4-4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」4-4


536 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/11(金) 23:47:48.34 ID:sQx9tPoP
少女メイド「あ、あの……剥けました……」

肥満領主「ふふっ。おうっ、これは甘いなっ」くっちゃくっちゃ

肥満領主「これだけの金があれば、騎士達への給金も
 余裕を持って払えようし、傭兵団を雇うことも
 容易かろう……」


肥満領主「700、いや1000の兵をそろえれば、
 灰青王の本軍よりもさらに人数で上回ることも
 可能かもしれんな。そうなれば司教様の覚えもめでたくなる。
 光の白十字章か、いや……伯位も夢ではないかもしれん」

肥満領主「丁度小麦も値あがっていたのだ。
 これだけの金貨があればどうとでもなるとはいえ、
 ふふふふっ。
 最近肥え太っているという、南部の豚料理をいただくのも
 それはそれで悪くなかろう」

肥満領主「その宮殿にはたっぷりと
 宝物が蓄えられていようゆえな。くっくっくぁっはっは。
 今から胸が高鳴るわ。
 戦は、ふむ……集合は半月後。
 冬ではあるが、年を越して雪が本格的になる前に
 けりをつけるつもりか。
 これはこれは、灰青王も血気にはやっていると見ゆる」

ガチャリ

家令「返書を手配してまいりりましたっ!」

肥満領主「よいだろう。領内の騎士のリストを持てっ!
 招集する部下の選定を始めるぞっ! 武具を確かめよっ!」
630 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 13:12:44.49 ID:Xzdt3noP
――湖の国、富裕街、路地

青年商人「はははは。ではお嬢様も?」

金満貴族「ははっ。ミーの娘ももう年頃なのだがネ。
 いろいろヤンチャがオゥバァヒィトでこまるよ。ははっ」

青年商人「いえいえ、女性は花に舞う蝶のようなもの。
 そのようなお嬢様に憧れる騎士や貴族の方も
 多いかと思いますよ」にこにこ

金満貴族「そういうユーはどうなのかね? ん?
 『同盟』の中でもかなりの地位があるのだろう?」

青年商人「いえいえ。わたしなどまだまだ未熟でして。
 こうして貴族様とお近づきになれるチャンスがありますと
 未だにあがってしまうんですよ」

金満貴族「ははは。謙虚な男だな、君は。
 どうだい、今度我が領内で、舞踏会があるのだよ。
 何人か貴族の娘もでるはずだ。ご招待しよう」

青年商人「わたくし不調法でして、
 とんだ粗相をしないとも限らないのですが……」

金満貴族「はっはっは。気にしないでくれ。
 なぁに、新しい冬の別邸のお披露目をかねた
 内輪の小さな……そう、100名程度のパァティなのだよ」

青年商人「すばらしいですね」にこっ
631 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/12(土) 13:14:05.87 ID:Xzdt3noP
金満貴族「ははははっ。今日は本当にナイスな取引が
 出来たよ。ふぅむ、北方産の鳩血紅玉が45万とはね。
 ふふふふっ。良く手に入れてくれた」

青年商人「勉強させて頂きました。今後ともご贔屓に
 お願いいたします」

金満貴族「ああ、貴族仲間にも紹介しようじゃないか。
 では、舞踏会の日取りが決まったら招待状を送ろう」

カッポカッポカッポカッポ

青年商人「さ、馬車の用意が出来たようですよ」
金満貴族「そのようだ。では行かせて貰うよ」

青年商人「真にありがとうございました」 ふかぶか
金満貴族「うむっ」

がちゃん、カッポカッポカッポカッポ

青年商人「……」

青年商人「ふぅ。……結構なことだ。
 紅玉髄(ルビー)に45万とは。一晩の稼ぎとしては悪くない。
 代価は麦でいただけるとは、あの方本人は把握もしてないん
 だろうが……。その紅玉、食べれればさぞ美味いだろうな」

 ヒュルルルゥーン
632 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/12(土) 13:15:44.48 ID:Xzdt3noP
青年商人「冷えるな。まぁ、湖の国でももう冬だ。
 南はそろそろ雪もきつかろうな。――っくしっ」

青年商人「宿に帰るか。今晩は作戦本部もいいだろう。
 馬車は……乗るまでもないな」

カッカッカッ

乞食「おねげぇでございますだ、旦那さな」
青年商人「……」ちゃりん
青年商人「柄にも、ない。か」

 どんっ

????「ひゃ」

青年商人「こりゃ済まないな」
青年商人(この夜更けに、フードにケープ? 北方の人か?
 声は若い女性のようだが……)

????「いや妾こそ」

青年商人「こんな時間に女性の一人歩きは危ないですよ。
 お気をつけて宿にお戻りなさい」

????「お待ちくださるかや」
633 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 13:16:42.98 ID:Xzdt3noP
青年商人「は?」
????「お客人」

