商人子弟


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

商人子弟とは、本作の主要な人物の一人である。肥満体形。後の冬の国財務長。
商人の三男坊で、長兄は商会と金貸しを、次兄はニシン交易をしているらしい。

動向

子弟時代(1年目冬~3年目晩夏)

書籍版設定によると、長兄と次兄が仕事を継ぎ、三男の商人子弟には仕事がなかったため、体のいい厄介払いとして冬越しの村に送り込まれたらしい。
1年目冬より、冬越しの村村はずれの館にて、貴族子弟軍人子弟と共に、子弟時代を過ごした。
最初のころは嫌なことも断れない気弱な商人の息子という印象だった。。
魔王から経済学などの諸々の学問、勇者から剣術、2年目春から冬越しの村にやってきた修道士からは医術と農学、2年目春~3年目年始に勇者が黒騎士活動のため留守にしていた間に、女騎士から剣術、馬術、兵法を学んだ。
3年目晩夏の勇者による剣術指導のシーンには登場しないため、武術に関しては早々と脱落してしまったと思われる。

冬の国財務官時代(3年目晩夏~)

3年目晩夏、魔王より紹介状を持たされ冬の王宮に向かわされた。本人はその紹介により船を貸与してもらい商人として仕事ができるものと思っていたが、紹介状の内容は「育てるのには飽きた。あとは浴びるほど仕事を与えて現場でこき使ってやってくれ。 ――紅」であった。そのため、冬寂王は、商人子弟を冬の国の文官に登用。当時、極光島奪還による西回り航路の開通や三国通商協定の成立による移民申請・納税の増加などで処理すべき書類が飛躍的に増大していたが、専門の文官はこの国には存在していなかったため、これらの仕事をすべて押しつけられることになる。

初出

1-2 1スレ316レス 2009/09/04(金) 18:05:28.67
商人子弟「……えっとえっと」

関係者

○師匠


○村はずれの館の同居人
メイド長


○その他面識のある人物

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。