士は2500をわずかに越えるのみ。
 それ以上の兵力を動員したければ貴族に招集状を
 発令せざるをえない。

  そのようにして集めた軍隊は貴族同士の意見の違いで
 容易く動きが凍り付き、また兵糧が切れれば国元へと
 帰ってしまう脆さを持っている」

参謀軍師「その通りです。それが先の征伐軍敗退の真相」
聖王国将官「理解できます」

王弟元帥「このマスケットは」

ジャキッ

聖王国将官「その役割としては、弓よりも石弓と比すべきものだ。
 よく手入れされたマスケットは石弓よりも命中精度に優れ
 轟音を発し、目標に命中すれば、鉄の鎧を打ち抜く。
 そして、その訓練期間は驚くほど短い。
 凡庸な農夫であっても数ヶ月の訓練で、銃兵として戦場へ
 出ることが出来るだろう」
417 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:32:20.79 ID:jeE4iYgP
聖王国将官「訓練期間……」

王弟元帥「そうだ。それが唯一と言って良いほどの利点で
 全てを変える鍵なのだ。

  このマスケット銃は、
 “兵士という戦争に不可欠な資源の限りなく安くする”
 事が出来る。マスケット銃と適度な訓練さえあれば
 戦争の様相は一変する。

  何せ、無尽蔵とも云える農奴を戦場に投入できるのだ。
 むしろ歩兵としてであるならば、
 彼らのように貧しい暮らしに堪える事が出来、
 毎日長い距離を歩ける健脚の持ち主の方が、
 貴族よりもずっと望ましいと云えるだろう。

  長弓の方が速射に優れる?
 そんなものは、長弓兵の10倍の数の銃兵を用意すれば事足りる。
 騎兵の方が突破力に優れる?
 そんなものは、騎兵の10倍の数の銃兵を用意すれば事足りる。
 貴族の方が勇猛さに優れる?
 そんなものは、貴族の10倍の数の銃兵を用意すれば事足りる。

  マスケットはそれを可能にするのだ。
 しかも、敵を一人殺せば、同じだけの技量を持った兵士を
 用意するのに敵は5年から10年は掛かる。
 こちらは兵を殺されたとしても
 数ヶ月の訓練で同じ質の兵士を補充が出来るのだ」

参謀軍師「しかし、別の欠点もございますが」

王弟元帥「火薬の補給については、軍師殿に一任しよう」
参謀軍師「お任せ下さい」

聖王国将官「聞けば納得できますが。
 これは恐ろしい発明品なのですね。何と言えばいいのやら」
421 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 00:35:42.51 ID:jeE4iYgP
王弟元帥「しかし欠点が多い武器であるのは確かだ。
 人数を増やせばよいとは云っても、
 食料を多く食いつぶすというのはそれだけで致命傷たり得る」

参謀軍師「はい」

王弟元帥「また戦場では、1回の射撃が終わった後に、
 弾を込めるための時間が掛かるのも問題だな。
 その間の防御力が無いに等しくなってしまう」

参謀軍師「そうですな」

王弟元帥「そのあたりの問題を片づけられる前線指揮官
 さえいれば、マスケット銃兵団は大陸最強の戦力と
 なるのは間違いないのだがな」

参謀軍師「黒点将軍さえいれば……」

王弟元帥「死んだ男をねだったところで仕方があるまい。
 あの頑迷な老将は宮廷醜聞に巻き込まれて消えたのだ」

聖王国将官「七里防衛の英雄ですか?」

王弟元帥「昔の話だ」

参謀軍師「霧の国の灰青王が雪辱に燃えております。
 適切な助言をすれば、必ずや結果を出すでしょう」

王弟元帥「ふむ。やつを前線で用い、いざとなれば
 わたし自らが指揮を執ることも考えねばな」

参謀軍師「ふふふっ。夏が待ち遠しいですな」
聖王国将官「『光の子の村』建設を急がせます」

王弟元帥「頼むぞ。大陸を手にするのは、このわたしなのだっ」
437 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 01:07:05.55 ID:jeE4iYgP
――冬越しの村、魔王の屋敷、深夜の中庭

(――世界は広大で、果てがない。
 そこには無数の魂持つ者がいて
 残酷で汚らしく醜く歪んだ、でも暖かく穏やかで美しい
 ありとあらゆる関係と存在をつくっています)

ビュッ!

