6-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」6-2


196 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:20:59.62 ID:LAEzTxgP
東の砦将「しかし、魔界は地上と比べれば豊かだよな」
副官「そうですね~」

メイド姉「魔界?」
魔王「しまった」

   東の砦将「云っちゃダメだったのか?」
   勇者「まだ内緒にしてたんだよ」
   メイド長「困りましたね」

   女騎士「そんなことか」
   勇者「女騎士。そんなことって云うけれど、
    なかなかこれはデリケートでさ」

   女騎士「わたしに任せろ」ズシャァ
   勇者「上手くごまかしてくれ」

メイド姉「魔界って、あの魔界ですか?」
女騎士「そうだ」えへん

   メイド長「……」
   魔王「まんま認めてるではないかっ!?」

女騎士「ここは魔界ので一番の高級リゾートでな」

   メイド長「たしかに一番高級、はあってますね」

女騎士「あちらにいる君たちの主人はこのリゾートの持ち主でもある」
198 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:23:40.39 ID:LAEzTxgP
メイド姉「ご当主さまが!?」
魔王「ま、まぁな」

女騎士「そんなわけで格安利用できたのだ」

メイド姉「そうだったんですか。ご当主様はどこかの
 貴族だと思っていましたが、こんな領地をお持ちとは」

メイド妹「うんうん、美味しかった」

   メイド長「微妙なずれが気に掛かりますね」
   東の砦将「いや、いくらなんでも魔界だぞ」
   副官「あんなにけろっと受け入れられるものですか?」

メイド姉「では、魔界の貴族様なんですね?」
魔王「あ。ああ……貴族というか、なんというか……」
女騎士「有り体に言えば王族なのだ」

メイド姉「それで魔王様ですか。やっと得心しました。
 以前から、まおー様とか魔王様などの呼びかけを受けて
 らっしゃいましたから、不思議には思ってたんです」

メイド妹「お姉ちゃん、どうゆう事?」

メイド姉「えーっと。うーん……」
メイド妹「?」

メイド姉「ご当主様は、美味しい料理のたくさん出てくる
 お城をもってるんだって。で、地元には今の屋敷とは
 別の領地もお持ちなのですって」

メイド妹「そっか! お金持ちなんだっ♪」

   勇者「大物だっ!?」
199 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:25:40.80 ID:LAEzTxgP
魔王「いや、お金はあんまり無いのだが……。
 城も代々のお下がりで維持費も馬鹿にならないし。
 直轄領からの税収はインフラと領地運営でかつかつだし……」

メイド姉「没落した偉い貴族様なんですって」
メイド妹「没落はどっちでも良いよぉ。美味しい料理が重要だよ」

メイド姉「それでも、ご飯は美味しいのじゃないかしら」
メイド妹「美味しい?」

メイド長「昨日でた宴席料理のような物が基本です」

メイド妹「すっごいねぇ! お金持ちだよ、お姉ちゃん!
 ご馳走も出てくるし、料理も上手だよ~♪」

魔王「いやっ。そのっ。なにもわたしが作ってる訳じゃ……」

   東の砦将「これはこれで逸材だな。ちびの嬢ちゃん」

メイド姉「そうね」にこにこ
メイド妹「当主のお姉ちゃんは偉いと思ってたけれど
 本当に偉かったんだね~。すごいよぉ、また料理教えて貰おう!」

女騎士「……ぷっ。くくくくっ」
   副官「あはははっ」

メイド姉「あんまり邪魔をしたらダメですよ。忙しいのですから」
メイド妹「うんっ♪」

メイド長「あらあら、まぁまぁ」

魔王「わたしは料理なんてまったく……」
勇者「魔族ってあたりは何のショックもないんだなぁ」
200 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:55:13.04 ID:LAEzTxgP
――魔王城東翼、別館、古城民宿“まおー荘”滝の温泉

ザザァ、カポーン

女騎士「それにしても……。はぅぅぅん」
女魔法使い「……」

女騎士「食べて温泉、ごろごろして温泉、そして宴会だなぁ」
女魔法使い「……それが温泉宿」

魔王「慰労であるからな」きゅっきゅ
女騎士「うん……。あ゛あ゛」

魔王「なんて声を出すのだ」
女騎士「熱い湯に入ると自然に漏れるのだ。仕方ない」

女魔法使い「……はぅぅ」
魔王「……ふぅぅ」

女騎士「……平和だなぁ」
女魔法使い「……」
魔王「魔王城だからな」

女騎士「やはり、あれか?」
魔王「?」

女騎士「こういう生活を続けていると……肉がつくのか?」
女魔法使い「……なるほど」

魔王「そんなことはないぞ。
 わたしだってこんなに温泉三昧なのは初めてなくらいだ。
 幼少の時からこっち、研究生活一筋だったからな」
201 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:56:37.42 ID:LAEzTxgP
女騎士「研究かぁ……はぅぅ」
魔王「言っておくが肉を増やす研究ではないぞ」

