4-1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」4-1


30 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 14:59:58.18 ID:I7KnzzEP
――冬越し村、屋敷の厨房

勇者「お。おお? こうか? こうか!?」

メイド姉「もっと優しくしてください、勇者様」

メイド妹「もんでぇ。お兄ちゃん。もっと揉んでー♪」


もみもみ

勇者「なんて、ちっとも嬉しくないな。実際」

メイド妹「さぼっちゃダメだよお兄ちゃん」

メイド姉「ミルクっぽくて良い香りです」

メイド妹「ふふーん。細かい挽きの小麦だもん」

勇者「小麦は、挽きがきめ細かいほど高いからなぁ。
 これ、随分高かったろ? いいのか、散財して」

メイド妹「でも、パイ生地にするには、細かい方がいいんだよ。
 馴れたら、色んな挽き方とか、大麦とか、蕎麦も試してみる」

勇者「ふーん。パイ、ねぇ」
31 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:01:18.44 ID:I7KnzzEP
メイド姉「妹? もう最初の分は焼けたかも」
メイド妹「うん♪ みてくる」

勇者「なんか結構面倒だなぁ。生地なんて普通、
 混ぜてお仕舞いじゃないのか?」

メイド姉「えーっと、パイの場合は この折りたたんで伸ばすという作業が重要みたいですよ」

勇者「そうなのか?」メイド姉「本によればそうですね」

メイド妹「わひゃお♪ うひゃひゃー♪」

勇者「なんて声出してるんだ、あいつ」
メイド姉「よっぽど嬉しいんでしょうね」くすくす

メイド妹「でーきたー! 完成~!!」

勇者「お、出来たのか?」
メイド姉「どう? 膨らんだ?」

メイド妹「すごーい! きれい! 金色でぴかぴか!!」
勇者「どれどれ? お。すごいな、確かにきれいだぞ」

メイド姉「本当ね。ひまわりみたいねっ」
33 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:03:34.58 ID:I7KnzzEP
メイド妹「はいっ! 食べてみて」
勇者「これは。熱っ、あちち」

メイド姉「布巾で持ってください、勇者様」

メイド妹「焼きたてだから、熱いよぉ?」

勇者「こいつは、ん! 馬鈴薯と、ベーコンか?」

メイド妹「うん、馬鈴薯とベーコンのパイなのっ♪」

勇者「うまいなぁ、これちょっとすごいぞ?
 なんつぅか、家庭の味なのにすごく贅沢で豪華というかっ」

メイド姉「美味しいわ。上出来よ、妹」

メイド妹「わーい♪ わーい♪」 くるくるっ

勇者「妹は才能あるなぁ。こいつはイけてるぜ?」
メイド姉「ええ、満点です」なでなで

メイド妹「えへへへ~」 にへらっ

勇者「もう1個良いか?」
メイド妹「もちろん!」
34 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:05:43.57 ID:I7KnzzEP
勇者「うまっ。うまっ」

メイド姉「これは、小麦のグレードを下げて
 原価をコントロールできれば名物料理になるかもしれないわね」

メイド妹「ほんと?」

勇者「ああ、まじだぜ。この具材の所は変えても良いんだろう?」

メイド妹「うん、鮭でも、キノコでも、羊でも良いと思うよ。
 あと、甘い味も合うんだって。プラムとか、洋なしのも
 考えてる~」

勇者「じゃぁ、酒場でも出したがるかもしれないな」
メイド姉「ええ、焼いておけば暖めるだけで出せますし」

メイド妹「ねぇねぇ、じゃぁ。わたし料理人になれるかなっ?」

勇者「はん? もう料理人だろう?」
メイド姉「ですね」 くすっ

メイド妹「やったー! わたし料理人だぁ♪」くるくるっ

勇者「何でそんなに嬉しいんだ?」
メイド姉「あの子は、食いしん坊ですしね」

メイド妹「えへへへ~。だってお仕事だよ?
 お仕事あれば、のーどに戻らないで済むんだよ。
 わたしこれから料理作って、もっと上手になって
 みんなに食べさせてあげるんだぁ♪」
35 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:07:48.34 ID:I7KnzzEP
勇者「そっか」
メイド姉「……」なでなで

メイド妹「ね、ね? 美味しい? 美味しい?」

勇者「美味しいぞ」
メイド姉「うん、美味しいよ」にこっ
メイド妹「いっぱいあるんだよ! いっぱい作ったから!」

勇者「そっか。妹は料理人かぁ。いいな、それ」にこり
メイド妹「うんっ」

勇者「で、お姉ちゃんの方は何になるんだ?」
メイド姉「え?」

勇者「いや、何になるのかな、と。――お嫁さんとかか?」
メイド姉「そんな。わたしなんてとても……」

メイド妹「おねーちゃんは、眼鏡になると良いよ♪」
メイド姉「もうっ、そんなこと云ってると叱られますよ?」
メイド妹「うー」


ドンドンドン!