メイド姉「っ!」

ビュッ! バッ! ビョウッ!

メイド姉「~っ!!」

ヒュバッ! シュキンッ!

メイド姉「せあっ!」

ビュッ!

メイド姉「……はぁっ。……はぁっ」

ビュッ!

メイド姉「せいっ!!」

コトン

メイド姉「っ!」

女騎士「あー。わたしだ」
439 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 01:08:04.72 ID:jeE4iYgP
メイド姉「……女騎士さま」
女騎士「驚かせて済まない」

メイド姉「あ。いえ」ささっ
女騎士「それは、むかし軍人子弟が使っていた剣だろう?
 メイド姉には重すぎると思うよ」

メイド姉「でも、馴れてしまったので……」
女騎士「そうか。手慣れていたものな。――いつから?」

メイド姉「去年の秋からです」
女騎士「一年か」

メイド姉「……」
女騎士「手を見せて」

メイド姉「はい」おずおず
女騎士「……」じぃっ

メイド姉「……」
女騎士「そんなに困った顔はしない。誰にも云わない」

メイド姉「はい……」
女騎士「こんなご時世だもの。身を守る技術は誰にだって必要だ」

メイド姉「ええ」

女騎士「でも、メイド姉には膂力がない。
 もっと脚を使わなければ駄目だ。
 遠心力で剣を振り回せば破壊力は上がるけれど、
 身体も反対方向に振り回される。その状態では
 敵の攻撃をよけられないよ」
440 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 01:09:18.50 ID:jeE4iYgP
メイド姉「そう……なんですか……?」
女騎士「うん」

メイド姉「脚を使う……って」
女騎士「もうちょっと膝を曲げて……。うん、そう」

メイド姉「はい……。こう……かな」

女騎士「身体をねじって、自分の剣の影に隠れる。
 相手の首を狙って、剣先で威嚇するんだ。
 常に相手と自分の間に剣をおくようにする。
 そのままで前後左右、動けるように練習する。
 腕の力は、今程度で十分。
 どうせ鎧を貫くほどの力はメイド姉にはないし
 裸の喉なら今のままでも切り裂ける」

メイド姉「はい……」

女騎士「自分の呼吸の音も聞いて、かかとに体重を乗せない」

メイド姉「……ふっ。……はっ!」

ひゅぅんっ!!

女騎士「そう」

メイド姉「はいっ」
女騎士「変わったことをする必要はない。跳んだり跳ねたり
 光ったり光線を出したりするのは勇者クラスになってから。
 身体を上下に揺らさない、無駄に跳ねちゃ駄目だ。
 何より落ち着くこと」

メイド姉「はいっ」
444 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 01:10:59.37 ID:jeE4iYgP
女騎士「さぁ、やって」

ヒュバッ! シュキンッ!

メイド姉「せあっ!」

女騎士「……」

ビュッ! ざざっ!

メイド姉「……はぁっ。……はぁっ」

女騎士「そんなものだろう。腕を伸ばして」

メイド姉「……」
女騎士「胸をゆるめて、呼吸をゆっくりにね」

メイド姉「はい……」
女騎士「……ん」

メイド姉「あの……。聞かないんですか」
女騎士「何を?」

メイド姉「平民が、剣なんかをもって……その」

女騎士「そういう面倒なことは、湖畔修道会では考えない。
 必要だと思ったのでしょ?」

メイド姉「……はい」
女騎士「見られたくないなら、修道院へいらっしゃい。
 午後なら練習を見よう」

メイド姉「はいっ」
女騎士「もう遅いから。……良い夢をね。メイド姉」

メイド姉「ありがとうございますっ」
533 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 17:55:49.32 ID:jeE4iYgP
――大陸南部、名も無き開拓村の酒場

