望遠鏡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

望遠鏡とは、作中で紅の学士(魔王)がもたらした器物の一つ。
2年目秋ごろ、魔王は村の狩人に望遠鏡を渡した。狩人の感想によると「使用するに便利、極めて快適」。精度は低いが固定観測でないなら帰っててごろらしい。
村の狩人は紅の学士に頼まれてこれで森番や地図測量を行った模様。

初出

1-5 1スレ822レス 2009/09/06(日) 02:18:24.98
魔王「おー。そうか、そうか。望遠鏡を渡したんだった」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。