勇者「あれれ? 誰だろう」


「夜分遅くに失礼! 誰かおられませぬかっ!?
   誰かご在宅ではございませぬかっ!?」 ドンドンドン!
39 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:25:08.13 ID:I7KnzzEP
――魔王城、最下層、冥府殿

オオオオン!
 オオオオオン!

メイド長「随分、魔素が濃くなっておりますね」

魔王「無理もない。二年近く放置していたからな」

メイド長「ええ……」

魔王「荒れておるな、魔王の魂どもめ」

メイド長「封印はいかがでしょう?」

魔王「うむ。ぎりぎりだが、どうにかなるようだ。
 わたしが中に入れば、ポテンシャルを
 内側に解放して沈静化するだろう」

メイド長「まおー様が心配です……」

魔王「こんな残留思念に乗っ取られるのは
 わたしだってごめんだ。
 150年の生のうちでも、
 これほど命を惜しむ気持ちになるのは初めてかもしれないな」

メイド長「……」

魔王「悪いことばかりでもない。ここに入れば
 それだけで戦闘能力が上がるからな」
40 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:28:10.09 ID:I7KnzzEP
メイド長「それは……。
 歴代魔王様達の能力全てが順次継承されてゆくのですから 戦闘能力は増大するでしょうが……」

魔王「故に、魔王は魔族最強なのだな。ふふっ。
 ……歴代魔王の中には日常からこの冥府殿を寝所として
 使用していた剛の者もいたと聞く」

メイド長「それで破壊本能にとりつかれた
 まおー様なんて見たくはありませんからね」

魔王「わたしだって見たくない。
 そういう筋肉で解決! 的な思考はスマートさに欠ける。
 醜悪だ。学究の徒として耐えられない」

メイド長「まおー様は学究の徒というより、
 夢をおいかける現実主義者のような方ですよ」

魔王「ま、とにかく」

メイド長「……」

魔王「地震が起きない程度には、
 この結界の内圧を下げてやらねばならん。よいな? メイド長」

メイド長「はっ」

魔王「もしここから出てきたわたしが、
 わたしでなかった時には……」

メイド長「一命に賭けて、その“魔王”。討たせていただきます」
44 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:46:45.94 ID:I7KnzzEP
――冬越し村、魔王の屋敷

冬寂王「……」
女騎士「……」

執事「そのような次第で、
 早馬に早馬をかさねまかり越した訳でして……」

勇者「……判った」

メイド姉「……」
メイド妹「おねぇちゃん……?」 ぎゅっ

冬寂王「しかし、学士殿が留守とは」

勇者「最低でも二月は帰らないと云う話だ」

執事「そうですか……。その知恵におすがりしたく
 思っていたのですが。居ないとなりますと」

女騎士「それにしても教会め。
 ……光の精霊様をなんだと思っているんだ。
 詭弁の種に使っているだけじゃないか」

冬寂王「……」
46 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:51:32.19 ID:I7KnzzEP
執事「しかし、聞けば幻術の指輪があるとか」

女騎士「爺さん。その先を口にすると両手に
 首を抱えることになるぞ」

執事「しかし、わたしが言わずに誰ば云います」きっ

勇者「……っ」

冬寂王「すまぬ……」

女騎士「……何故、このような試練を」

冬寂王「勇者よ。……いきさつは爺から聞いた。
 本来ならばあなたの生還を祝い国を挙げて
 祭りを催すべきなのだろうが……。
 その大恩ある勇者、そのお身内にまたしてもこのような
 災禍をふりまく事になってしまった。
 すべてこの冬寂王、冬の国、南部諸王国に力なき故のこと」

執事「若……」

冬寂王「すまぬ。我が不徳ゆえ、
 故無くこのような仕儀となってしまった。
 事は全て、我が南部諸王国が中央のくびきを脱しようと
 独歩の気風を育てようとしたことから始まったこと。
 詫びて詫びきれるものではない」
47 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:55:02.72 ID:I7KnzzEP
勇者「まぁ、その話は終わってるんだ。
 気にしないで欲しいな」

女騎士「……」

メイド姉「あの、わたし……わたしが……」

勇者「それは不許可だ」
メイド姉「だけどっ」

冬寂王「……勇者、しかし」

勇者「おい、王様。その先は口に出したら感電死だぞ。
 もしここにあいつが居たらそういうオチもあったかも
 しれないけれどな」


(なんだったら魔族に村を襲わせて……)

メイド姉「でも……」
メイド妹「お姉ちゃん~」ぎぅっ

勇者「だけど、その先は考えても、口に出したら
 王としては立ち行かないんじゃないかと思うぜ。
 それとも、その独歩の気風ってのは思いつきで云ってたのかよ」

冬寂王「……っ」
48 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 15:56:34.14 ID:I7KnzzEP
冬寂王「だがしかし、わたしには冬の国の国民全てを
 守る義務がある。そのためには……。そのためには……」