~♪ ~~♪

奏楽子弟「~♪ ……♪」

年配の開拓民「……」じわぁ
酔った村人「……いやぁ、良かっただよ!」

酒場の娘「なんて上手いんでしょう」
酒場の主人「おお、姉ちゃん。良い曲だったぜ。
 さぁ一杯やってくれ。そして気が向いたら
 もう一曲やっておくれよ!」

奏楽子弟「ええ、もちろんっ!」
年配の開拓民「楽士さん、ここいらでは見ない楽器だぁね」

奏楽子弟「これは竜頭琴っていうの。甘い音色がするでしょう?」

年配の開拓民「うんだぁ。なんだか優しい音だなぁ」
酔った村人「ここいらにも吟遊詩人は来るけんど、
 大概は立ち寄るだけであんまり曲を聴かせてはくれないんだよ」

酒場の主人「そうだなぁ」

奏楽子弟「へぇ、それはなんで?」

年配の開拓民「姉ちゃんはここらの人ではないんかい?
 綺麗な金枯れ葉色の髪だけんど」

酔った村人「ふたっこ隣に氷の国っていうとこがあって
 そこは吟遊詩人のふるさと、って云われてるんだよ。
 王宮は詩人に優しいし、城下町には音楽ホールがある。
 冬には音楽祭もあるから、旅の吟遊詩人は冬を越すために
 氷の国へと訪れるんだぁ」
535 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 17:57:26.13 ID:jeE4iYgP
酒場の主人「登録した吟遊詩人は、一定の腕前を認められれば
 恩給が出るんだよ。恩給が出れば、年を取っても食えるし
 だから、街に住み着く吟遊詩人もいるし、音楽を教えるように
 なるものもいる。だから吟遊詩人が多く住み着くし
 それで“ふるさと”って云われているわけだ。
 ここまでやってくる吟遊詩人は、氷の国へ急ぐ最中が多くて
 演奏は気もそぞろなのさ」

奏楽子弟「へぇ! わたしは遠きところから旅をしてきたんですよ。
 その吟遊詩人のふるさと以外に、この辺の音楽や楽器で有名って
 云ったらどこでしょう?」

年配の開拓民「うーん。どこだろうねぇ」
酔った村人「そうだなぁ」

酒場の主人「音楽っつったら、まぁ、ふたっつだねぇ」

奏楽子弟「二つ?」

酒場の主人「まずは今云った吟遊詩人の音楽だぁ。
 俺の姪っ子が氷の国に行ってるから、これはそこそこ詳しいよ」

奏楽子弟「ありがたいです。わたしは音楽や、詩作、戯曲の
 話を集めるために旅をしているんです!」

酒場の主人「そうかいそうかい! じゃぁ、話してあげるよ。
 でもその代わり、今晩はこの宿に泊まっておゆき。
 安くしておくからさ。
 そしてたっぷりと異国の音を客に聞かせてやっておくれ」

奏楽子弟「はい!」
537 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 17:59:02.04 ID:jeE4iYgP
酒場の主人「そうだなぁ、まずはさっき云った吟遊詩人の音楽だ。
 酒場や祭り……っていっても祠や道ばたやらで演奏するな。
 気軽で楽しくて騒がしい音楽だよ。俺は大好きだ。
 流行歌は吟遊詩人が諸国を旅して伝えてくれる」

奏楽子弟「声楽なんですか?」

年配の開拓民「声楽って何だい?」

奏楽子弟「ああ、えっと。歌ですか?」

酒場の主人「ああ、楽器を弾きながら一人で歌う。
 たまぁに二人連れなんて云うのもいるけれど、
 そんなのは滅多にみれない幸運だ。
 楽器はそうだなぁ。
 お嬢さんの持っている竜頭琴なんてのはみたことがないね。
 一番多いのは、リュート。それから、レベックに
 ギターン、ライアー。そんな楽器だね」