青年商人「はぁ」

????「一度お会いしました」

青年商人「は? え。流石にそのフードだと」
火竜公女「そうでありましたね、申し訳ない」 はらり

青年商人「あ。ああっ!」
火竜公女「思い出してくださいましたかや」にこり

青年商人「どうしてこんなところにっ」
火竜公女「お客人を探しておりました」

青年商人「なんでわたしを?」
火竜公女「お客人は、商人だと。どのようなものでも
 手に入れらるる方だと、あの宴で聞きましたゆえ」

青年商人「それは商人ですが。……あっ」
火竜公女「?」

青年商人「尻尾。……尻尾を」
火竜公女「尻尾が何か?」 ゆらゆら

青年商人「いえ、場所が悪い。移しましょう」
火竜公女「はい。妾も話があります」
641 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 13:57:26.02 ID:Xzdt3noP
――湖の国、富裕街、青年の取った宿

青年商人「胆が冷えました」
火竜公女「なにゆえです?」

青年商人「あー。人間には尻尾がないですからね」
火竜公女「そうでありますな」きょとん

青年商人「茶でも飲みますか?」
火竜公女「あれば火酒を。……ここは寒くてかまいませぬ」

青年商人「そう言えば、あちらよりぐっと寒いですね」
火竜公女「こちらに来てから尻尾の先が暖まったことが
 一度もありませぬ。本当に人間界は冷え切った場所」

青年商人「まぁ、今は冬ですから」
火竜公女「冬……」

青年商人「ええ、魔界にはないんですか?」

火竜公女「聞き慣れぬ言葉ですね。いえ、意味はわかりますが。
 二つのゲートに近きところは寒く、遠きところは熱い。
 それが魔界です」

 とぷとぷとぷ……

青年商人「ん……。入りましたよ」
火竜公女「有り難く頂戴しまする」
642 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 13:59:03.80 ID:Xzdt3noP
青年商人「さて、と。どうして公女がここにいるんです?」
火竜公女「お客人に会いにまいりました」

青年商人「そのお客人ってのは止めましょう」
火竜公女「ではなんとお呼びすれば?」

青年商人「商人と」
火竜公女「では、商人様に会いに」くぴくぴくぴ

青年商人「はぁ……。はるばる魔界から。というか、
 転移呪文ですか? 魔族の魔法は人間のより
 強力なんですかね」

火竜公女「そのようなことはありませぬ。
 むしろ人間の儀式法術の方が強力だと、
 父様などは云っているくらいで。
 魔族は、魔力は品に込めるのが得意なだけ。
 人間界へも転移符で来たくらいです」

青年商人「どうやって居場所を? 勇者ですか?」

火竜公女「いえ、我が君には内緒です。
 ――此度は妾の仕事ですゆえ。
 居場所は探知魔法をかけて貰ったのですよ。
 通りすがりの魔法使いに」くぴくぴ

青年商人「常識の削られる音がしますね」
火竜公女「削る分があるうちは取り返しがつくというもの」

青年商人「ごもっとも。削って売れれば文句はありません。
 常識に元手は掛からないですからね」
643 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 14:00:30.81 ID:Xzdt3noP
青年商人「して、どのような品物をお求めでしょう、公女様」
火竜公女「塩を」

青年商人「いかほど?」
火竜公女「判りませぬ。必要なだけ」

青年商人「何とも曖昧は注文ですね」

火竜公女「ですから来ました」
青年商人「……?」

火竜公女「この注文をこなせるのは、
 商人様しかいないと踏んで出向きました」
青年商人「ふむ」

火竜公女「塩は魔界では貴重品。これを融通して頂きたいのです」
青年商人「……」

火竜公女「……」くぴくぴ
青年商人「……」

火竜公女「……」とぷとぷとぷ、くぴ
青年商人「……」

火竜公女「……暖まります」
青年商人「その壺全部飲んで良いですよ」

火竜公女「聞いていたのかや」
青年商人「ちょっと考え事を」
644 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 14:05:49.24 ID:Xzdt3noP
火竜公女「……?」
青年商人「これは謎かけでしょうか?」

火竜公女「妾は愚かしき子女ゆえ、考え深い殿御に
 とっては謎かけかもしれませぬ」

青年商人「考えすぎだ、と?」

火竜公女「賢きおなごは、万象の識をあつめ

 知を尽くして物事に当たります。
 しかし、心得を持つおなごは、殿方を立てることにより
 何もせずともそれ以上を手にしまする。
 それが妾が母上から受けた竜の教え。
 商人様に、なるべく多くを手に入れて貰うためならば
 謎かけでも何でもいたしましょう。
 殿御にお力をふるって頂くのが
 子女の誉れと心得ておりまする」