執事「……」

勇者「ま、その辺は俺の方で案配するよ」

女騎士「……勇者?」

勇者「メイド姉には迷惑掛けるが、捕まってくれ」
メイド姉「はい」

冬寂王「それは……」

勇者「で、冬の国を出て、適当なところで俺が助ける。
 なに、たかが異端審問の護送隊だろう?
 いても100人やそこらだ。たいした敵じゃない」

女騎士「だがしかし、それじゃあ!」

執事「……勇者すみませぬ。申し訳ございませぬ」

勇者「引き渡して、冬の国を出たあとならば、
 冬の国へのおと咎めはないだろう?
 責任は護送隊の方にあるはずさ。それで万事解決だ」
49 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:00:14.29 ID:I7KnzzEP
執事「勇者。……それでは、勇者はまた」

勇者「うん。まぁ……また姿をくらませなければならないけどな。
 しかたあるまいよ。教会に逆らうのは無理なんだろうし」

執事「また。この老愚は。
 勇者を一人に……。また勇者を一人で……」

勇者「あー。ならない、ならない。
 今回はこの姉妹も居るし、そのうち学士だって帰ってくる。
 女騎士だって爺さんだって王様だって、
 表だっては無理だろうが……また会ってくれるだろう?」

女騎士「論外だ、会うだなんて。わたしは共に行く」

勇者「それじゃ農民のや開拓民の支援を誰がやるんだよ」

女騎士「……それくらいっ、修道院の組織で出来るっ」

勇者「ま、そこのところが……。
 軌道に乗り始めてきた改革や新しい作物、色んな発明が
 全部無駄になっちまうのが痛いところだけどな。
 しかしまぁ、メイド姉を見殺しにしたところで、
 全部異端とか云って禁止されてしまうんだから同じ事だ。
 あいつには生ぬるいって云われるんだろうけど
 ……俺はやっぱり勇者だから、見捨てるなんて出来ないよ」
50 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:03:39.18 ID:I7KnzzEP
執事「また勇者一人に背負わせてしまうのですか……」

冬寂王「これも全て人界の醜さだというのに。
 我が身で済むことでさえあればっ」

勇者「落ち込むなよ。夜逃げには馴れてるんだ」

女騎士「では――この村ともお別れか」

メイド妹「おねーちゃん。この村から引っ越すの?」
メイド姉「……」

メイド妹「酒場のおいちゃんにパイ教えてあげちゃだめ?」
メイド姉「……」

冬寂王「……っ」

執事「若。若には、国を守る責務がおありです。
 背筋を伸ばしてくだされっ」

勇者「そうそう、笑っておこうぜ。空元気でもな!」

女騎士「勇者……。勇者であれば、聖王都の軍でさえ
 相手に回して戦うことも出来るのに……」

勇者「残念ながら、俺のオーナーがそう言うやり方は
 許してくれないんだよ。戦って勝つとか、倒して奪うとか。
 ……だからって、奪わせる気なんかないけどな」
56 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:29:49.75 ID:I7KnzzEP
――冬の国、名も知れぬ村

 なんだって? 学士様が?
 まさか、そんなわけがあるわけないべ!

 だって、教会の人が道ばたでそう怒鳴っていただよ。
 教会? 修道会じゃないのけぇ?

 うん、中央の教会から来たっていう、おっかない人だっただぁよ。
 まさかぁ。
 学士様が異端? そんなこと……。

 でも、そう言ってただよ。
 学士様がもってきた馬鈴薯は、悪魔の食べ物だって。

 だって馬鈴薯がなかったらどうするんだべ?
 学士様が居なかったら、うちの孫娘は死んでいたんだべや。

 何かの間違いに決まってるだぁよ。
 でも……学士様が連れて行かれたらどうすんだべ。
57 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:31:27.31 ID:I7KnzzEP
 ほーうい! ほーうい!!
 ほーうい!

 どうしたんだべか?
 そっただ慌てで、羊でも逃げちまっただかぁ?

 おい、森の中の道にっ。はぁっ、はぁっ!

 へ?

 森の中の道に、学士様をとらえるって
 檻と鎖を引きずった、おっかない兵隊さん達が進んでるだよっ!

 え? 本当けっ!?

 あれは、この国の兵隊じゃないべ、なしてだ?

 なして冬の国に、人間の国が攻めてくるんだべやっ?

 学士様を、学士様を出せって叫んでるべやぁ!

 それじゃ学士様が異端だってのは……。
 恐ろしい、なんてことだべや。精霊様、どうかお慈悲を!