奏楽子弟「ふぅむ。見てみたいですね」

酒場の主人「そして、もう一つの音楽と云ったら、
 それは何と言っても教会音楽だよ」

奏楽子弟「ふむ」

酒場の主人「教会では精霊様を慰めたり称えたりするために
 毎日のように歌と音楽が捧げているんだよ。。
 こっちは声を出して歌うのがほとんどだ。
 こんな小さな村の修道会にはめったにないけれど
 大きな街の教会には聖歌隊っていうのがあるというよ」
539 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:00:08.72 ID:jeE4iYgP
奏楽子弟「聖歌隊、ですか?」

酒場の主人「そうさ。近隣の信者の中から
 歌の上手い人をあつめてね。
 多くは小さい男の子や女の子だ。
 子供の声は清らかだと云うからね。
 それで合唱をするんだよ。
 旅の吟遊詩人から聞くには随分と荘厳な音楽だという話だ。
 教会の音楽は、吟遊詩人のようにあちらこちらに出掛ける
 必要がないから、大きな楽器を使うこともあるらしい。
 時には納屋のように大きな楽器も作られるそうだ」

酒場の娘「納屋!?」
奏楽子弟「納屋って、あの農具を入れておく?」

酒場の主人「そうさ、小さな家ほどもある
 大きな楽器だってあるそうだよ」

酒場の娘「へぇぇ!!」

奏楽子弟「びっくりするような話ですね」
年配の開拓民「たまげた話だなぁ」

酒場の主人「それに吟遊詩人は、大抵一人で旅をするから
 口を使う楽器は好まない。歌えなくなるからね」

酒場の娘「そういえば、笛を吹く人はあまり見ないわねぇ」

奏楽子弟「なるほど」

酒場の主人「ファイフやミュゼットなんかは笛の仲間で、
 教会での音楽にも使用されるって聞くね。
 もちろん吟遊詩人でも頼めば演奏できる人は多いよ」
540 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:04:04.31 ID:jeE4iYgP
奏楽子弟「ファイフは判ります……。えっと」

 ごそごそ

奏楽子弟「これですよね?」

年配の開拓民「ああ、これは見たことあるなぁ」
酔った村人「おう、うちの爺さんも祭りでは吹くぞ」

酒場の主人「そうそう。これはちょっと変わった形を
 しているがファイフだね。これも吹けるのかい?」

奏楽子弟「もちろん」

酔った村人「一曲聴きたいぞ、お嬢さん!」
酒場の主人「お願いできるかい?」

奏楽子弟「ええ、おやすいご用です」

~♪ ~~♪

奏楽子弟「~♪ ……♪」

年配の開拓民「ああ、良い音色だねぇ」
酔った村人「まったくだ」

酒場の主人「これだけ上手な吟遊詩人さんは初めてだ」
酒場の娘「ええ、夢で聞いた音のようです」
551 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:30:25.84 ID:jeE4iYgP
――冬の国、王宮、予算編纂室