青年商人「塩なら造作もないんですけどねー」

火竜公女「……ああ、尻尾の先まで暖まりまする」こくん、こくん

青年商人「よく飲みますね」
火竜公女「人界の酒は珍しいゆえ」

青年商人「人間世界は初めてですか?」

火竜公女「もちろん初めてです。何もかもが珍しい。
 パンという食べ物は美味しいものですね。
 聞いていたのより随分高くて路銀で苦労しますが……。
 それから教会というのも良い。
 賛美歌というのはわくわくする代物ゆえ。
 一つの建物が丸ごと楽器などとは、これは仰天の
 体験でございます。人界とはまこと興味が尽きぬ」
645 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 14:08:53.43 ID:Xzdt3noP
青年商人「……しばらく、人界にいますか?」ぽつり
火竜公女「?」

青年商人「当面の塩は手配しましょう」
火竜公女「本当かや?」

青年商人「ええ」
火竜公女「それはかたじけない」

青年商人「ここまで危難に遭わなかったのが不思議ですよ」
火竜公女「尻尾かや?」

青年商人「ええ、まぁ。角も」
火竜公女「隠してはいたのですだ。
 人界の人はみな慌ただしいゆえ、注意を払われぬ」

青年商人「……」
火竜公女「……」くぴくぴ

青年商人「あなたは」
火竜公女「?」

青年商人「あなたが。あなたの存在が、
 “割り切れぬもの”に繋がるかもしれませんね。
 わたしたちは、知らなすぎるのではないでしょうか?」

火竜公女「何を?」
青年商人「おそらく、互いを」
647 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 14:28:33.88 ID:Xzdt3noP
――白夜の国、白夜王の宮殿

片目司令官「ええい! だから云ったのだ!」

 ガッシャァン!

白夜王「やつらはなぜ生きている!?
 なぜ地上の光を浴びている!?
 背教者だぞ? 我らが密告を受け、異端審問まで
 行ったというのに、なぜのうのうとこの世にはびこっているのだ」

片目司令官「くくくくっ。ははははっ」

白夜王「何がおかしいっ!」

片目司令官「悪魔だからに決まっておるではないかっ!
 豚に向かって“貴様は豚だ!”と言ったところで
 何の意味があるのだっ。
 ふんっ。屠殺しなければ終わるものではないっ」

白夜王「何を賢しらなことをっ!」

片目司令官「我は最初から剣で事を決しようと
 云ったではないか、それを策謀にて進めようとしたのは
 白夜王、あなたであろう?」

白夜王「うるさいっ! 我が国をみよっ!
 今年は麦が高騰を続けているのだ。
 中央からの義援金は例年よりも多く入ってきた。
 四カ国に送る予定だったのだからな。
 普段の二倍近い。
 しかし、それで買える麦は普段より
 少ないくらいでしかない位でしかないのだぞっ」
649 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 14:32:33.89 ID:Xzdt3noP
白夜王「そのうえ……」ぎりぎりっ

白夜王「昼も夜も絶えず、農奴どもが国境を越え、
 鉄の国へと流れておる。三カ国がなんだというのだ!?
 所詮は農奴を騙す新しいお題目を唱えているだけだというのに
 冬寂王、あやつにだけなぜ人々が味方をするっ」

片目司令官「それはな、あやつが天を欺いておるからよ」

白夜王「~っ!!」

片目司令官「クカカカカッ」

白夜王「このままでは我が白夜は。我が白夜だけが……ッ」

片目司令官「なぁ、白夜王」

白夜王「……」

片目司令官「奪えば良いではないか? ほら、見ろ。
 鉄腕王の国、氷雪の女王の国。
 たっぷりと身の詰まった果物のように熟れておる。
 いずれにせよ、背教者。
 遠からず人間世界で腐って落ちよう?
 それなら、その前に奪って食って悪い道理があるものか」

白夜王「……いけるのか」

片目司令官「中央の兵達は、戦になれば呼び集められる
 招集の騎士と歩兵。誇り高いが実戦経験で劣る。
 この国にいるのはなんだ?
 世界で最高の経験を経た常備軍だと抜かしていたではないか」
661 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 15:17:37.23 ID:Xzdt3noP
白夜王「しかし、我は手勢の多くを極光島で失った。
 一年の訓練は施したが、同じ南部諸王国が相手では
 練度で劣るやもしれぬのだっ……」

片目司令官「あはははっ! 中央も、貴様も!
 そしてその冬寂王とか云う小せがれもまったく判っておらんな!」

白夜王「なに?」
片目司令官「常備軍の強さというものを」

白夜王「それはなんだというのだ」
片目司令官「奇襲だよ」にぃっ

白夜王「それでは野盗と同じではないかっ!
 人間同士の戦でそのようなことをしてどうする。
 教会の非難に遭えば国が危ういのだぞっ」

片目司令官「その教会の敵が相手なのだ、相手は獣と同じ」

白夜王「!!」

片目司令官「野盗? 結構っ! 国境の盗賊どもに
 金を払い、鉄の王国を荒らさせるのだ。
 防備が分散した時点で騎兵による強行奇襲をかける。
 畑も家も燃やし、一気呵成に鉄の国を落とすのだ」

白夜王「ふふふっ。それしかないようだな」ぐびっ
片目司令官「この片目の闇を、鉄の国にぶちまけてくれよう」
673 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 16:50:54.18 ID:Xzdt3noP
――冬の王宮、謁見室

 ガチャン!