ガシャン。ガシャーン。ガシャーン。

 ああ、聞こえてきた。どうなっちまうんだべ。
 せっかく暮らし向きも良くなってきたと思ったのに……。
 この国はどうなっちまうんだべ……。
63 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:43:44.52 ID:I7KnzzEP
――湾岸都市、商業区、大きな商業会館執務室

辣腕会計「……以上です」
青年商人「そう、ですか……」

辣腕会計「これはやはり」

青年商人「ええ、教皇選挙の結果でしょうね。
 今度の教皇は大陸中央、生粋の聖王国主義者です。
 おそらく、教会の威信の低下を察知したのでしょう。
 その回復のために、三回目の聖鍵遠征軍を企画して
 いるのですね」

辣腕会計「そのためには、内政を回復させつつある
 南部諸王国が邪魔である、と」

青年商人「そうです。
 このところの魔族の進軍の鈍化。
 いえ、鈍化というよりは空白ですね。
 その影響で、南部諸王国が経済的自立を強め
 結果、中央の発言力が低下している」

辣腕会計「中央が南部諸王国のとりまとめを
 させようとしていた白夜王は、敗戦責任を取り
 半ば以上失脚した形ですからね」

青年商人「ええ、その上、中央がノーマークだった
 冬寂王などという英傑まで現われて、
 人心を掌握しつつある。
 さらには謎の学士が様々な農業改革や
 機械開発を通して、南方の荒れ果てた地でも
 その人口を養えるだけの食料が生産されてしまった」
64 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:45:08.90 ID:I7KnzzEP
辣腕会計「食料は、中央が南部諸王国につけた
 いわば番犬の鎖でしたからね」

青年商人「……中央は、教会権力の権威を見せつけるために
 魔族との軍事行動において勝利を喧伝しなければなりませんが
 南部諸王国が国力をつけることは、望んでいない。
 そう言うことになりますね」

辣腕会計「はい……」

青年商人「……」

辣腕会計「委員、『同盟』としてはどうしますか?」

青年商人「現状では、身動きが取れませんね」

辣腕会計「……」

青年商人「目下すべきは別のことです。
 10人委員会の準備をしましょう。
 ……彼は居ますか?」


ガチャ

中年商人「おう、そろそろかと思ってたぜ」

貴族子弟「お邪魔します、青年商人さん」
67 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:48:09.53 ID:I7KnzzEP
青年商人「いえいえ、いつでも歓迎ですよ」にこにこ

貴族子弟「足がありませんでしたから、
 こちらこそありがたいですよ。
 ああ、そうだ。これ、氷雪女王からの代金です」

辣腕会計「それはわたしが受け取りましょう」 がさごそ

青年商人「女王はいかがお過ごしですか?」

貴族子弟「今回の件では心を痛めていますよ。
 だがしかし“三国通商同盟の盟主は冬寂王だ”と。
 それだけははっきりと申されました」

青年商人「そうですか」

中年商人「さぁて、俺はどこに行けば良いんだい?」

青年商人「中央へ。他の10人委員へと会ってきてください」
中年商人「この坊主は?」

青年商人「どうされます?」

貴族子弟「いやー。わたしは、氷雪宮にいても役立たず
 なんですよ。女王もね。丁度良いから各国をまわって
 お土産の饅頭でも配ってこい、なんて仰られて」

中年商人「良いのかよ、そんな暢気で」
70 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:50:25.45 ID:I7KnzzEP
貴族子弟「氷雪の国は別名、詩人のふるさと。
 吟遊詩人を多く輩出する芸術の発祥地ですからね。
 わたしみたいな穀潰しでも居心地が良いんです。
 ま、ダンスと口説き文句が冴えないと
 居心地悪くなってしまう国なんですけどね」

青年商人「では、決まりですね」
中年商人「ふむ」

青年商人「当面は静観です。決して天秤を揺らさぬよう。
 そして、静かに10人委員に接触を持ってください」

中年商人「こいつはどうするんだ?」

青年商人「ご本人の仰るとおり、船に乗せて
 行き先々でご挨拶させてあげればいいのではないですか?
 手を貸す必要はありませんよ。
 もちろん、あなたが紹介したい相手でも居れば、
 そうなさることに反対はありませんが」

貴族子弟「一つよろしくお願いします」にこにこ

中年商人「まったく、俺はガキの子守かよぉ」

貴族子弟「そこを何とか。美味しい酒あるんですからっ」


とっとっとっと、がちゃん。
71 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 16:52:17.21 ID:I7KnzzEP
辣腕会計「――さて」
青年商人「はい」

辣腕会計「10人委員会への接触は、任せるとして」

青年商人「彼ならば他の委員の旗色を伺ってくれるでしょう。
 教皇派がどれくらい居るのか、早急に把握したいですね」

辣腕会計「委員はどちらなのです?」

青年商人「どちらでもありませんよ。むしろどちらかに
 偏っていたら、きっとあの人に軽蔑されてしまう」

辣腕会計「わたしはどうしましょう」
青年商人「……ふむ」


ぺらっ

青年商人「資産調査をお願いします」

辣腕会計「は?」

青年商人「『同盟』各支部の動的財産の規模把握、
 および『同盟』参加商人に資産状況の把握です」

辣腕会計「資本……ですか?」

青年商人「ええ。聖鍵遠征軍が組織されるにせよ
 そうでないにせよ、次に吹く風は生半可ではありませんから」
74 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:00:46.59 ID:I7KnzzEP
――冬の国、王宮、控えの間