女騎士「自慢なのか」
女魔法使い「……コンプレックスとナルシズムの軋む音がする」

魔王「いっ、いいではないか。事実だっ」

女騎士「ろくな運動もせずに不摂生をしているから贅肉がつくのだ」
魔王「わたしのは駄肉だっ。まだ贅肉ではないっ」

女騎士「どういう区別で使ってるんだ?」
魔王「そ、それはメイド長が……」
女騎士「?」

魔王「“男を捕まえられない肉は宝の持ち腐れだから駄肉”
 だって云っていたんだ。魔族の女性として恥ずかしいと」

女騎士「どうも魔族のそのあたりの文化は直接的すぎると思う」
女魔法使い「……同意」

魔王「わたしが創った文化ではないっ」

女騎士「もっと他にも色々あるだろう。細やかさとか、
 気配りとか、家のことを細々と整える能力とかっ」

女魔法使い「……女騎士には一つもない」

女騎士「それ以外にもあるっ。突進力とか剣技とか武勇とか
 堅固な守りとか、詠唱能力とかっ」

魔王「魔族の文化だって、破壊力で異性を物にしようというほど
 無骨で野蛮ではないぞ」
202 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 18:58:11.67 ID:LAEzTxgP
女騎士「愛情とか、貞節とか、誠意とかはどうなんだ」

魔王「そんな物はあっても当たり前だ。当たり前の物が
 あるだけではライバルに勝てないではないか」

女騎士「そうなのか?」

魔王「貞節については、地上の方が相当に厳しいと思うがな」
女騎士「ふむ……」

魔王「こちらでは、貞節は貞節で重要とされるが、
 それは精神的な関係においてだな。
 結婚に関してはまた少し別だ。
 特に身分が高い場合、子供を残すことも重要だからな」

女騎士「それは、地上の王族と似たような事情か?
 たしかに王族ともなれば、側室を多数かかえるしな」

魔王「その“側室”という言い方がこちら風に云えば
 愛情や誠意の部分で問題がある、と云うことなのだろうな。
 心の問題を正室、側室などと順番をつけるのは良くない、と」

女騎士「それで重婚するのか?」

魔王「重婚というとなにやら犯罪的だが、まぁそうだ。
 複数を相手とする婚姻関係は、さほど珍しい物ではないな。
 だがしかしその辺は氏族にもよる。
 蒼魔族などは純潔を重視するから、一対一以外認めようとしない。
 そのかわり兄妹で結婚することも一般的だ」

女騎士「魔界ってのはいろいろ有るんだなぁ」

女魔法使い「……人間だって、色々」

魔王「そういうことだな」
203 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:00:00.40 ID:LAEzTxgP
女騎士「それにしたって」ちらっ

魔王「はぅぅ……」 ばゆん

女騎士「……」 ちょいん

女魔法使い「……すぅ」 ぷにり

女騎士「身長だって大差がないのに、何でこんなに
 戦力差があるのだ。寡兵にもほどがあるぞ」

魔王「何を言っているのだ?」

女騎士「なんでもない」

女魔法使い「……すぅ。……すぅ」ごぼ

魔王「湯に入ると実感する。肩が凝るのはやはり
 これのせいなのだ。重しが取れて、すぅーっとするようだぞ」

女騎士「……愛剣・惨殺廻天さえあればっ」ぎりぎりっ

女魔法使い「……すぅ」ごぼごぼごぼ

魔王「魔法使い殿も、なかなか可愛らしい割には
 ボリュームもあるのだな。着やせというのか。
 ところで、なんで水面につっぷしているのだ?」

女魔法使い がぼがぼがぼがぼ

女騎士「その状況で何で寝続けられるんだっ!?」
217 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:24:10.46 ID:LAEzTxgP
――魔王城東翼、別館、古城民宿“まおー荘”中庭

さらさらさら……

メイド姉「……」

  さらさらさら……

メイド長「良い風ですね」
メイド姉「あっ。はい……。メイド長」

メイド姉「……」

メイド長「……」

さらさらさら……

メイド長「やっぱり、ショックでしたか」

メイド姉「……」

メイド長「騙していたことになるのでしょうね」

メイド姉「それは、違います。ちょっとびっくりでしたけど。
 ……妹は本当にけろっとしていましたけどね。
 あの娘は本当に強いから」

メイド長「……」

メイド姉「――たとえ当主様が魔族でも、メイド長や
 勇者様が魔族でも、わたし達が救われたという事実には
 変わりありません。
 あのときの一晩の温かさと食事は、
 わたし達を死から救ってくれましたけれど、
 それだけではないもっと大事な物も救って貰ったんです」
219 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:27:30.57 ID:LAEzTxgP
メイド姉「でも、それとは別に、やっぱりショックです」
メイド長「……」

さらさらさら……

メイド姉「わたしは今まで、戦争という物については
 よく知らなくて、ただひたすらに恐ろしかった。
 鉄の国でわたしに剣を向けたのは、
 同じ南部諸王国の兵士の人でした……。
 その狂ったような眼差しが忘れられなくて
 いまでも夜中に飛び起きる事があるんです。
 だから戦争は恐ろしくて、狂っていて
 絶対にしてはいけないこと……そう思いました」