勇者「宣戦布告があったって!?」

執事「勇者、来ていただけましたかっ」

冬寂王「そうだ。
 これが今朝届いた書面による正式な宣戦布告だ。 そのうえ同時に教会からは破門状も送られてきた」

勇者「早すぎる」

将官「もうしわけありませんっ。小官が甘い予想を」

冬寂王「いや、それは仕方ない。――事態が変わったのだ」

勇者「事態……?」

冬寂王「うむ、おそらく向こうも苦しいのだろう。
 小麦を初めとして全ての物価が上昇しているのだそうだ」

勇者「物価が? 食い物が買えなくなるのか?」

冬寂王「そうらしい。詳しいことは商人子弟にでも聞いてくれ。
 わたしもその構造や原因はわからぬ。だが、例年の二倍
 以上にはなっているようだ」

執事「恐ろしい冬にならねば良いのですが」
674 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 16:52:52.01 ID:Xzdt3noP
冬寂王「おそらく、その物価の上昇が教会か中央の首脳を
 刺激してしまったのだろう。
 もしくは手に入った多量の金貨を用いて、
 短期決戦を決意したのやもしれぬ。
 それがこのような急を告げる知らせになった」

勇者「そうか……」

将官「王よ、詳しい書状の話を」

執事「それは私から。えぇー。ごほんっ。
 冬の1月め、第四兎の日に南部草原にて会戦、
 との宣戦状であります」

冬寂王「ふんっ。一応体裁だけは取り繕ったわけだ」
勇者「あと十日か」

執事「出向かなければどうなります?」

将官「今までの戦でいえば、我らがこの宣戦状を無視すれば
 中央軍はそのまま進軍。向こうから見れば、攻城戦となりますね。
 ――しかし、我が国を始め、南部諸王国は
 魔族に備える砦は多くとも、領土の北部、大陸中心部方面
 つまり今回中央軍がやってくる方向には、警備のための
 塔がいくつかある程度で砦らしき砦はありません。
 と、なれば、いずれかの首都決戦になってしまうかと」

冬寂王「そうだな。この会戦を受けぬという選択肢は、無い」

勇者「くっそぉ。戦いたくないのにっ。
 ――戦いたくないんだ、俺はっ!」
676 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 16:54:28.79 ID:Xzdt3noP
冬寂王「これは、我ら愚かしい人間の戦だ」

勇者「だって、これは俺の、俺やあいつが撒いた」

冬寂王「違う。
 “農奴の権利を認める”と判断したときから
 これは人間の手による、人間の戦になったのだ。
 勇者。
 勇者が背負う必要など、どこにもない」

将官「そうですよ、勇者殿っ!」
執事「我らは今のこの時を、感謝こそすれ、けっして
 恨みに思っていたりはしませんぞ」

勇者「ちがう……。違うんだ」

執事「勇者……」

勇者「うまく言えないけれど、これは違う。
 こんな物が、あいつの目指した物であるはずがない。
 これが結末だなんてあり得ないっ」

将官「……」

冬寂王「確かにここで戦力を消耗するのは、
 我らにとっても益のないこと。
 我らにとってもはや戦は国力を増す手段にはならぬのだから。
 なぜ中央はその道理を判らぬ」

勇者(戦を望むのは、独占者。
 限られた世界の中で、“豊かさ”ではなく“優越”を
 求めるために寡占しようとする者。
 ……そこは間違っちゃいないはずだ)
677 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 16:55:48.59 ID:Xzdt3noP
勇者(どうすれば良いんだ?
 どうすれば止められる?
 聖王の、暗殺? ……馬鹿か、俺は。
 それじゃ魔王のところに行ったときと同じじゃねぇか。
 せめて。
 せめて、あと半年。いや、3ヶ月の時間があれば……)

勇者「せめて、いましばらく……」

勇者(この物価の上昇は、あの商人がやっているはずだ。
 あいつなら、これくらいのことはやる。
 きっとやる。……そういう目をしていた。
 あいつだけじゃないかもしれないけれど、
 あいつはきっと、中枢に噛みつけるような場所にいる。
 ……なんでだ? 何で小麦の値段や物価を上げる?
 あー、もう判らねぇよっ!
 なんで魔王はこう言う時にいねーんだよっ。
 あいつだったらさくっと解決しちまいそうなのにっ)

(そうだろう? 勇者だものな!)

勇者(何でこんな時に思い出すんだよ……)

(“あの丘の向こうに何があるんだろう?”って
 思ったことはないかい?
 “この船の向かう先には何があるんだろう?”って
 ワクワクした覚えは?)

