1-5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」1-5


730 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:08:18.18 ID:5kaffl9OP
魔王「そんなに褒められては何を話して良いのか、
 言葉を失ってしまいますな」

青年商人「いえいえ、学士様はその英知だけでなく
 美しさでも我らに光を与えてくれるようですよ」にこにこ

メイド長(商人のお世辞とはいえ、すごい威力ですね)

魔王「交渉を有利に進めようと思う女の浅知恵だ
 どうか笑って許して欲しい」

メイド長(おお。まおー様。気合いの入った防御ですねー)

青年商人「いえいえ。……あのような羅針盤を送られては
 駆けつけないわけには参りませんよ」

魔王「それにしては一月もの時間がかかったのは?」

青年商人「ははは。これはお恥ずかしい。
 私のような駆け出しの商人が、『同盟』において
 今回のような大規模な案件をこなすにあたっては
 様々に根回しが必要でして」

辣腕会計「お待たせして申し訳ありません」
732 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:14:09.35 ID:5kaffl9OP
魔王「さて、では交渉に入りたいと思うのだが
 まずはこれを見て欲しい」

青年商人「これは……?」
辣腕会計「穀物ですか? 見たことはありませんが」

魔王「これは玉蜀黍という植物だ」
青年商人「ほほう」
辣腕会計「玉蜀黍、ですか」

魔王「この食物の特性については、
 こちらの書類にまとめてある。
 これはお持ち帰りいただいて結構だ。
 いまとりあえず、この場では口頭にて説明させて
 いただこう」

青年商人「窺いましょう、学士様」

魔王「この玉蜀黍は一年草でな。最大の特性は水が
 少なくとも順調な生育が望めることだ。むしろ水が多い
 場合は生育に悪影響がある。もちろん最低限の水分は
 必要だがな。発芽の温度として30度が必要となる」

青年商人「30度、ですか」
辣腕会計「かなり高い温度ですね」
734 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:19:17.89 ID:5kaffl9OP
魔王「ああ、そうだ。小麦とはまったく栽培の思考を
 切り替える必要がある」
青年商人「ふむ」

魔王「つまり、この玉蜀黍は、いままで植物の耕作に
 適さないとされていた大陸中央部の荒れ地に
 ふさわしい作物なのだ」

青年商人「……」

魔王「食用として利用する場合は、完全に完熟させて
 乾燥させた粒を製粉してパンのようにすることも出来るし、
 饅頭のようにすることも出来よう。
 この粉には香ばしくてわずかな甘みがある。
 乾燥させることにより、貯蔵、保管にも優れている。
 畜産のための飼料としては、
 大麦やカブの数倍の効率が見込める」

魔王「また、食用外への利用も幅広い。
 油分の多いこの食物は、油を取り出すことが可能だ」

青年商人「……油ですか」
辣腕会計「……」

魔王「うむ。玉蜀黍馬車一台あたり、ビン二本ほどだがな。
 しかも、この油は製粉するのと同時にとることが出来る。
 つまり、両方取れると云うことだ。
 油は食用に用いることはもちろん、様々な用途で使えよう」
736 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:25:56.13 ID:5kaffl9OP
青年商人「たしかに……。油の需要は年々増える
 傾向があります。『同盟』でもとりあつかっていますが」

魔王「商人どの、これは新しい商売の形だと考えて欲しい」

青年商人「……」

魔王「確かに巨大な資本が必要だ。
 その資本をもちいて、いまは全く役に立っていない荒野に
 人を送り、バックアップすることにより開拓を行なう。
 玉蜀黍を栽培するための開拓村だ。
 まったく開拓されていない場所は確かに開拓に
 手間も資本もかかろうが、その分、計画的に物事を
 行なうことが可能だ。整地して区画整理を行なった
 農地での大規模栽培は、現在中央大陸の各所で見られる
 ような小さな農地でモザイクになってしまったような
 農場による農業より遙かに集約的な体制での
 栽培を可能にするだろう」

魔王「しかも、そこで新しくできた開拓村は
 完全に『同盟』の影響下にある巨大な市場になるだろう。
 玉蜀黍以外の作物を始め、木材や塩、鉄、布、
 ありとあらゆる消費物を購入する新しい顧客となる」

青年商人「……」
739 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:31:01.22 ID:5kaffl9OP
青年商人「それは、つまり……」
辣腕会計「……」