商人子弟「おーい。おーい」
従僕「はいぃ」ぱたたたたっ

商人子弟「なにしてたんだ?」
従僕「帳簿の整理と、清書をしてました」

商人子弟「よし、えらいぞ」ぐりぐり
従僕「えへへへぇ」

商人子弟「何人か新入りも入れたけど、みんな辞めてっちまうなぁ」
従僕「お仕事が大変だからですよ」

商人子弟「そんなに大変か? 一日中座ってられるぞ」
従僕「座ってるのが大変なんです。
 この国では、そんな仕事の人は滅多にいませんでしたから」

商人子弟「そういうもんか?」
従僕「はいです」

商人子弟「お前は見かけの割には気合い入ってるな」
従僕「他に行くところがありませんから」

商人子弟「そうかそうか」
従僕「えへへ~」

商人子弟「じゃぁ、念入りに仕込んでやろう」
従僕「ひぇっ!?」

商人子弟「なぁに、安心しろ。カエルは熱湯に入れると
 すぐ死ぬが、水に入れてから徐々に加熱すると
 随分長い間生きているらしいぞ?」

従僕「も、もしかして、ひどいこと考えてますか?」
商人子弟「ううん、ぜんぜん」 ふるふる
552 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:31:39.14 ID:jeE4iYgP
従僕「ううううっ」

商人子弟「そう半べそになるな。
 とりあえずは、お茶を入れてくれ」

従僕「はーい」

とぼとぼっ

商人子弟「さぁって、あいつの仕事ぶりでも見てみるか。
 どれどれ。綺麗に清書してあるじゃないか。
 こっちのメモは……ははーん。
 判らなかった部分をまとめてあるんだな。
 後で質問するために。よく授業中にやったなぁ。
 懐かしい。
 がんばっているじゃないか、あのわんこ」

ぺらっぺらっ

商人子弟「ふむ」

“馬鈴薯はとても美味しいです。
 美味しすぎてもう一個食べてしまいたくなるので、
 とても悲しいです。
 だから馬鈴薯はもっと作るべきだと思います”

商人子弟「……なに考えてるんだ? あいつ」

“今日は、侍女のお姉さんから、タマゴのお菓子をもらいました。
 お姉さんがお庭でお昼ご飯食べようと誘ってくれたんだけど
 怖くて逃げちゃいました。ごめんなさい”

商人子弟「……あんまり真面目でもないな」
553 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:33:07.96 ID:jeE4iYgP
従僕「お茶入りましたぁ」 ぱたたたっ

商人子弟「ご苦労!」
従僕「はい、お注ぎします!」

とぽとぽとぽ

商人子弟「うん、美味いぞ」
従僕「ありがとうございます」

商人子弟「さて、里戸制度と戸籍の方も順調のようだな」
従僕「えっと、はい。今週分の追加戸籍も、清書しました」

商人子弟「いいぞ。これで何とかやっと予算が組めそうだ」
従僕「予算……?」

商人子弟「ん、ああ。お金を使う予定のことだな」
従僕「お小遣いですね」

商人子弟「似たようなものだ。
 この冬の国では、国家の収益は主に税から
 成り立っているだろう?
 大まかに云って、税金や作物による直接納税になる。
 これが大体年に二回程度はいってくる。春と、秋だな。
 つまり、そこでお金があるわけだけど、
 これを無計画に使うと、他の季節にお金が無くなって、
 お腹が減る。
 使う予定をちゃんと立てましょうって事だ。
 大事だろう?」

従僕「大事です。……けど、大事だから
 今までだってやっていたのでしょう?」

商人子弟「規模が小さかったんだ。
 それこそ、商人一家の財布感覚さ」
554 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:35:07.64 ID:jeE4iYgP
商人子弟「やることが増えたというのもある。
 冬の国は数年前まで、
 中央からの資金および食料を提供されて
 戦うような傭兵国家だったんだ。
 開拓民は多かったけれどそれは中央の圧政や重税を嫌って
 南の果てまでやってきた冒険者のような人たちが主体だった。

 当時この国でちゃんと生き抜いていけるかなんて云うのは
 賭けに近かったわけだからね。

 でもいまは馬鈴薯がある。
 馬鈴薯のお陰で支えられる人口が増えて、
 中央の経済的な呪縛から脱出した南部諸王国は、
 独自の予算を組む時期なんだ。
 今まで困れば困ったタイミングで、
 中央のお財布に泣きついていれば良かった様々なことを、
 これからは自分たちでやらなければならないからね」