うわぁぁ、うわぁぁ

勇者「外はすごい群衆だ」
女騎士「ああ、魔王は農民たちに慕われていたからな」

メイド姉「はい」

勇者「横柄な態度の女なのにな」

女騎士「そうか? 修道院にやってくる
 開拓民や農奴の中には、魔王を本当の女神様だと
 思い込んでるやつだって沢山いるんだぞ?」

メイド姉「わたしと妹が村の道を歩いていると」

勇者「……?」

メイド姉「みなさん、笑って手を振ってくれるんです。
 笑顔で話しかけてくれるんですよ?
 この春はこんなに馬鈴薯が取れたって。
 この秋は小麦の育ちが良いって。
 それでベリーをくれたり、
 タマゴを持っていけって云ってくれたり。
 ウズラを届けてくれたり。
 あの屋敷で、村の人から貰ったものが
 食卓に並ばない日なんてありませんでした」

勇者「そうだったのか」

女騎士「……あの村らしいな」
75 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:01:41.49 ID:I7KnzzEP
メイド姉「みんな本当にいい人で、
 わたしや妹のことを可愛がってくれて。
 当主様の役にたってやってくれ、って。
 自分たちは本当にお世話になってるけれど
 色んなお手伝いは直接できないから、って。
 馬鈴薯をくれてありがとう、って。
 時には赤ちゃんを連れてきて
 小さな葉っぱみたいな手に触らせてくれるんです。
 賢くて優しくなるように、って。
 ただの農奴だったわたしにですよ?
 当主様に仕える、偉い人だからって」

勇者「……」

メイド姉「あの村は、良い村ですね。
 わたしたちが逃げ出した地主は、
 隣村で没落してしまったみたいですが。
 あの村では開拓民の方も、地主さんも、農奴の方も
 本当に一生懸命で。支え合って、健やかで。
 修道院で教えて貰った歌を夕暮れの畑で
 麦を刈りながら何時までも歌っているんです」

勇者「うん」

メイド姉「……お別れするのは、少し寂しいですね」

女騎士「なに、次の住まいでも、きっと良い出会いがある」
77 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:03:34.19 ID:I7KnzzEP
女騎士「王は、すでに向かったか?」

勇者「ああ、引き渡しは広場の中央という話だったな」

女騎士「見せしめにしたいのだろうさ」 ぎりっ

勇者「あれが……使者か」


うわぁぁ、うわぁぁ

女騎士「わたしも行かねばならぬな。
 湖畔修道会の長としてあの下卑た男の言葉を
 受ける必要があるのだ。汚らわしいが」

メイド姉「はい、あの」

女騎士「?」

メイド姉「いってらっしゃいませ」

女騎士「メイド姉。君だってわたしの友人だ。
 思い悩む必要なんて無いのだぞ」


カッカッカッ

勇者「……。よし、俺も移動する。無いとは思うが
 周辺の監視もしておきたい。平気か?」

メイド姉「はい」
78 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:05:29.02 ID:I7KnzzEP
勇者「大丈夫だよ。メイド姉はなにも怖がる必要も
 難しく考える必要もないんだ。二日以内にきっと
 助け出してやる。少しだけ辛抱してくれ。
 済まないな、こんな役を押しつけて
 この国や人々を守るのは、俺や女騎士や、王の仕事なのに」

メイド姉「はい……」じっ

勇者「どうした?」

メイド姉「いえ。……わたし」
勇者「ん?」

メイド姉「いえ、なんでもないんです」

勇者「……? では、行く。ずっと見ているからな」

メイド姉「はい」


カッカッカッ

メイド姉「……。……っ」

メイド姉「わたし……」

メイド姉「……」ぐすっ

メイド姉「何でこんなに、何も出来ないんだろう……」
80 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:13:27.99 ID:I7KnzzEP
――冥府殿、闇の奥底

オオオーン。
 オオオオオオーン。

魔王「こんな所……勇者には。みせ、られないな……」


殺せ! 殺せ! 人の全てを! ゲートを破壊せよ。
 全ての大地は我が魔族のもの。世界の全ては我が魔族のもの!

魔王「違うであろう。……お前が言っているのは
 “俺のもの”でしか……ないではないか」


そのどこがいけないっ。それのどこが悪いっ。
 実りは全て手を伸ばした者の獲物。
 剣を、鋼を持ち。
 奪ったものが全てを手に入れる。
 それが太古から続くただ一つの掟。絶対の法則ではないかっ!

魔王「芸のないことを。……太古から続く?
 新しい掟を作るだけの想像力……の……欠如をことさらに
 自慢をするなっ。何のために脳が……ついているのだ」


そのような脆弱な魔力で如何にこの世を統べる?
 どうあがこうがこの世は力。

魔王「力にも……色々種類……が……あるのだ」
81 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:15:05.98 ID:I7KnzzEP


結局は貴様とて雌ではないか。
 我が力、比類無き魔力、無敵の肉体、鉄をも引き裂く
 戦の力を求めてこのしとねに入ったのであろう?
 良かろう、くれてやる。我にその心を明け渡せっ。

魔王「馬鹿も休み休み云え。……わたしは……売約済みだ」


ふはははは!
 そうか、魔王。新しき魔王よ!
 好いた男でも出来たのか。まさに女だな。
 だがしかし、貴様が如何に愛そうと
 その愛ごとに勇者は粉々に引き裂くぞ?
 お前が魔王である限り、勇者がお前を討ちに来る!
 それを避けるために、
 お前は結局我が力を求めねばならんのだっ。

魔王「時代遅れの旧弊な老害め。
 殺すの、殺されるの。それだけかっ。
 その問題は……すでに解決しているわっ」


だがしかし、この闇にいる間、
 主導権は我にある。
 がはははは! 波に揺られる木の葉のような貴様が
 いつまで己を保てるかなっ。がはははは!