青年商人「商品でも、栽培方法でもなく
 『同盟』に、新しい『概念』を売る、と?」

魔王「そうだ」

青年商人「判ります。私には。
 ……いまの話を聞きましたから、その価値が判ります。
 貴女の言葉は……。
 この中央大陸の都市の全てより……。
 いや、既知世界の全てよりも金になる」

魔王「あははは。良い顔だな」
青年商人「はい?」

魔王「女におべんちゃらを言っておる時より数段良い」

青年商人「そうですか? まぁ、しかし。
 いまの話を聞いては真面目にならざるを得ませんよ。
 しかし良いのですか?」

魔王「なにがだ?」
741 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:35:38.45 ID:5kaffl9OP
青年商人「いまの言葉、そして送っていただいた羅針盤。
 すべて『考え方』を基本にしたものです。
 技術でも品物でもない。
 つまり、複製できない物ではない」

魔王「そうだな」

青年商人「私たちがそれらを複製して、貴方とは無関係に
 計画を進めるとは考えないのですか? 貴方の利益は?
 貴方の権利をどうやって守るつもりなのですか?」

魔王「それについては諦めておる」

青年商人「はい?」

魔王「技術も品物も素晴らしい。利益も結構。
 私もお金はあれば欲しい。
 研究したいことがたくさんあるからな。
 しかし、単一技術や独占可能な品物では、
 この世界に与える影響は限定されざるを得ない。
 必要なのは転換と突破だ」

辣腕会計「それは神学的な話でしょうか?
 複雑すぎて、判らないのですが」

青年商人「……」
742 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:39:04.44 ID:5kaffl9OP
魔王「そちらの商人の方は判っているようだ」
青年商人「……」

魔王「どうした?」 青年商人「だとすれば……貴女は……」

魔王「……」

青年商人「選ぶ必要が、あると?」

魔王「選びに来たのだろう?
 交渉という言葉の意味はそれだと心得ている」

青年商人「しかし、それは。貴女は何を望んでいるんですか?」

魔王「戦争の早期終結」
青年商人「……」

魔王「しかも、その形は勝利でも敗北でもない
 形態でなければならない」

青年商人「……それは」

魔王「『同盟』が魔族との大戦における、中央大陸最大の
 スポンサーだと云うことは心得ている」
744 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:43:56.82 ID:5kaffl9OP
青年商人「魔族は人類の敵です。魔族との戦いに
 人類陣営の一翼である我らが全てをなげうって
 協力するのは至極当たり前のことではありませんか」

魔王「それは公的な見解であろう」
青年商人「正式見解です」

魔王「高きと低きを、北と南を、炎と氷を、
 相容れない光と影を仲介し、妥協し、取引することで
 利益を上げるのがお主ら商人ではないか?」

青年商人「あ、貴女は……」

魔王「なんだろう?」

青年商人「『同盟』の味方ですか、敵ですか?」

魔王「取引相手だ」

青年商人「……っ」

メイド長(まおー様~っ! がんばって!)
749 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:51:37.42 ID:5kaffl9OP
青年商人「私は二つの道のあいだで悩んでいます」ぎりっ
魔王「なにを?」

青年商人「人間として、貴女の先ほどの発言は
 裏切り行為です。教会の方針においても異端だ。
 私は貴女をこの場で断罪し、告発すべきかもしれない」

メイド長(まおー様、まおー様っ。森の中に
 黒装束に黒塗りの剣を持った傭兵団がっ)
魔王(控えておれっ)

魔王「敵と味方の2分割では、
 この世界はあまりにも惨めに過ぎよう」

辣腕会計「……部隊の配置が」
青年商人「良い。……試されてるんだね、僕らは」

魔王「……」

青年商人「この先もあると?」

魔王「もちろんだ。大陸中央部の乾燥地帯において
 水車の代わりに利用できる『風車』というものも
 開発してある。森林資源を消費してしまうが
 羊皮紙に変わる新しい筆記資材もめどは立った」

青年商人「貴女は何を見ているんですか?」
753 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 22:57:23.24 ID:5kaffl9OP
魔王「私は学者だが、専門は経済学でな」