従僕「えっと、お兄さんが家を出てお父さんになった感じ?」

商人子弟「そういうことだ」
従僕「えへへ~」

商人子弟「三ヶ国通商のおかげで冬の国一国では
 どうにもならなかった製品が手に入るのは素晴らしい。
 けれど、やはり三ヶ国合わせても限界がある。
 鉄製品は鉄の国から購入することも出来るけれど
 年々需要が増しているのは、木材だ。
 我らの国には手つかずの原生林があるけれど、
 それだって無限ではないしね。
 それから馬も必要だし、真鍮なんかも欲しい。
 香辛料や衣料品も必要だろうね」

従僕「んぅ……」メモメモ
555 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:36:50.29 ID:jeE4iYgP
商人子弟「まぁ、こういったものはなにも国が
 あれこれ手配する必要はない。
 商人が運んできて売ってくれる」

従僕「じゃぁ、僕たちは何をすれば良いんですか?」

商人子弟「“何をすればいいか考える”のが最初の仕事だ」

従僕「うーん、うーん」

商人子弟「一番大事なのは?」
従僕「……ごあいさつ?」

商人子弟「それは、一番最初にするのだ」ごちん
従僕「はぅぅ」

商人子弟「さぁ、なんだ?」

従僕「ごはん?」

商人子弟「だな。食料だ。
 こいつについては馬鈴薯がある。
 それから、輪作指導による家畜もだんだんと殖えてきた。
 特に豚は農民の口にまで十分に回るようになったな。

  小麦や大麦もバランスを考えて作っているようだ。
 後のことを考えると、乳製品や果物なんかも欲しい。
 さて、どうする?」

従僕「えっと、欲しいものは、
 作るか買うかしないと、手に入りません」

商人子弟「そうだな。もっともだ。冴えてるな」
従僕「えへへ~」
556 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:39:07.78 ID:jeE4iYgP
商人子弟「お金を出して買うのは簡単だ。
 特に今から予算を組もうとする時にはそうだな。
 でも、簡単なことばかりをしていると、
 どんどんお金が無くなって行く。
 重要なのは“費用対効果”だ。

 たとえば、“乳製品を買うべきだ!”なんて云う声は
 疑って掛かるべきだ」

従僕「そうなんですか?」

商人子弟「まぁ、会計や金を扱い場合は
 何でも疑って掛かった方が良いというのは基本だが、
 この場合はもうちょっと色々考えなければならない。

 まず“必要”と云う言葉についてだ」

従僕「必要は、ひつよーですよ?」

商人子弟「必要ってのは、無いと死んじゃうことを云うんだぞ?
 そう考えると、“本当の意味で必要”ってのは多くはない。
 気をつけなければならないのは、それがどれくらい必要で、
 どれくらいのお金がかかるか。これが一つ目」

従僕「はい」めもめも

商人子弟「そして、二点目が重要だ。
 “同じお金があったら他に何が出来るか?”」

従僕「……?」きょとん
558 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:41:21.83 ID:jeE4iYgP
商人子弟「だってそうだろう?
 たとえば従僕の家には何にもご飯がないとする」

従僕「哀しいです」じわぁ

商人子弟「で、パンを買うべきだ!」
従僕「パンは美味しいですね! 買うべきです!」

商人子弟「そうだな、美味しい以前に食べないと
 お腹が減って死んでしまうかも知れない。
 だから“パンが必要”だ」

従僕「必要です」

商人子弟「で、パンを買った。二個買えた!」
従僕「はいっ!」

商人子弟「でも、同じ値段で馬鈴薯だったら
 二袋買えたかも知れないんだぞ?」

従僕「……え」

商人子弟「な? “パンを買うべきだ!”と云う声に対して
 パンのことだけを考えちゃ駄目だ。お金には限りがあるからね。
 予算という一つの財布でやりくりするには、
 ありとあらゆる事に詳しくなければ間違ってしまう。
 馬鈴薯が二袋あったら、パン二個よりもおなかいっぱいだろう?