魔王「ごふぅっ……ああ……これは……
 流石に……げふっ、げふぅっ……」
82 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/10(木) 17:17:00.71 ID:I7KnzzEP


苦しかろう! 身を任せるが良い。
 我が力、大地を砕く無類の能力を与えてやろうっ。

魔王「ふふっ」


何がおかしいっ。新参の魔王よっ。

魔王「あはは……げふっ。げふっ、ごふっんっ。
 これじゃ、ゆうしゃに……見せられない……
 嫌われて……しまうなぁ……」

魔王「可愛くない……し、色気も……
 ないのに……。
 せめて……清潔に……してないと……」


何を余裕ぶった態度を! 冥府の波動を受け入れるが良い!
 魔王など、所詮は代々続く“器”にすぎぬのにっ。

魔王「……なら……“器”の残滓が……偉そうにほざくな
 ……ごふっ。げふんっ……内蔵が……よじれ……
 はは。
 知っておるか……?」


墜ちろっ! 墜ちろっ! 貴様に魂などないのだっ!

魔王「……ゆうしゃの、くろかみは
 ……もふもふ、なのだぞ?

 ああ、あったかい。
 いつまでも、触って……いたい……な……」
87 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:28:22.55 ID:I7KnzzEP
――冬の国、王宮前広場


ざわざわざわ、ざわざわざわ

執事「すごい人の数だな」
将官「ええ、付近の村からも人が詰めかけているようです」

執事「何も起きなければよいが……」
将官「警備を増やしましょう」

執事「そうしてくれ」


ざわざわざわ、ざわざわざわ


押すな、押すな。みろ、あの台の上か?
  あれが王か? いやよく見ろ、俺たちの王はあんな
  貧相じゃない。じゃぁ、使者とか云うやつか?


まさか本当に学士様が異端なのか? そんなことはないよな。
  学士様に限ってそんなことがあるはずが……


あ! 見ろ! 王が、王がお出ましになったぞ!

冬寂王「……諸君、大儀である」

使者「王よ。約束どおり、捕縛したのだろうな?」
89 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/10(木) 17:29:41.38 ID:I7KnzzEP
冬寂王「引き渡そう」すっ


ザッザッザ
治安兵士「……こちらへどうぞ」
メイド姉「……」


学士様! あれは学士様だよ! 間違いないっ!
  そうだ、俺の息子も、あの学士様に畑のことを教えて貰った。
  だぁよ。うちの豚だって学士様に見て貰っただぁ。


病気の姉ちゃんを見て貰ったのに……。学士様行っちゃうの?
  学士様が異端だって、そんな! 精霊様、お慈悲をっ!

使者「ふむふむ。うむ、間違いないな?
 替え玉を使おうとしても無駄だ。こちらには学士の
 顔を知っている人間だって用意しているのだからな。
 だがこれは間違いなく本人のようだ」

冬寂王「ご異存無いか?」

使者「如何にも。召し捕らえよっ!」

審問僧兵「はっ!」 ビシィ!
審問僧兵「抵抗するなっ!」 ドスンッ

メイド姉「……くふっ」
93 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/10(木) 17:32:26.91 ID:I7KnzzEP
冬寂王「……っ」めらっ

使者「さて、冬寂王、女騎士殿。
 教会はあなた方の協力を感謝しますよ。
 このような異端の女と関係性が無かったことが判り、
 これは両者にとって誠に重畳であると申せましょうな」

冬寂王「痛み入る」

女騎士「……ああ」

使者「ふっ。殊勝な態度ですな。それでよいのです。
 南部諸王国にとって中央との関係をこじらせ
 良いことなど一つもないのですからね。
 我らは魔族の驚異の前に、強固かつ永続的に
 手を組む必要があるのです。
 そうでしょう、王よ?」

冬寂王「……っ」ぎりっ

女騎士「……」

使者「ふっ」 くるっ

使者「捕縛士、その異端者を打ち据えよ。
 外套をはげっ! 手かせをはめて王都まで連行するぞ」

審問僧兵「はっ!」 ビシィ!
96 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/10(木) 17:35:04.28 ID:I7KnzzEP
執事(堪えてください、若。
 すまぬ、罪も無き少女よ……。
 このような責めをおわせた世よ、呪われてあれ……)