メイド長「……」

メイド姉「でも魔族は魔族だから……
 そんな風に考えて……。ううん、考えもせずに
 ただそういう風に納得していた自分がいました。
 “魔族との戦争は戦争じゃない”そう考えてるわたし。
 ショックを受けているのはその自分です。

 魔族は悪だからって信じていたから
 そうじゃないって判って、
 今まで自分の一部分だった古いわたしが
 ショックを受けているんです」

メイド長「魔族が善とは限りませんよ」

メイド姉「でも、悪ではない。
 わたしは当主様もメイド長さまも知っていますから、
 そんなことは判ります」

さらさらさら……

メイド姉「むかし、わたしは当主様に尋ねたことがあるんです」
220 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:30:56.16 ID:LAEzTxgP
メイド姉「“戦争って何ですか?”って」
メイド長「……」

  さらさらさら……

メイド姉「当主様は云いました。

 “村に2人の子供がいて、出会う。
 あの子は僕ではない。僕はあの子ではない。
 2人は別の存在だ。別の存在が出会う。
 そこで起こることの一部分が、争いなんだ。
 戦争は沢山の人が死ぬ。
 憎しみと悲しみと、愚かさと狂気が支配するのが戦争だ。
 経済的に見れば巨大消費で、歴史的に見れば損失だ。
 でも、そんな悲惨も、出会いの一部なんだ。
 知り合うための過程の一形態なんだよ”
 ――って」

メイド長「まおー様がそんなことを……」

メイド姉「とても、哀しそうでした」
メイド長「……」

メイド姉「あのときのわたしは、少しも判りませんでした。
 同じ人間なのに、偉い人の命令で戦っているだけだ。
 これは“出会い”なんかじゃない。
 そんなことを思いました。
 当主様が何を思ってそんなことを仰ったのか、
 少しも判らなかった」

メイド長「……」

メイド姉「今でも、正直に言えば、判ってはいません。
 どのような気持ちで、あんな表情をなされたのか。
 でも、判らなくてはならないと思うんです」
221 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:32:59.30 ID:LAEzTxgP
メイド長「強くなりましたね」
メイド姉「そんなことはありませんっ」

メイド長「あなたも、妹も……こほんっ」
メイド姉「はい?」

メイド長「自慢の弟子です」
メイド姉「あ……」

メイド長「……」
メイド姉「……」じわぁっ

  さらさらさら……

メイド長「入りましょう。身体が冷えますよ」

メイド姉「はい」

メイド長「メイド姉?」

メイド姉「はい」

メイド長「世界は広大で、果てがない。
 そこには無数の魂持つ者がいて
 残酷で汚らしく醜く歪んだ、でも暖かく穏やかで美しい
 ありとあらゆる関係と存在をつくっています。

  あなたにはすでに翼がついています。
 だからいつかそれらを見て理解できると思います。

  諦めなければ、きっと」

メイド姉「はい。――先生」
228 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:51:54.30 ID:LAEzTxgP
――魔王城東翼、別館、古城民宿“まおー荘”エントランス

東の砦将「よーっし。荷物もまとまったぞ」
副官「たいした物はもってきませんでしたしね」

メイド姉「わたし達もまとまりました!」
メイド妹「お土産いっぱーい♪」

メイド長「まおー様、よろしいですか?」
魔王「ん。準備万端だ」
女騎士「移動時間がないというのは本当に便利だな」

勇者「一応ほら、奥義呪文だしな」

東の砦将「いやー。誰にも信用されないだろうな。
 魔王上で温泉に入ってきたとか云ったって」
副官「そうですねぇ、まぁいいじゃないですか」

女騎士「そういや、魔法使いは?」
東の砦将「ん? さっきそこらを歩いていたような」

とてててててっ

女魔法使い「……到着」

メイド長「では、帰りましょう」

魔王「勇者は砦将殿を先にお送りしてくれ。待ってるから」

女魔法使い「いい。わたしがする」

勇者「お、いいのか? 開門都市の場所、判るのか?」

女魔法使い こくり
230 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 19:53:25.70 ID:LAEzTxgP
東の砦将「よっし、じゃぁ、魔法使い殿と行くかぁ」
副官「よろしくお願いします」
女魔法使い「……ごきげん」

しゅいんっ

メイド長「ではこちらも」
メイド妹「冬越し村に帰ろう~♪」

魔王「勇者、頼むぞ」
勇者「ああ!」

女騎士「これ以上温泉につかっていると、
 色んな事を投げ出してしまいそうだからな」

魔王「帰れば山ほど仕事が待っているさ」
勇者「そうだな」

メイド長「またすぐ来ることになります」
魔王「うむ」

女騎士「え?」

魔王「月が開ければ、すぐにでも忽鄰塔だ」

勇者「情報を集めて、交換条件に使えそうなカードの交渉を
 すすめないとな。それから冬寂王や、中央の様子も心配だ」

女騎士「そうだな。帰ろう!」
勇者「任せとけ」

しゅわんっ!
231 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 20:00:28.24 ID:LAEzTxgP
――地下世界、大河沿いの街、郊外の庵