青年商人「経済……?」

魔王「耳慣れぬ言葉だろうな。
 物と金の流れ、利益と損害、
 魂持つものが生み出す社会において
 たゆまず流れる交流の歴史と未来がその専門だ」

青年商人「利益と損害、ですか」

魔王「そうだ、商人殿。
 商人殿とおなじものを見ているだけだよ」

青年商人「それをもって、人類全てを裏切れと?
 この戦争を終結させようとする
 貴女の見る夢がどのような色をしているか
 判らないわたしではないっ」

魔王「信じている」

青年商人「わたしの。……『同盟』の。
 我ら人間の、何を信じると言うのです?」

魔王「損得勘定は我らの共通の言葉であることを。
 それはこの天と地の間で二番目に強い絆だ」
756 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 23:00:56.56 ID:5kaffl9OP
青年商人「あはははははは!」
辣腕会計「……商人っ」

青年商人「いや、いいんだ。
 そうだ。まさにその通りだ!
 人間である前に商人たれ。
 教会の敬虔な信徒である前に商人たれ。
 まさに『同盟』の訓辞通りじゃないかっ」

辣腕会計「それは……」

魔王「わたしは純粋な契約主義者なのだ」

青年商人「奇遇ですね、わたしもなんですよ。
 作りましょう。我らが未来を照らす光となる
 契約書を」

辣腕会計「……それでは」
青年商人「ああ、退かせてかまわない」

魔王「冷や汗が吹き出る思いであったよ。商人殿」

青年商人「いやはや。本場の東方商人と渡り合っても、
 これほどの緊張感を味わった事はありません。
 貴女が学士であり、商人でなくて本当に良かった」
758 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 23:07:17.43 ID:5kaffl9OP
魔王「私は無力で腰抜けの存在だよ」

青年商人「いえいえ、王侯貴族だってあそこまでの
 迫力はなかなかにある物じゃない」

メイド長(あったり前ですよ。まおー様は
 これでも王族なんですからねっ!)

青年商人「それにしても……二番目に強い絆、ね」
魔王「……」

青年商人「玉蜀黍の件はいつうごけます?」
魔王「すまないが、いくつかの実験と、苗の
 栽培を残している。動けて次の春から、だろう」

青年商人「充分に早いでしょう。私もこの計画を
 聞いたからには『同盟』内部での地盤を
 固めなくてはならない。
 この巨大利益です、動かすことはたやすいが
 コントロールが聞いてこその権力ですからね」

魔王「あの羅針盤が役に立ってくれれば良いな」
青年商人「せいぜい、利用させていただきましょう」
760 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 23:12:13.90 ID:5kaffl9OP
――冬越しの村、村はずれの館、玄関

メイド長「日も傾いております、お気をつけを」
魔王「近くに隊商をまたせてあるのだろう?」

青年商人「“隊商”ね。ははは」
魔王「それがお互いのためだとしよう。わたしも
 警戒はしていた。お互い様だ」

青年商人「まったく、今日は驚きの連続だ」
魔王「心臓に悪い」

青年商人「そうそう。……二番目に強い、と
 おっしゃいましたね。一番はなんなのです?」

魔王「知れておる。愛情だ」

辣腕会計「――それは」
青年商人「あははははは。ああ! すごい!
 素晴らしいな。一日に二回も、こんな気持ちに
 させられるとはっ!」

魔王「子供でも知っておることだ」

青年商人「たしかに! 私はあなたに言いました。
 二つの道で迷っていると。  あなたを殺すことはすっかり諦めましたからね。
 これはもう……求婚するしかありません」
765 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/05(土) 23:16:11.13 ID:5kaffl9OP
魔王「そ、そ、そ、それはなんだっ!?」

青年商人「なんだって。結婚の申し込みですよ」

魔王「なんて軽率なことを言うんだ。恥を知れ!」

青年商人「おやおや。貴女があまりにも明晰な
 思考をなさるんで、世間並みのたしなみを
 忘れてしまっていました。
 たしかに。持参金も贈り物も無しに求婚するなんて
 先走りすぎましたね」

魔王「わ、わ、わたしには、その」

青年商人「いえいえ。
 このようなことは腰をすえて取り組むタイプですからね。
 粘り強さは決断力とともに商人の重要な武器なのです」

魔王「いやっ。いくら時間をかけられてもそんな事はっ」

青年商人「では、またお会いしましょう!
 次は都か、船の上か。契約は急ぎお届けします。
 愛しの君よ。……そう呼ぶのはかまいませんかね?」

魔王「だ、ダメダメだーっ!!」
810 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:03:26.96 ID:Lbanm5QNP
――冬越しの村、村はずれの館、小さな部屋