審問僧兵「這いつくばれっ。枷をっ!」

メイド姉「……」キッ

使者「これは反抗的な。まさに異端者の目。
 何か申し開きでも?
 精霊の教えに背く悪魔の使いが、ですが」


学士様……。学士様、嘘だよな? 異端だなんてそんな。
  あんなに皮膚が裂けて、血が流れて……。精霊様……。
  お姉ちゃんは何でぶたれてるの? わるいことしたの?  もうそんな。おら見てらんねぇだ。

メイド姉「わたしは……。
 わたしは、魂持つ者として皆さんに語らなければならない
 ことがあります」


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉「……わたしは。
 わたしは、農奴の子として生まれました」


学士様が!? そ、そうなのかやっ!?
  おらたちといっしょの農奴だって!?
99 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [saga]:2009/09/10(木) 17:38:03.42 ID:I7KnzzEP
メイド姉「農奴の生活は苦しいものです……。
 もちろん地域や地主、貴族などによって違うのでしょうが
 少なくともわたしが過ごした幼少期のそれは苦しいものでした。
 わたしは七人の兄弟姉妹の三番目として生まれました。
 ある兄は農作業中、腕を折り、
 そのまま衰弱して捨て置かれました。
 ある姉は、ある晩地主に招かれ、帰りませんでした」


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉「冬の良く晴れた朝、
 一番下の弟は、とうとう目を覚ましませんでした。
 疱瘡にかかった姉妹も居ます。わたしは何も出来ませんでした。
 生き残ったのは、わたしと二つ下の妹くらいのものです……。

  あるとき逃げ出したわたし達に転機が訪れ
 それは運命の輝きを持っていましたが
 わたしはずっと悩んでいました」

メイド姉「ずっと……」


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉「運命は暖かく、わたしに優しくしてくれました。
 あんなにも優しい言葉を聞いたのは初めてです。
 ――安心しろ、と。何とかしてやる、と」
103 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:42:06.78 ID:I7KnzzEP
メイド姉「しかし、みなさん。

 貴族の皆さんっ。兵士の皆さんっ。
 開拓民のみなさんっ。そして農奴の皆さんっ。

 わたしはそれを拒否しなければなりません。
 あんなに恩のある、優しくしてくれた手なのに。

 優しくしてくれたのに。
 優しくしてくれたからこそ。

 拒まねばなりませんっ」


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉「わたしは、“人間”だからですっ。

 わたしにはまだ自信がありません。この身体の中には
 卑しい農奴の血が流れているじゃないかと、
 そうあざ笑うわたしも確かに胸の内にいます。

  しかしだからこそ、だとしてもわたしは“人間”だと
 云いきらねばなりません。なぜなら自らをそう呼ぶことが
 “人間”である最初の条件だとわたしは思うからです」

メイド姉「夏の日差しに頬を照らされるとき
 目をつぶってもその恵みが判るように、
 胸の内側に暖かさを感じたことがありませんか?
 たわいのない優しさに幸せを感じることはありませんか?
 それは皆さんが、光の精霊の愛し子で、人間である証明です」
104 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:44:51.05 ID:I7KnzzEP
使者「い、異端めっ!」 ビシィッ!

メイド姉「異端かどうかなど、問題にもしていませんっ。

 わたしは人間として、冬越し村の恵みを受けたものとして
 仲間に話しかけているのですっ!!」 きっ

メイド姉「みなさんっ。
 望むこと、願うこと、考えること、働き続けることを
 止めては、いけませんっ。
 精霊様は……精霊様はその奇跡を持って人間に生命を
 あたえてくださり、その大地の恵みを持って財産を与えて
 くださり、その魂のかけらを持ってわたし達に自由を
 与えてくださいました」


自由――?

メイド姉「そうです。それはより善き行いをする自由。
 より善き者になろうとする自由です。
 精霊様は、まったき善として人間を作らずに、
 毎日、ちょっとずつがんばるという
 自由を与えてくださった。それが――喜びだから」

メイド姉「だから、楽だからと手放さないでくださいっ。
 精霊様のくださった贈り物は、

 たとえ王でも!
 たとえ教会であっても!

 犯すことのない神聖な一人一人の宝物なのですっ!」
108 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:47:57.60 ID:I7KnzzEP
使者「異端めっ! その口を閉じろっ」 ビシィッ!

メイド姉「閉じませんっ。
 わたしは“人間”ですっ。

 もうわたしはその宝物を捨てたりしないっ。
 もう虫には戻りませんっ。たとえその宝を持つのが辛く、
 苦しくても、あの冥い微睡みには戻りはしないっ。

 光があるからっ。
 優しくして貰ったからっ!」

使者「この異端の売女めに石を投げろ! 何をしているのだ。
 民草たちよ、この者のに石を投げ、その口を閉じさせよっ!
 石を投げない者は全て背教者だっ!!」


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉「投げようと思うなら投げなさいっ。
 この狭く冷たい世界の中で、家族を守り、自分を守るために
 石を投げることが必要なこともあるでしょう。
 わたしはそれを責めたりしないっ。
 むしろ同じ人間として誇りに思うっ。