奏楽子弟「おーい! おーぅい!」

 ガキン! ドグチャ

奏楽子弟「なんてボロ屋なのよ、まったく。
 うっわ、こ、これ何っ!? た、食べ物っ!?
 ぐちゃぐちゃじゃないっ。
 おーうい!
 いるんでしょー? 起きてよー!」

土木子弟「なんだー」

奏楽子弟「帰ったわよ」

土木子弟「あれ? どこから?」

奏楽子弟「『開門都市』に行ってくるって云ったでしょ!」

土木子弟「そうだっけ? そう言えば、しばらく会ってなかったな」

奏楽子弟「二ヶ月も会ってないのよっ!
 ほら、これお土産っ! それに食事もしてないだろうから
 こっちは出来合の焼きめしっ。ほら、お茶もっ」

土木子弟「ありがとっ。ふわぁーあぁ」

奏楽子弟「ほっとくといつまでたってもやってるんだから」
232 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 20:01:56.53 ID:LAEzTxgP
土木子弟「仕方ない。工夫と設計、管理と運用。
 土木ってのは奥が深いんだ。
 師匠が残してくれた本だって完全に理解したと云えるのは
 1冊もない。治水からしてまだまだだ」

奏楽子弟「“テキストに溺れる事なかれ”って
 云われてるでしょう。
 いっくら学んだって実践しなきゃ意味なんて無いじゃないのよ」

土木子弟「そんなこと云われてもなぁ。
 そっちの音楽や叙述とちがって、土木ってのは馬鹿みたいに
 人でも金も必要なんだよ。一人でやるには限界がある」

奏楽子弟「兄妹弟子がこのていたらくとは、
 あたし情けないわよ……」

土木子弟「そういうなよ。やっとここの近くの村は
 一通りの潅漑指導が終わったんだ」

奏楽子弟「どうだった?」

土木子弟「ま、生産性は上がったんじゃないか?
 土木ってのはすぐには結果が出ないから、
 数年のオーダーで改良をしていくべきだと思うけれど、
 耕作可能面積は倍近く増えたはずだ。
 あとは河が肥料を運んでくれるのを待てば良いな」

奏楽子弟「へぇ、善行したじゃない」

土木子弟「まぁねー」

奏楽子弟「で、報酬は?」
土木子弟「ぼちぼちかな。ほらっ」
234 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 20:03:34.61 ID:LAEzTxgP
奏楽子弟「わぉ、すごっ!」
土木子弟「やるよ」

奏楽子弟「ええっ。いいよ、そんなのっ!」
土木子弟「俺の稼ぎがない時は、なんだかんだと
 面倒見てくれたじゃないか」

奏楽子弟「そりゃ、ほら。演奏ってのは日銭になるから」

土木子弟「こっちは長い時間かけて報酬が出る。
 山分けすれば、同じことさ」

奏楽子弟「そう? ……じゃ、預かっといたげる」
土木子弟「おう、頼んだ」

奏楽子弟「……」
土木子弟「……もぎゅもぎゅ」

奏楽子弟「ここの仕事は、一段落?」
土木子弟「ああ」

奏楽子弟「どうしよっか」
土木子弟「つってもなぁ。次の仕事は決まってないし。
 師匠はどこに行っちゃったのかまったく判らないし」

奏楽子弟「うん……」

土木子弟「もっと色んな工事をしてみたいけれど、大規模な
 潅漑や堤防の作成、水道や道路の敷設、築城なんてのは
 大氏族の族長でもないとやらないし。
 俺、平民だからそんなコネはないしさ」

奏楽子弟「まったく稼ぎにならない技術だなぁ」
土木子弟「何を言う。土木は技術の王様なんだぞ」
235 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 20:04:58.06 ID:LAEzTxgP
奏楽子弟「へー」
土木子弟「師匠が云ってたんだ」

奏楽子弟「師匠はあれはあれで浮世離れした人だから……」
土木子弟「天才だ」

奏楽子弟「浮世離れした乳だったからなぁ」
土木子弟「天才だ」

奏楽子弟「ま、それはいいとして。ほらっ」
土木子弟「え? なんだよ?」

奏楽子弟「出掛けるよ」
土木子弟「どこへ?」

奏楽子弟「仕事、無いんでしょう?
 『開門都市』は今すごく景気がよいみたいなのよ。
 城壁の修理とか道路の敷設とか、そんな話しもでているしさ。
 だんだん交易が戻ってきたから税収も上がってるんだって。
 おまけにあそこはどこの氏族にも支配されていない独立都市。
 わたし達みたいな妖精族と鬼呼族の若造でも
 何とか仕事にありつけるわよ」

土木子弟「そりゃ、いい話だな」
奏楽子弟「いける?」

土木子弟「師匠の本の他にはもっていく物もろくにない」
奏楽子弟「じゃぁ、旅立とう♪」

土木子弟「でかい仕事にありつきたいもんだ」
奏楽子弟「あたしだってサーガの一本も書き上げたいわよ」
258 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:01:59.48 ID:LAEzTxgP
――冬の王宮、執務室