メイド妹「~♪ ~♪」
メイド姉「ご機嫌だね」

メイド妹「うんっ。みがくの楽しいねー」
メイド姉「そうね。こんなにあったかくて、
 きちんとした仕事があって。幸せね」


きゅっきゅっ

メイド妹「そうだよねー。去年の秋は、毎日、
 夜が来るのがこわかったもんねっ」

メイド姉「うん」

メイド妹「あたしねー。今度は、せーれー様の本で
 勉強するんだよー」

メイド姉「そうなの? がんばってるね」

メイド妹「おねーちゃんもやった?」
メイド姉「やったわよ、結構難しい単語があるわよ?」
817 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:10:38.23 ID:Lbanm5QNP
メイド妹「大丈夫だよぉ。
 ちゃんとした言葉を覚えるとモテモ? えっと……」
メイド姉「『殿方に好意を持っていただける』でしょ?」

メイド妹「うん、そうそう。それ!
 眼鏡のおねーさんがいってた」

メイド姉「メイド長様は、面倒見が良いから」/

メイド妹「怖いよ? すぐ怒るよ」

メイド姉「怒ってないよ。叱っているだけ。
 本当はとっても優しい人だよ?」

メイド妹「そうかなぁ? お尻叩かれたとき、
 ひりひりして椅子に座れなくなったもん」

メイド姉「拾い食いなんかするからです」

メイド妹「昔はおねーちゃんもやってたくせに」
メイド姉「ご飯ちゃんと食べさせてもらってるでしょ?」

メイド妹「うんっ」
メイド姉「じゃ、恥ずかしいことは、しないの」
820 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:14:40.19 ID:Lbanm5QNP
メイド妹「おねーちゃんは、年越し祭はどうするの?」
メイド姉「どうするって?」

メイド妹「村の真ん中で、踊るらしいよ?」
メイド姉「だれが?」

メイド妹「村の男の子と、女の子、たくさん」
メイド姉「私は良いわ」

メイド妹「そーなの?」
メイド姉「メイドの仕事があるもの」

メイド妹「でも、踊って来ていいって、
 眼鏡のおねーさんがいってたよ?」
メイド姉「そう……」

メイド妹「当主のお姉ちゃんも、元気ないね。
 勇者のおにいちゃん、帰ってくればいいのにね」
メイド姉「そうね。――そうだ」
メイド妹「?」

メイド姉「年越しの祭には、何かプレゼントを用意
 しましょうね。館のみんなに」
メイド妹「そうだねっ!」
822 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:18:24.98 ID:Lbanm5QNP
――冬越しの村、村はずれの館、当主の部屋

魔王「えー『試験場の数を増やしたく思う。
 追加の人員の手配をお願いしたい。
 対価は西方貨幣で支払う用意あり』と」

メイド長「……」さらさら

魔王「これは蜜蝋で封をしてくれ」
メイド長「かしこまりました」

魔王「んー。これは?」

メイド長「狩人さんからの手紙ですよ」

魔王「おー。そうか、そうか。望遠鏡を渡したんだった」
メイド長「ええ」

魔王「なになに。使用するに便利、極めて快適か」
メイド長「役立っているようですね」

魔王「精度が低いかと思ったが、固定観測でないなら
 かえって手ごろのようだな」
メイド長「はい」

魔王「よし、では返信だ。『素早い報告、うれしく思う。
 森番の仕事、大変かと思うが、当家では付近の地図測量に
 興味あり。相談したきことがあるので、一度ご来訪願う』
 これで、よしっと」
823 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:23:28.21 ID:Lbanm5QNP
メイド長「こちらもお願いします」
魔王「これは、うん。修道会からの報告か」

メイド長「あらあら、まぁまぁ」
魔王「馬鈴薯の収穫は順調に増加しているらしいな」
メイド長「そのようですね」

魔王「だが、土壌実験によれば
 そろそろ栄養枯渇の兆候が出るはずだ。
 そうなると抵抗力が低下して虫害が出やすくなる」
メイド長「ふむ……」

魔王「この件では修道会へ、再度警告が必要だな」
メイド長「お手紙にしますか?」

魔王「いや、次行ったときでよかろう。
 覚え書きに追加しておいてくれ」

メイド長「かしこまりました」さらさら

魔王「どうだ『紙』は」
メイド長「羊皮紙よりずっと書きやすいですね」

魔王「早いところ量産体制を整えないとな」
メイド長「作るのは簡単ですけれど、
 たくさん作るとなるとまた別問題ですからね……」
826 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:27:54.45 ID:Lbanm5QNP
魔王「うわ、なんだこの束は!?」