 あなたが石を投げて救われる人がいるなら、
 救われた方が良いのですっ。
 その判断の自由もまた人間のもの。
 その人の心が流す血と同じだけの血をわたしは流しますっ」きっ

冬寂王「……っ」ぎりっ
111 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:50:17.69 ID:I7KnzzEP
メイド姉「しかし、他人に言われたからっ
 命令されたからと云う理由で石を投げるというのならばっ!
 その人は虫ですっ。
 己の意志を持たない、精霊様に与えられた大切な贈り物を
 他人に譲り渡して、考えることを止めた虫ですっ。

 それがどんなに安逸な道であっても、
 宝物を譲り渡した者は虫になるのですっ。

  わたしは虫を軽蔑しますっ。
 わたしは虫にはならないっ。
 わたしは“人間”だからっ」


こつん。
  こつんっ!
   ごつん、どつんっ! どんっ!

使者「止めよ! 石を投げるのはこの汚れた女にだっ!
 能のない農民風情がっ! 貴様らも、貴様らも全て背教徒だ!!
 何をしている冬寂王! この場にいる民衆全てを取り押さえよっ!
 捕縛士っ! もはや異端は明白だっ。
 その娘っ! 即刻首を切り落とせぇっ!」


あ、ああっ。学士様が。学士様の言葉がっ。


ざわざわざわ、ざわざわざわ

メイド姉(ごめんなさい。勇者様……。
 勇者様が任せておけって云ってくださったのに……。
 わたし、出来ませんでした。
 メイド長様。一度も呼べなかったけれど……
 先生って呼んでも、許してくれますか?)
117 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 17:58:47.27 ID:I7KnzzEP


ギィンッ!

冬寂王「それには及ばない」
女騎士「……」 びゅんっ! 「立てるか?」

メイド姉「あ……あ……」

使者「な、何をする気だ!? お前達っ」

冬寂王「わたしは、この国の王だっ!」
使者「っ!」

冬寂王「だがしかし、その前に一人の“人間”でもある。
 わたしは中央に繋がれた犬の国の王子として過ごしてきて、
 判っていたつもりであったが、いつの間にか心まで虫に
 なっていたようだ。
 ……このような娘に教えられるとは。
 己が不明を恥じるばかりだ。

 そして我が国の民の心に
 このような誇りが育っていようとはな」


冬寂王! 冬寂王! 冬寂王!
  王様、王様だ! それに姫騎士将軍だぁ!!!

女騎士「わたしは光の精霊のしもべの一人として、使者殿。
 そなたの立ち居振る舞いが恥ずかしい。
 そして中央の教会の為したことも、だ。
 精霊様は仰られた。“あなたは罪を治めなければならない”と。
 罪を犯す自由もまた人間に与えた上で……」
119 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 18:01:25.04 ID:I7KnzzEP
使者「な、何を言い始めるのだ、貴公達!?」

冬寂王「我が冬の国は、紅の学士に正式なる保護を与える」
女騎士「湖畔修道会は、紅の学士を聖人として認める」

使者「っ!?」


うわぁぁぁ!!!


王様が、王様が学士様をお守りくださった!
  やはり学士様は異端なんかじゃなかっただなや!
  修道会の人が言ってくれだな! 聖人さまって!
  そうだなや、学士様は。おら達の学士様は聖人さまだなや!


かえれ! かえれ! 使者は、国へ帰れっ!


こつんっ!
   ごつん、どつんっ! どんっ!

女騎士「お引き取り願おう、使者殿」

冬寂王「これもまた、お前達の目論見のうちなのであろうが……
 以降は別の形でお目にかかろう。今はお引き取りを」

使者「おっ! 覚えておれっ。この背教の国々めがっ!
 精霊の子たる中央協会に背いて、地上に存在できると
 思わぬ事だなっ!!」
166 :以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします [sage]:2009/09/10(木) 21:10:25.46 ID:I7KnzzEP
――冬の王宮、広間、対策会議

勇者「あー。まったくねっ!」 だむんっ!!

メイド姉「すみません……」

勇者「俺はもー。あいつに言われまくってたから
 丸く収めよう、丸く収めようとしてたのに、
 こんなんだったら
 上級炎熱地獄呪文でぱぁっと焼き馬鈴薯にでもだなぁ!?」


メイド妹「おなかへった」
  将官「何かお持ちしましょうか?」
  商人子弟「いいね。ポリッジでも」
  メイド妹「ぽりっじー!? あれ美味しくない」
  将官「では、クルミのパンなどあったはずですから」

冬寂王「面目ない」
女騎士「大丈夫だ、勇者。わたしがついているっ」

氷雪の女王「勇者殿、勇者殿。どうか気を静めて」鉄腕王「がははは。起きちまったことは仕方なかろう!」

勇者「大体なんだ、お前ら! おまえら自分の国
 どうこうしようって言う気があんのかこら!
 しかも何で王族増えてるんだよっ!」

鉄腕王「いや、事態が事態じゃからして。
 あの演説は聴いておったよ。呼ばれてたし」

氷雪の女王「あれは素晴らしいものでした。
 是非国民にも伝えなければ」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。