執事「そうではなくて、お茶は濃いめ。砂糖は二つ」
宮殿女官「は、はぁ」

文官「生産物税の書類はどこに仕舞ってあるのでしょうか?」
執事「去年の分までは商人子弟殿の執務室。
 それ以前は文書館ですな」

宮殿女官「冬の女王への親書の文面が出来ました」
文官「それは若にお見せしてご裁可を頂くように」

ばたばた
  ばたばた

冬寂王「忙しそうだな」
執事「おお、若」

冬寂王「やはり大変か?」
執事「いえいえなんの。せっかくのお役目ですからな」

冬寂王「やはり少し心配だが」

執事「心配めさるな、若。これでも爺は若い頃は
 ちょっと無茶するダンディーでならしていたのですぞ」

冬寂王「余計に心配だ」

執事「とはいえ、このお役目、他にこなせる人もおりますまい?」
冬寂王「それはそうなのだが」
259 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:03:06.03 ID:LAEzTxgP
諜報局武官「局長。選抜隊準備整ってございます」
執事「よし、乙種兵装で待機」

諜報局武官「はっ」

冬寂王「魔界の奥となると連絡もままなるまいな」

執事「そうともいえますまい。何とか手立てを見つけます。
 潜入偵察とは腕が鳴りますなぁ。
 若い頃を思い出して、うきうき心が弾みまする」

冬寂王「くれぐれも若い娘に手を出さぬようにな」
執事「……」

冬寂王「しっかと申しつけたからな」
執事「はぁ……。しょんぼりでございますなぁ……」

冬寂王「爺の役目は調査と、和平の可能性の模索だ」
執事「畏まってございます」

冬寂王「出来れば、今魔族との間に戦争は起こしたくはない。
 国内が流入した民であふれかえり、産業が興っているこのとき
 中央との確執だけでも手一杯だ」

執事「はっ」

冬寂王「領民の反応を考えると、
 軽々な言質を与える事など出来るわけもないが
 わたしとしては、何らかの停戦協定なり
 秘密協定などを作ることも視野に入れている。
 いや、その方がどれだけ助かることかと思っている」

執事「さようでございますなぁ」
260 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:04:25.54 ID:LAEzTxgP
執事「魔界では、いや地下世界では活発な動きがあるようです。
 『開門都市』は魔族に奪還されたと云うことですが、
 皆殺しにされたと中央が弾劾していた、
 商人を中心とした民間人の人間が生き残っているようで」

冬寂王「ふむ……」

執事「どれくらい生き残っておるかは判りませぬが
 渡りがつけられれば情報のとっかかり程度にはなりましょう。
 魔界には何度も渡りましたが、姿形は人間と変わらぬ
 種族も沢山おります。
 変装をして偵察する分にはさほど怪しまれたりもせぬでしょう」

冬寂王「出来る限り情報を集めてくれ」
執事「命に代えましても」

冬寂王「いや、それは代えんで良い」
執事「もう歳なのですから格好つけさせてください、若」

冬寂王「爺がいうと冗談にしか聞こえぬ」
執事「にょっほっほっほっ」

冬寂王「それにしても……」
執事「はい」

冬寂王「魔族とは何なのか……。
 魔王とはどのような男なのか、最近よく考える……」
執事「ふむ」

冬寂王「世界を統べて、他と戦うとは、
 あの世界ではおそらく並び立つもののいない英雄、
 征服者と尊敬を受けているのだろうな」

執事「さようでございましょうな」
286 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:50:22.89 ID:LAEzTxgP
――氷の宮廷、小広間

貴族子弟「――と、そんなわけでして」

氷雪の女王「随分働いたようですね」
貴族子弟「いえいえ、食っては寝ての放蕩三昧でしたよ」

氷雪の女王「状況をとりまとめると、どうなりますか?」

貴族子弟「国の単位で三ヶ国通商への参加を希望しているのは、
 湖の国、梢の国、葦風の国。この3つですね」

氷雪の女王「ふむ……」

貴族子弟「もっとも、表だって参加を唱えられそうなのは
 湖の国だけ。他は“参加はしたいが教会は怖い”という 状況でしょう」

武官「やはり領土問題で?」
密使貴族「でしょうねー。赤馬の国をどうやっても無視できない」

氷雪の女王「もっともですね」

貴族子弟「逆に云えば、赤馬の国と……まぁ、あとはついでに
 白夜の国ですか。この二つを説得できれば“挟み撃ち”は
 無くなるわけですから、どの国も我が方へ参加を表明しや
 すくはなるんでしょうね」

氷雪の女王「農奴の件はどうなのですか?」

貴族子弟「それの前にまず、そのほかの領主のご説明をしましょう」

氷雪の女王「続けなさい」
287 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:51:57.04 ID:LAEzTxgP
貴族子弟「えーっと、領主は。……どこにやったかな」

 ごそごそ

貴族子弟「ん。……こちらとの通商を望んでいるところは
 なんと! 24にものぼりますね。
 その多くは自治都市を預かっているいわゆる都市領主ですけどね」

氷雪の女王「やはりその立場ですと、交易が気になりますか」

貴族子弟「ええ。小麦を始め物資が高騰して
 “売れない”と云うのも確かに痛いのでしょうが、
 それよりなにより“荷が動かない”と云うのが痛いようで」

氷雪の女王「どういう事です?」

貴族子弟「物資の値段が高かろうと安かろうと、
 自治都市を預かっている領主にとっては
 直接影響が大きい訳じゃなかったんですよ。
 特に交易だけで考えた場合はですね。
 金貨2枚で買った物を3枚で売っても
 金貨5枚で買った物を6枚で売っても、儲けは同じ金貨1枚でしょ」