  だから“パンを買うべきだ”とか
 “パンを買わないなんておかしい”とか
 “お金は食べられない。お金の問題じゃない。パンを
 買わないなんて人殺しと一緒だ!”なんて言葉に
 騙されちゃいけない。同じ金額で別の救い方も出来るからね」

従僕「はいっ」
560 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:48:32.92 ID:jeE4iYgP
商人子弟「そう考えれば、そもそも“パンを買うべきか否か?”
 なんて云う考え方自体がすでに引っかけ問題なんだ。
 大事なのは“色んな欲しいものの中で優先順位をつける事”と
 “欲しいものを出来るだけ安く、沢山手に入れられる方法を
 考える”事だ。
 そのためには、いろんな事を勉強しなければならない」

従僕「大変そうです……」

商人子弟「まぁ、ゆっくりでいいさ。
 判らないことは詳しい人に聞けば良いんだ」
従僕「はい……」

商人子弟「さっきの話で云えば“パンを買うか、それとも
 買わないか”じゃなくて“食料を買うなら何が良いか?”とか
 “同じ金額で健康でお腹いっぱいにになるためにはどうしよう”
 っていう考えをするべきなんだな」

従僕「……うーん。判ってきました」

商人子弟「ってところで、宿題だ」
従僕「えぇ!?」

商人子弟「我が冬の国では、もうちょっと乳製品に出回って欲しい。
 具体的に云うと、ミルクよりはチーズだ。
 保存食の問題でもあるし、一種類の食品に比重が偏ると
 凶作が恐ろしいからね。
 チーズはたべたことあるだろう?」

従僕「あります!」
561 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 18:51:24.50 ID:jeE4iYgP
商人子弟「なので、チーズの勉強をすること。
 チーズをみんなに一杯食べて貰って、
 なおかつお金がかからない。
 そういう方法を考えること」

従僕「ふぇぇぇー」

商人子弟「何事も目的があればよく考えるようになるのっ」
従僕「ヒントっ。ヒント下さいよぅ」

商人子弟「ヒントなんてないよ。正解なんて無いんだから」
従僕「じゃぁ、子弟様だったらどうするんですか?」

商人子弟「考えてないから判らないよ。
 でもまぁ、そうだなぁ。沢山チーズを
 外国から買ってきて、そいつを冬の国のみんなに売る」

従僕「じゃぁ、その方法で!」

商人子弟「な~んて方法は失格だな。
 少なくともその1/10くらいの
 予算でどうにかする方法を考えないと」

従僕「うー……」

商人子弟「さって、じゃ。課題を出し終わったところで、
 本日の書類整理に移るか、従僕くん」

従僕「はぁい、子弟様っ!」
566 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 19:31:13.62 ID:jeE4iYgP
――冬越しの村、魔王の屋敷、執務室

魔王「修道院から送ってもらった年度別の輪作障害研究は
 どこだったかな」
メイド姉「こちらになります」

ばさばさばさっ!

魔王「ううっ」
メイド長「あらあら、まぁまぁ。大丈夫ですか?」

魔王「すまぬ、書類を崩してしまった」
メイド姉「すぐに整理しますから、大丈夫ですよ」

魔王「左腕が不自由なだけでこんなにもふらつくとは」
メイド長「もうじき包帯も取れます。それまでですよ」

メイド姉「こちらが今日届いたお手紙です」

魔王「む、そうか。確認しなくてはな」

メイド長「これは冬寂王からのお給金」
メイド姉「ええ」

魔王「なんだ。貴族とか云って名誉爵位ではなかったのか?」

メイド長「文官の一種ですからね。
 まおー様は、顧問的な立場だということですよ。
 律儀に毎年四回送って下さっているんです」

メイド姉「金庫に入れてありますよ?」

魔王「そうだったのか。気が付かなかった」
メイド長「まぁ、まおー様は経済学者ですけれど、
 金銭への執着はかなり薄いですからね」
567 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 19:32:17.77 ID:jeE4iYgP
魔王「執着するには、貨幣というのはあやふやすぎるのだ」
メイド長「あらあら。研究対象ですのに」