勇者(なんであいつ、生きるの死ぬののって云う時に、
 のど元に剣を突きつけられて、あんなキラキラした
 瞳してやがったんだよっ)
679 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 16:56:53.39 ID:Xzdt3noP
(だから“そう言うもの”が見たいんだ)

勇者(あんなに無防備にっ)

(でも、だからこそ、それが“別の結末”を
 迎える事ができるのならば、
 それは私にとってだけじゃない。
 三千世界にとって“未だ見ぬもの”じゃないだろうか?)

勇者「~ッ」 ガツンッ

将官「勇者殿っ」

勇者「冬寂王、戦になったとしてどれくらい被害を
 出さずに戦える?」

冬寂王「相手の戦意と数次第だな。
 この種の戦は、平野に両軍が終結し、時間指定も為される。
 その後合図……大抵はホルンによって騎士は騎乗し、
 正面から衝突することになる。
 両者の戦意や数、戦略に大きな食い違いがなければ
 これが一日につき1~2回、数日の間繰り返されるだろう。
 指揮官が虜囚になるなどのアクシデントがあれば
 一方が加速度的に崩れることもある。
 はっきりした形で決着がつけば、負けた方は降伏するな」

勇者「犠牲は出したくない。味方にも、中央の軍にも」

冬寂王「……」

勇者「これは甘さじゃない。今後の展開上、必須だ」
680 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:00:06.76 ID:Xzdt3noP
冬寂王「……」

将官「冬寂王……」

冬寂王「天気次第、だな」

勇者「――雪かっ」

冬寂王「そうだ。こちらではもう積もっているが、
 あの平原にはまだ降雪はないだろう。
 山脈が雲から雪を搾り取るのだ。
 あの平原が雪に覆われるのはどれくらい先か
 雪が降れば戦意も下がるし、戦は停滞せざるを得ない。

 10日先に降り始めていればよし、天気が続くようならば
 会戦には問題が無くなってしまう。
 逆に本格的な降雪が始まれば、雪の降る間は
 戦を避けることが出来よう」

勇者「……」

冬寂王「おそらく、四週。
 早ければ、二週持ちこたえれば雪は降るはずだ。
 それだけの時間を凌ぐ、と云うことか」

勇者「できるか?」

冬寂王「……引き受けよう。
 わたしは、冬の戦ならば負けぬ。この名にかけて」
686 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:23:48.74 ID:Xzdt3noP
――魔王城、最下層、冥府殿、魔王の回想

魔王「ふわぁぁ」
メイド長「何をしているんです? 魔王様」

魔王「む」
メイド長「だらけていますね」

魔王「ちょっと疲れたのだ」
メイド長「やれやれ。魔王になってもあまり変わりませんね」

魔王「変わってたまるか」

メイド長「ふふふ。そうですね。
 お変わりなくて、本当に良かった」

魔王「あんなに運動をしたのは初めてだ。
 もう一生分の運動をしたから、
 あとは研究三昧で勇者が来るのを待ちたいものだな」

メイド長「変わったのは、呼び名ぐらいですね。魔王様」

魔王「それだ」
メイド長「はい?」

魔王「その、“魔王様”というのが良くない」

メイド長「そうですか? だって魔王になられたじゃありませんか」
688 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:26:28.16 ID:Xzdt3noP
魔王「背中がむずむずする。どうにかならんか」

メイド長「とはいえ、もう名前も剥奪されたわけですしね。
 旧名でお呼びするわけにも行かないでしょう?
 では、いっそ“胸ばかり太った無駄な肉、略して駄肉”
 というのはいかがですか?」

魔王「おぬしはわたしを嫌悪しているのではないかと
 思う時がある。たまに、より多い頻度で」
メイド長「困りましたね」

魔王「せめて、もうちょっとこう。明るく」
メイド長「そうですか。ふむ。まぁ、そう仰られるのなら」

魔王「出来るのか?」ぱぁっ
メイド長「我がメイド術に死角はありません」

魔王「おおっ!」

メイド長「こほん。――まおー様♪」きらきらっ

魔王「な、なんだ!? いま背後に花が見えたぞ!?」
メイド長「メイド術でございます」

魔王「それはそれで気色悪いな」

メイド長「まおー様。なんでそんなこと仰るんですか
 こんなにお慕い申し上げていますのに。まおー様ぁ♪」

魔王「ううう。何でそう甘ったるい声を出す!?」

メイド長「この術の要点ですので」すちゃ
魔王「うううっ。早まったかもしれん」
690 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:28:23.80 ID:Xzdt3noP
メイド長「それにしても」
魔王「なんだ?」

メイド長「いいんですか、こんなに『図書館』に引きこもって」
魔王「まぁな、統治するならこっちの方が都合が良い」

メイド長「判らないではないですが」

魔王「魔界にはこれだけの資料も情報素子海もないからな。
 プリンタもなければ汎用機もない。原始の世界だ」

メイド長「逆です。この空間が特殊なんですよ」
魔王「それはそうだがな。よいしょっと」

メイド長「どうされました?」

魔王「いや、多少はな。テコ入れしないと、
 統治もままならないと思ってな。計画書を作っているのだ」

メイド長「ふむ」

魔王「魔界は部族や氏族が入り乱れて戦乱状態だ。
 それは精霊五家の罪もあるから仕方がないが、
 逆に云えばそれだけ戦える豊かさがあると云うことでもあるしな。
 戦争が貨幣経済や流通網の発展を加速する側面がある以上、
 一方的に非難するわけにもいかんのだが」

