農奴


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

農奴とは、奴隷と異なり、私有財産の所持が認められる一方、職業選択や移動の自由はなく荘園で強制的に農作業に従事させられる身分である。
南部諸王国などの人界で一般的に存在する。
メイド姉メイド妹がそうであった。




農奴制(のうどせい、英: Serfdom)は、一般的に封建制のもとで行われる統治制度。農民は自身が耕す土地に拘束され、賦役、貢納といった義務を果たした。一人間としての彼らの人格が尊重されることは稀で、時には土地と共に売買、譲渡の対象となった。 中世ヨーロッパにおける荘園制度下、あるいは帝政ロシアで行われていたものを指すことが多い。 農奴の起源はローマ期における自由身分を失った農民層「コロナートゥス」だといわれる。

農奴制の基本的な関係
領主
王、貴族、教会、騎士
農奴
個別の家族、住居、耕具の所有は認められる
移動、職業選択の自由はない
農奴は賦役の義務や、領主、教会に対して税を払う義務があり、相互の身分間での移動はなかった。



初出

1-2 1スレ282レス 2009/09/04(金) 16:33:04.54
魔王「この者たちは、農奴なのだな」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。