魔王「わたしが研究しているのは経済を通した
 魂持つ者の相互関係および社会形成であって、
 そこから独立した金融の資産価値なんて無いも同然だ。
 えーっと……」

がさごそ

メイド長「どうされました?」

魔王「いや、その……。おかしいな」

メイド姉「ふふふっ。氏族会議の議事録と、
 九族大路の計画書ですよね? こちらですよ」

魔王「それだそれだ!」
メイド長「ふふふっ」

魔王「ほら。わたしがいなくても、魔族は魔族で上手く
 行っているじゃないか」

ぺらっ

メイド長「ふぅん。道路の再建、か。前の乱世で
 随分橋が壊されてしまったからなぁ」

メイド姉「……」
メイド長「橋ですか」
568 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 19:34:16.77 ID:jeE4iYgP
魔王「橋は戦略重要な拠点になることが多い。
 交通の要所だからな。
 場合によっては行軍の速度をも左右する。
 そのため、石で作った方が良い場所でも
 わざと木造で作り、いざという時は燃やせるように
 しておくこともあるくらいだ」

メイド長「再建と云うことは、とりあえずの平和を
 みんなが認めた、と云うことでしょうね」

魔王「そうだな。蒼魔族の問題は残っているが……」
メイド長「時間が掛かるかも知れませんね……」

メイド姉「あの……」

魔王「ん、なんだ? メイド姉」

メイド長「……?」
メイド姉「いえ、その」

魔王「どうしたんだ? 身体の調子でも悪いのか?」
メイド長「――」

メイド姉「いえ、その。あの、お茶を沸かして参ります」

魔王「ああ、頼んだだぞ」

がちゃん。とてて……

メイド長「――」
575 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 20:28:04.64 ID:jeE4iYgP
――聖王国某所、秘密大鉄工所

ガァン! ゴォン!!

作業監督「温度を上げろ! 薪をくべろっ!」

労働者「おうっ! あぅっ!」

作業監督「ちんたらするなっ! メシを抜かれたいのかっ!!」

ガァン! ゴォン!!

作業監督「高炉を休ませるな! ガンガン炊くんだ!!」

労働者「はぁっ……はぁ……」

労働者「熱い……水を……」

作業監督「もう少しで休憩だ! さぁ、働けっ! 働けっ!」

かつん

かつん、かつん……

職人の長「作業は進んでいるな。
 よしよし、純度の高い鉄で鋳造を行えばそれだけ精度も上がる」

技術者「そうですね」

王弟元帥「どうなのだ? 量産の方は?」
576 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/24(木) 20:29:50.48 ID:jeE4iYgP
職人の長「はぁ。マスケット銃は今月にでも追加で800丁が
 お渡しできるかと思います」

聖王国将官「合わせれば、そろそろ5000を越えますな」

王弟元帥「遅いな。もっと早く作れんのか?」

職人の長「やはり精度の問題がありまして、その……」

王弟元帥「ふむっ。カノーネのほうはどうだ?」

職人の長「そちらのほうが、肉厚に作れる分
 歩留まりはよいですな。毎月二個のペースで鋳造できます」

王弟元帥「カノーネは問題なさそうだな」

職人の長「はぁ、ただいま『The genius's Manuscript』に
 当たらせている者を呼んでおりますので」

コンコンッ

職人の長「入るが良い」

技術者「お呼びでしょうか?」
熟練技師「やって参りました」

王弟元帥「この者達か?」

職人の長「はっ。
 お渡し下さった『The genius's Manuscript』には
 様々なスケッチや覚え書きがございました。
 マスケットやカノーネは試作品がありましたから
 複製を作るのは早かったのですが、それ以外についても
 調査せよとの御指図でしたゆえ」

王弟元帥「判っている。指示したのはわたしだ」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。