メイド長「はい」

魔王「とりあえずは、これだ!」
692 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:30:27.48 ID:Xzdt3noP
メイド長「これは紙ですね。随分粗いですが」

魔王「そう。図書館製ではなく、魔界製の『紙』だ。
 森歌族に命令して作らせた」

メイド長「はぁ。これでどうなるのです?」

魔王「戦争の記録を義務づけるんだ。
 勝敗から場所、日時、敵味方の人数や被害、
 おおよその用意した物資、かかった費用、参加した武将」

メイド長「よく判りません」

魔王「目的はいくつかある。
 まずは“記録を取る”という事に馴れて貰う。
 専門職が育成されることもあるだろうが
 長い目で見れば識字率の向上にも役立とう。
 もう一つは自分たちのやっていることを理解して貰う」

メイド長「理解、ですか?」

魔王「戦を一方的に否定する気はないんだが
 本当に必要な戦と、気分や遺恨でやってる戦を
 混同するのも困る。自分たちがやっていることは
 果たして支払った代価に見合った効果が得られる行為なのか
 自覚して欲しいのだ」

メイド長「気の長い話ですね」

魔王「勇者が来るまで、そう時間はないから急ぎたいがな」
693 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:32:15.30 ID:Xzdt3noP
メイド長「勇者……ですか」

魔王「見るか? 新しい画像が手に入ったんだ」
メイド長「はぁ」

魔王「ほら、もう立てるようになったらしいぞ?
 可愛いだろう? すごいだろうっ?
 うーん、声を聞いてみたいなぁ」


メイド長「会いたくてたまらなさそうですね」

魔王「それは会いたいさ。
 ゲートが封印されてさえなければお忍びで出掛けて
 しまいたいくらいだ。
 ほら、こっちの画像は寝ているところだぞ?」

メイド長「わんこと大差ありませんね」
魔王「そうだ! そこが良いんだよっ」

メイド長「まったく呆れたものです。まさに盲目ですね」

魔王「?」

メイド長「まおー様は可愛いですね」

魔王「馬鹿を云うな。可愛くなんて無いぞ。
 勇者とわたしは、この世でたった二つのLiving Singularityだ。
 勇者と出会えば、何かが変わる。
 概念と概念が衝突し、化合し、反応して何かが始まる」

メイド長「多分それは戦闘かと思われます」
695 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:34:30.70 ID:Xzdt3noP
魔王「新しい視座が得られるんだ」
メイド長「はい……」

魔王「頭でっかちで、引きこもって、
 無駄に長生きしてしまったわたしに、何かが起きるんだ。
 その時になれば、わたし達は言葉を交わし
 ほんの一瞬でも、何かを感じられる」

メイド長「……この件だけはロマンチックですね」

魔王「ロマンなど感じていない。
 これは純粋な経済学的な市場拡大に対する欲求だ」

 チカ、チカ、チカ

メイド長「そういう物でしょうか……おや」

魔王「どうした?」
メイド長「連絡です。失礼して」

魔王「部下も増えたな、メイド長。良いことだ」

   メイド長「――。――――。――?」

魔王「早いところ啓蒙思想くらいは広めておかないとなぁ。
 思想史くらいは広めたいんだが……NDC130番台かな?
 あんまり機械文明を広めると、勇者が来た時揉めそうだしな。
 海とか云うのさえあれば、色々やりようもあるのになぁ」

   メイド長「――!? ――!!」
696 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 17:35:52.96 ID:Xzdt3noP
メイド長「魔王様っ」 くるっ!

魔王「どうした?」

メイド長「ゲートの封印が、解除されました」
魔王「は?」

メイド長「大規模な儀式法術により、封印が解除されたようです」

魔王「馬鹿な!?
 勇者は言葉もまだろくにしゃべれないんだぞっ?
 早すぎるっ。誰が封印を解除したんだ。
 こちらから中和術式を呪核に注入できるわけがっ」

メイド長「いえ、人間です。人間界からです。
 ゲート解除後、約1500名ほどが転移にて侵入。
 ――第一次聖鍵遠征軍。
 そう名乗って付近の魔族の降伏を求めています」

魔王「至急使者を。急がせろっ」
メイド長「はっ」

魔王「わたしたちも、魔王城へ戻るぞっ」
メイド長「もちろんでございますっ」

魔王「なんでだ。何で人間がこっちに来るんだ!?
 ――勇者の誕生で結界強度が下がっていたのか?
 だが、人間がこちら側に何の用があるって言うんだっ」
707 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:23:17.58 ID:Xzdt3noP
――大陸草原、雪の集合地