氷雪の女王「ふむ」

貴族子弟「しかし、今回の事件で、物資の値段が上がってしまった。
 あがったなりに売り買いがあれば良いんでしょうが、
 物が売れないから荷が動かない。
 荷が動かないと通行税も市門税も取れないんです。
 歌船河のほとりのある都市の領主は、
 河船税が去年の1/10になってしまったと嘆いていましたよ」

氷雪の女王「そういうことですか」
288 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:53:42.77 ID:LAEzTxgP
貴族子弟「彼らの立場からすれば、
 いま一番荷が動いているように見えるのは南部です。
 南部と関われば、物資の流れが生まれて税金が取れる。
 何も自分の所で物を生み出さなくても
 物が流れる通路になればお金が落ちてくると云う思惑です」

氷雪の女王「それはそれで、頼りがいがありませんね」

貴族子弟「ええ、まぁ。
 ……例えば武器の輸出をしたとなれば
 あとから聖教会に睨まれるって事もあります。
 でも、“武器とは知らず、荷の行き来の途中にあっただけの都市”
 であるだけなら、どうとでも言い逃れは出来ますからね。
 通商を望んでいる、とは云ってもこちらの傘下に入りたい、
 同盟したいと云うほど強く望んでいるのはいくつある事やら」

氷雪の女王「……」

貴族子弟「だが一方、彼ら都市領主は農奴の権利解放については
 そこまで目くじらを立ててはいませんよ。都市に住む職人や
 ギルドの関係者の殆どは農奴ではないわけですから」

氷雪の女王「そうですね」

貴族子弟「農奴の解放について神経を尖らせているのは、
 耕作面積や教会の発言力が大きい国です。
 麦の国や楡の国が代表格ですね。湖の国も本来大きいですが、
 あそこは湖畔修道会発祥の地だけあって、農奴解放の報せが
 早く浸透しました。下からの突き上げもあって、湖の国の
 女王はこちらに親しい方へ傾いています」

氷雪の女王「ふむ」

貴族子弟「全般的に云うと、貴族には自信がないのでしょう」
290 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:56:11.95 ID:LAEzTxgP
氷雪の女王「自信、ですか?」

貴族子弟「ええ。貴族の暮らしは税金によってまかなわれて
 いるわけで、暮らしの物質的側面以外は、
 身分制度によって支えられてるんですよね。
 つまり、王によって“お前は有能だ!”と保証されて
 農奴や家臣からは“あなた様に従います!”と崇められて、
 それで精神的には満たされているわけですよ」

氷雪の女王「……」

貴族子弟「それにたいして、農奴という最下層の、
 いわば“身分制度の底”を失ってしまうとどうなるか。
 自分自身も世界もがらがらと崩れてしまうのじゃないか?
 その辺が不安でならないんでしょう。

 見て判るとおり、農奴の解放を達成しつつある
 我が通商同盟でだって、
 開拓民や農民は、相変わらず税を納めている。
 もちろん徐々に仕組みは変わっていっていますけどね。
 貴族が居なくなったわけではないのです。
 別に農奴解放=貴族は全員死刑なんてことはない。
 でも、彼らは自信がないんでしょうね-。哀れなものです」

氷雪の女王「それにしては……」
貴族子弟「はい?」
氷雪の女王「貴族子弟は、貴族なのに随分余裕が
 あるように見えますね」

貴族子弟「ああ、それはもちろんですよ」

氷雪の女王「?」

貴族子弟「ぼかぁ、雅を信じていますからね。
 連中は貴族のくせに、雅も文化も信じていやしないのです」
292 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 22:58:09.59 ID:LAEzTxgP
氷雪の女王「文化……」

貴族子弟「歌だの踊りだの芸術だのってのは
 決して馬鹿にした物ではないのです。

  犬がドレスを着ますか? 猫が絵を描きますか?
 熊が詩作をしますか? 豚が歌劇を演じますか?
 そんなことをするのは魂を持つ我らだけですよ。
 これぞ人間らしいと云うものです。
 無駄に見えても、ちゃぁんと意味があるんです。

  わたし達がわたし達であり、
 わたし達の今日をわたし達の明日につなげるために
 文化と洗練は続いていくんですよ。
 貴族に生まれたのなら、
 それくらい信じないでどうするんでしょうね?

