執事


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執事とは、この物語の主人公の一人である。ヒゲ。
「にょっほっほっほ」と笑いながら妖怪じみた動きをするが、これは森の中で密かに動くための 弓兵独特の穏行術だという。
もともと兵士をしていたが、勇者パーティーに加わり、弓で撃たれたように敵が倒れるという術の特徴から弓兵と呼ばれた。
勇者失踪後は、冬の国の宮廷で執事として冬寂王(冬の王子)に仕えた。
冬の国諜報部のトップでもある。国際情勢の調査から、戦時の地形図作製、斥候の指揮など、情報戦略で冬寂王を支援した。

初出

1-4 1スレ675レス 2009/09/05(土) 20:18:50.82
執事「なんでございましょう、若」

名言

2-4 2スレ823レス 2009/09/07(月) 23:40:26.18
 我々だって、月を目指して、歩くことが出来るのです!」 

別名


関係者


○面識のある人物
漁師 開拓民

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。