肥満領主「おお、寒い。なんて寒さだ!」
家令「さようですな」

肥満領主「何をしておる、もっと薪をくべんか」
小姓「はいっ」

肥満領主「夕飯はまだか? このような旅のテント暮らしでは、
 せいぜいが精のつく物でも食べんとやっていられん」

家令「はぁ、では尋ねて参りましょう。少々お待ちを」

肥満領主「ふぅぅ。寒いな」ぶるるっ

ガサ、ガサッ

近衛兵士「失礼しますっ」

肥満領主「どうした?」

近衛兵士「我が領内の全騎士、全兵士そろいましたっ。
 今回の出兵、我ら合計650でありますっ」

肥満領主「ふむ、思ったより少ないな。まぁ、よい。
 傭兵団を加えれば1000は優に超えよう」

近衛兵士「はっ!」
708 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:24:55.35 ID:Xzdt3noP
肥満領主「他の陣幕はどうなっておる?」

近衛兵士「灰青王は近衛騎士団、斧騎士団を率いて到着。
 山の国の重装騎士団、梢の国の弓騎士団もそろっておりますが
 全体としては、まだ参集は進行中であります」

肥満領主「どれくらい掛かりそうなのだ」いらいら

近衛兵士「はっ。あと二三日はかかるかと……」

肥満領主「今日が参集日時ではないかっ。
 何をしているのだっ!!
 うすのろどもが、勝利が欲しくはないのかっ」

近衛兵士「騎士および兵士の配置はいかがしましょう」

肥満領主「このテントを中心に円陣の形態に天幕をはれ。
 やれやれ、この分では戦までもうしばらく待つ必要が
 ありそうだ」

近衛兵士「申し訳ございません」

肥満領主「よい。腰抜け領主どもめの仕業だ。
 敵は? 南部の豚どもはどうしている」

近衛兵士「敵軍総数は、約2500程度。
 森林の縁に張り付くように布陣しております」

肥満領主「ふっ。世界の辺境に張り付くように
 生きていた野ねずみども、平原の中央に出るのが
 恐ろしくて仕方ないと見えるな」
709 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:27:05.78 ID:Xzdt3noP
ガサ、ガサッ

傭兵隊長「領主の大将、いるかい?」

肥満領主「おお。隊長か? 数はどうであった?」

傭兵隊長「ご注文どおり、古強者どもを400そろえたぜ」

肥満領主「それはありがたい!
 これで総数は1000を越える。圧勝は間違いのないところだな」

近衛兵士「ですなっ」

傭兵隊長「報酬の方は忘れて貰っちゃ困るぜ」

肥満領主「無論だ。金貨ははずもう。
 また、活躍次第ではたっぷりとした恩賞も
 期待してくれてかまわないぞ」

傭兵隊長「まぁ、そいつはいいとして、
 もう一つの約束の方が大事さね」

肥満領主「無論覚えておる。冬の国に入った暁には、
 最初の村とふたつめの村で二日間の略奪を許そう」

傭兵隊長「へっ。そいつが聞けりゃ十分だ。
 石弓兵も用意してある。用があれば声をかけてくれ」
710 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:28:14.38 ID:Xzdt3noP
パサッ

家令「領主様。夕飯のお支度が調いましたようで。
 よろしければ、いまからでも召し上がって頂けると」

肥満領主「よしっ」

家令「それから、なんでも付近の地主から樽酒の献上品が
 あったそうです。なかなか上質の氷酒でして、それが
 20樽もだそうです」

傭兵隊長「ははは。農民ども。よほど自分たちの農地が
 荒らされるのが恐ろしいらしい」

肥満領主「まったくだな! 地に這いつくばるものの
 せめてもの知恵か。ふふふっ。頂こうではないか。
 そう言えば、隊長は夕飯はまだなのであろう?」

傭兵隊長「おう」

肥満領主「2,3日は戦闘も始まらぬようだ。
 晩餐というわけにはいかんだろうが、一緒にどうだ。
 ふむ、そうだ。傭兵の隊の方にも酒1樽を差し入れに
 いってはいかがか?」

傭兵隊長「そいつはありがてぇな。寒さが紛れるってもんだ」

肥満領主「ははははっ。宮殿料理というわけにはいくまいが
 今宵は、我らが勝利の前祝いと行こうではないかっ。
 ふはははははっ!」
713 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:54:37.33 ID:Xzdt3noP
――湖の国、首都、『同盟』作戦本部

 ガヤガヤッ
  3ポイント上昇。買い指示だっ。強気で行け
 銅の国、銅を積んだ船を発見
  押さえろ。倍値でかまわんっ!!