  下からおだてられないと貴族を続けていけないのなら
 とっとと商人にでも軍人にでもなってしまえばよいのに。
 生まれただけで貴族面しているから、これっくらいのことで
 動揺するんですよ。
 “事はすべてエレガントに運べ”と祖母も云ってました」

氷雪の女王「……ふふふっ」くすくす

貴族子弟「女王陛下だってそう思いますよね?」

氷雪の女王「ええ、本当に。ああ、おかしい。くすっ」
貴族子弟「今後はいかがしましょう」

氷雪の女王「赤馬の国を頼みます」
貴族子弟「では」

氷雪の女王「ええ、もちろん。
 事はすべてエレガントに運びなさい」
314 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 23:48:26.86 ID:LAEzTxgP
――鉄の国、王都宮殿、護民官詰め所

軍人子弟「うわぁぁぁあああ!?」
鉄国少尉「ど、どうしたんでありますか? 護民卿!」

軍人子弟「限界でござるよう」 がたがた
鉄国少尉「しっかりしてくださいよっ」

軍人子弟「拙者軍人なのにっ。軍人なのにっ」
鉄国少尉「わたしだって軍人ですってば」

軍人子弟「落ち着くでござる。拙者落ち着くでござるよ」
鉄国少尉「ゆっくり深呼吸でも」

軍人子弟「ひっひっふーひっひっふー」
鉄国少尉「それは妊婦では?」

軍人子弟「ひぃぃぃ、書類がぁ」がくがく
鉄国少尉「錯乱しすぎです、護民卿!」

軍人子弟「その“護民卿”というのが諸悪の根源でござるよっ。
 拙者一介の軍人にて、街道防衛部隊指揮官だったはずなのに」

鉄国少尉「軍人が功を上げて階級が上がるのは当然じゃないですか」

軍人子弟「それがなんで卿なんてつくでござるかっ!」

鉄国少尉「それは、ほら。
 鉄の国は軍人貴族で構成されてますから。
 基本的に行政職は全員軍人ですし。
 将官以上は全員部署を持って国の仕事しませんと。
 “軍人は戦争の時しか仕事していないので、
 平時は行政の仕事をすべし”というのが鉄の国のモットーです」

軍人子弟「ひぃぃ、騙されたでござるぅ!?」
320 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 23:53:55.40 ID:LAEzTxgP
鉄国少尉「まぁまぁ、現実をみすえてくださいよ」

軍人子弟「書類怖い書類怖い」ぶるぶる

鉄国少尉「そんなに怖い物ですかねぇ」

軍人子弟「書類間違えるとぶたれるでござる。
 騎士殿が拙者を剣の腹でぶつでござるぅ。
 学士どのが鉄定規でぶつでござるぅ。
 椅子に座れなくなるでござるよ。
 トイレで泣くでござるよ」ぶるぶる

鉄国少尉「何か過去にあったのかなぁ……」

軍人子弟「そっ、そんなことはないでござるよっ」がばっ

鉄国少尉「まぁ、落ち着いてくださいよ。茶でも飲んで。
 書類が怖いのなら、俺が読んで聞かせますから。
 なんせ子弟殿にほれこんで、あの峠からずっと
 ついてきたんですからね」

軍人子弟「有り難いでござる。拙者挫けそうでござった……」

鉄国少尉「んで、まぁ。死ぬほど沢山書類があるわけですが」
軍人子弟「ぐふっ」

鉄国少尉「目下のところは、これ。
 これ一枚解決すれば書類の半分は解決しますよ」

軍人子弟「……どういう案件でござるか?」

鉄国少尉「ぶっちゃけ、“人が増えてるからどうにかしろ”
 という王様からの命令書ですよ」
322 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/18(金) 23:57:17.77 ID:LAEzTxgP
軍人子弟「はぁ? 人が増えたら良いではござらんか」

鉄国少尉「まぁ、良いことですけどね。
 人が増えれば食べ物だって一杯作れるし、
 戦争した時だって強いですから」

軍人子弟「で、ござるよね」

鉄国少尉「でも、とりあえずの所は問題が山積みな訳です。
 そもそも何でこの国にここまで移民が来ているかって云うと
 食料が豊富で農奴の解放が進んでいる三ヶ国通商同盟のなかで、
 中央に対して国境線が比較的近いのが
 冬の国と我が鉄の国だからですよね」

軍人子弟「そうでござるな」

鉄国少尉「しかし、そこでやってくる移民っていうのは
 殆どが逃亡農奴や、貧しい開拓民で、
 財産なんてろくに持っていなかったりするわけです。
 たとえ財産を持っていた場合でも、一家族で他国へとやってきて
 いきなり食っていくのは相当に難しいですよね」

軍人子弟「そう言えばそうでござるなぁ」

鉄国少尉「今まではそういた移民は冬の国や氷の国にも
 お願いしたり、あちこちの村にちょっとずつ
 引き受けて貰ったりして分散の処理してきたんですが、
 それも限度を迎えているわけで」

軍人子弟「ふむふむ、それでどうしたんでござるか?」

鉄国少尉「そこで護民卿が解決すると」

軍人子弟「ほほう! ……それって拙者じゃござらんかっ!」
330 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/19(土) 00:05:14.66 ID:GDf918.P
鉄国少尉「そもそも護民卿ってのは民を護る役ですからね」

軍人子弟「ううう」

鉄国少尉「まぁ、さっきの話も問題ですが、
 貧しくなって食い詰めた開拓民が溢れれば、
 窃盗や略奪などの問題も起きてきます。
 色んな国からやってきた人々は、文化も生活習慣も違いますから、
 地元民とトラブルを起こすケースもありますよ。