青年商人「……物珍しいですか」
火竜公女「はい」 きょろきょろ

青年商人「まぁ。情報は交換の約束ですからね」
火竜公女「取引は公平でなければゆけませぬ」

青年商人「いいんですか? こんな場所で。
 わたしは忙しいですが、腕の立つ護衛くらいは
 手配出来ますよ? 市中の案内くらいされては。
 魔界の情報を色々貰いましたからね、遠慮せずとも」

火竜公女「いぇ、いいのです」
青年商人「はぁ」

火竜公女「ここは商人様の仕事場なのでしょう?
 壁に掛けられたあの大きな地図は、この世界ので
 ございますね?」

青年商人「そうです」

火竜公女「では、街を見回るよりここに一日いましょう。
 お邪魔はしませぬ。声も立てませぬ。
 街と人々の暮らしに興味は尽きませぬが、
 おそらくここは世界の中心の1つ。
 ――そうでございましょう?」
714 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:55:34.78 ID:Xzdt3noP
青年商人「……」

火竜公女「わたしは異境からの旅人ですが愚か者ではございませぬ」

青年商人「そうですね。これも取引です」

火竜公女「ええ、公平です」

青年商人「だがもう決して明け方に潜り込むようなことは
 しないでくださいよ」

火竜公女「あれは何かの間違いでござりまするっ!
 わたしには我が君とお慕いする殿御がいるというのにっ。
 傷物にでもなったらどうするのです。いかが心得ますっ」

青年商人「被害者ぶっても通用しません」
火竜公女「この話は終わりと云ったはずですっ!!」

青年商人「かしましいですね、本当に」

 カチャッ

職員「委員。昨晩の動きです」 バサッ

青年商人「了解、目を通します。――梢の国の買い付けは?」

職員「進んでいます! 小麦の相場は+165、一昨日付」

青年商人「……鈍化してきたな」
715 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:57:08.57 ID:Xzdt3noP
ガチャッ

辣腕会計「征伐軍、集合を継続中。遅れが出ているようです」
青年商人「遅れ?」

辣腕会計「士気が低く、どうも軍規に乱れがあるようで」
青年商人「驕っているのか……。冬寂王の策略か」

辣腕会計「策略だと見ますね」
青年商人「なぜ?」

辣腕会計「迂回されてはいますが、
 冬の国の商人に氷酒が随分売れたようです」

ダッダッダッダ、ガチャン!!

職員「委員ッ!! 緊急ですっ!!」

青年商人「報告を」

職員「教会がバックにつき、
 聖王国が金貨の再鋳造を計画しているようですっ!。

 未確定ですが、現行の金貨28枚を新金貨10枚へと交換っ。
 現行金貨は法によって所持も使用も禁止するとの
 見方が強まっていますっ。
 会わせてこの新金貨、交換比率を超えた数
 鋳造されるとの情報もあります。確認急がせますが……」
719 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:58:51.32 ID:Xzdt3noP
青年商人「……ふふっ」

職員「い、委員……?」

青年商人「なかなか気の利いた手ではあるのでしょうが。
 ……勝負をかけてきたのは認めます。

  新金貨は、現行金貨の2.8倍の価値を持つはずですが
 その価値、守れるでしょうかね。

  教皇ですか。それとも王かな。
 本当に、本当の自分の国を知っているんですか?
 知ることが出来るほど愛してるんですか?
 大地から麦を得ると言うこと、岩を切り出し、
 木炭を焼き、鉄を鍛え、パンを焼き、家畜を育てる。
 それらのことを、どこまで理解しているんでしょうね。

  我らは卑しい商人ですが
 卑しいからこそ、そのことを忘れた日はない。
 忘れれば、その炎はすぐさま我ら自身を焼き尽くすんですから。

  いまこそ云えますよ。
 “損得勘定こそ我らが共通の言葉”
 ――その意味するところは
 “誰もが、少しでも幸福になりたい”ということ。
 他者の幸福を認めると云うことだと」

青年商人「その一手で、民衆が幸せになれるのならば
 わが『同盟』の負け、と云うことですがね」
720 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/12(土) 18:59:58.70 ID:Xzdt3noP
辣腕会計「どうされます?」

青年商人「おそらく戦場は膠着します」
辣腕会計「はっ」

青年商人「“小麦引き渡し証書”なんてね……。
 早すぎたんですよ。こんな物に頼って溺れようだなんて。
 手元にない物を売るだなんて、自分で考えついて何ですがね。
 それは、信用を売買するのと同じ事」

辣腕会計「……」

青年商人「信用に応える力があるのか無いのか。
 連中、勘違いしてやしませんかね。
 王侯や貴族、領主に教会。そんなものに信用があるなどと。
 信用の源泉は大地。求められたものを生み出す事、
 それを相手に必ず渡すこと。取引を凍てつかせないこと。
 結局は大地からの収入が信用なのに。
 信用を奪うことは出来ても、増やすことが出来ない
 その農民を痛めつけるだけとは、商人とは云えませんね」

辣腕会計「彼らは、商人ではないんです」

青年商人「ええ。我らは商人の義を通しに行きましょう」
辣腕会計「はいっ」

青年商人「公女。冬の国へと行きます」
火竜公女「お供しましょう」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。