  ここにある山のような書類は、そういった苦情が多いんです。
 もちろん、我ら護民卿の部隊が、酷い物については
 対処しているわけですが、受け皿を作らないと苦情の量は
 減らないんですよ」

軍人子弟「それは、その通りでござるな」

鉄国少尉「……」
軍人子弟「……」

鉄国少尉「どうです?」

軍人子弟「うーん。……師匠の教えでも、いくつかのケースは
 学んだんでござるが……。開拓民、でござるかぁ」

鉄国少尉「……」

軍人子弟(確かにやっかいでござるねぇ。
 場合によっては暴動なんてことも起きかねないでござるし、
 何よりも、無秩序に開拓を行った場合、防衛上の飛び地が
 無数に出来る恐れもあるでござるし……)
331 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/19(土) 00:07:32.41 ID:GDf918.P
軍人子弟「ギルドはどうでござるか?」
鉄国少尉「ギルドですか?」

軍人子弟「鉄工ギルドは、徒弟として受け入れてくれたりは
 しないでござるかね?」

鉄国少尉「はぁ、それは聞いてみますね。
 ギルド評議会で良いのかな。
 ……それにしても徒弟ですから、
 多くて5人とか10人の世界じゃないでしょうかね……」

軍人子弟「で、ござるか。とすると、そもそもの工房を
 こちらで用意して、職人を招聘して教えて貰うとか。
 ……工房よりも大規模になるでござるかねぇ」

鉄国少尉「工房ですか?」

軍人子弟「いやいや、違うでござるね。……うーん。とりあえず」

鉄国少尉「とりあえず?」

軍人子弟「希望者は全て軍で雇用するでござるよ」

鉄国少尉「はぁ!?」

軍人子弟「だって、“軍人は平時は行政の仕事をする”のでござろう?
 それなら兵科を新設するでござる。工兵の下に。
 平時は農業を営む、半農半軍の組織を作るのでござるね。
 軍務は、とりあえず5年。5年つとめれば、適当な金額と
 農地を与えると云うことで設立できるでござろう」

鉄国少尉「軍で、ですか」
334 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/19(土) 00:09:13.10 ID:GDf918.P
軍人子弟「妻子連れであっても受け入れ可能なように、
 年齢規制も広げるでござる。
 氷の国に近い荒れ地や森林に送り出して開墾を
 お願いするでござるよ。
 あのあたりであればそうそう戦にも巻き込まれぬ内側だし
 河もあれば丘もあるでござろう? 人手さえあれば
 優良な放牧地とのうちになるはずだと聞いてござった」

鉄国少尉「支援体制は? 食料などはどうするんですか?」

軍人子弟「軍人でござるから、当然国家からの支給を
 すべきでござろうね。
 この件については直接、鉄腕王に奏上するでござる。
 ただ、馬鈴薯の生育速度を上手に使えば3年で
 十分に元は取れるでござろう」

鉄国少尉「はぁ」メモメモ

軍人子弟「軍内部にも開拓民出身、開拓民の子弟だった
 軍人は多く在籍しているでござろう?」

鉄国少尉「それはもう。わたしがそうだったくらいですからね」

軍人子弟「7人ばかり集めて、この計画の問題点と、
 課題を洗い出しておいて欲しいでござる。
 それから修道院への協力要請を。
 前回も思ったでござるが、やはり従軍の医療者を
 どうにかすべきでござるね。
 医療兵、という科の新設も検討するでござるよ。

  そうすれば、新しく開拓をした村を結ぶ巡回路を
 設定するだけで、疫病を早期発見したり傷病者の元へ
 訪れる事が出来る仕組みも作れるはずでござる」
335 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/19(土) 00:12:11.63 ID:GDf918.P
軍人子弟「加えて、街道整備でござるね」
鉄国少尉「街道、ですか?」

軍人子弟「街道の有無で、行軍スピードに
 倍の差がつくことも珍しくはないでござる。
 特に我が国および、三ヶ国は歩兵が多いでござるからね。
 物の流れも、人の流れも街道に左右されるでござろう?
 この際、街道を新設したり、古い街道の拡張をすべきでござろう」

鉄国少尉「どこにそんな金が?」

軍人子弟「これについては、
 氷の国と冬の国に無心しにいくでござるよ」
鉄国少尉「はぁ……?」

軍人子弟「鉄の国だけではなく、まずは大街道の整備を
 三ヶ国横断でやるでござる。そうすれば、交易も便利になるし
 人同士の交流も自然に起きるでござろう?
 鉄の国の財布も楽でござる」

鉄国少尉「それはそうかも知れませんが」

軍人子弟「さらに前後して、鉄工所を作るべきでござるか」
鉄国少尉「鉄工所……?」

軍人子弟「大規模な鉄工房でござるよ。職人を育てるにも
 働きながら育てられた方が良いでござろう?
 国営の機構を作って、武具の補充も目指すべきでござろうね」

鉄国少尉「お気づきでしょうが」
軍人子弟「なんでござる?」 きょとん

鉄国少尉「莫大に仕事が増えましたね」

軍人子弟「ひぃぃ、騙されたでござるぅ!?」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。