メイド長「そちらの束は、『同盟』からですよ。
 納品書、請求書、支払い所、明細書……」

魔王「あー。銅、鏡、ガラス、海砂?
 それに胡椒に、絹に、釘なんていうものもあるな」

メイド長「みんなまおー様が購入リストに入れたんですよ」

魔王「判っておる。
 ちょっと思い出せなかっただけだ。
 必要としているのは誰か判っているか?」

メイド長「それはまぁ、帳簿につけてありますが」

魔王「んー。しっちゃかめっちゃかだな、これは」
メイド長「まさかここまで仕事量が増えるとは」

魔王「しかたない。メイド姉にやらせよう」
メイド長「彼女にですか?」

魔王「無理か?」
828 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:31:42.53 ID:Lbanm5QNP
メイド長「……いえ」
魔王「……」

メイド長「大丈夫です。彼女なら出来ます」

魔王「そうか」 にこっ
 「では、この書類整理は、今日からあやつの仕事だ」

メイド長「悪のメイド軍団が結成できそうな勢いですね」

魔王「どうかしたのか?」

メイド長「いえいえなんでも。……そうだ、
 お茶でも入れましょうか? 丁度、聖王都から
 オレンジの香りの葉がとどいたんですよ」

魔王「うむ、疲れた」
メイド長「でしょう」

魔王「私は疲れたのだぞ」
メイド長「そんなにつっぷして。どうしたんですか?」

魔王「むー」
830 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:34:56.75 ID:Lbanm5QNP
メイド長「膨れているんですか?」

魔王「もう秋だぞ」

メイド長「そうですねぇ、実りの季節です。
 栗がおいしいですねぇ。今年のベーコンも出来が良いようで」

魔王「秋なのに」
メイド長「はい?」

魔王「半年も音沙汰無しだぞ」
メイド長「あらあら、まぁまぁ」

魔王「ちょっと応えにくい会話だとすぐその決め台詞で
 流そうとするのは止めにしたらどうだ」

メイド長「これはメイドの特殊技能なんです」

魔王「連絡くらいくれても良いではないかっ!!」
メイド長「来てるじゃないですか」

魔王「そんなもの、妖精族を助けただの、
 鬼腕族を討伐しただの、そんなことばかりではないか」
833 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:39:54.63 ID:Lbanm5QNP
メイド長「無事で、活躍されているんですよ」

魔王「勇者なのだぞ。こうしている間にもあっさり
 美人が自慢の村娘とか……
 いや、歌姫族のハーピーあたりと
 いちゃいちゃしているかもしれんではないかっ!?」

メイド長「そうですか? 勇者様は童貞ですからね。
 童貞って言うのは変なところで義理堅くて夢見がち
 ですから、きっと大丈夫ですよ」

魔王「ちっとも安心できんではないかっ」

メイド長「そんなにいらいらしていると、
 眉間のしわが取れなくなってしまいますよ?」

魔王「ううう、そんなことになったら勇者に噛みついてやる」

メイド長「さぁさ。談話室の暖炉が暖められています。
 今日はこのあたりにして、甘い紅茶をおいれしますから。  そちらの方でお待ちになっていてください」

魔王「しかしな」

メイド長「これ以上書類と根をつめていては
 それこそお身体を悪くしてしまいますよ?」
837 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:45:30.54 ID:Lbanm5QNP
魔王「むぅ。判った。お茶を頼む」

メイド長「かしこまりました。まおー様♪」


がちゃん。
 とっとっとっ……

メイド長「なーんて。……魔王様はおっしゃってますが?」
勇者「うわ、ばればれですね」

メイド長「メイドの勘です」
勇者「毎回ばれてるなぁ」

メイド長「今回のお手紙は?」
勇者「ここで書いていきます」

メイド長「では、こちらにもお茶をお持ちしましょう」
勇者「すんません」

メイド長「いえいえ。メイドの仕事ですから」

勇者「さってと、インク壷と~羊皮紙あっかな
 これでいーか」
840 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:50:51.46 ID:Lbanm5QNP
――冬越しの村、村はずれの館、当主の部屋

ガチャリ

メイド長「おじゃまします。いかがですか?」

勇者「あ、報告は書き終えました」

メイド長「そうですか。……こちらはお茶と
 簡単な夜食になります。今回は馬鈴薯が
 ことのほかよく出来ておりますよ。
 これはクリームで甘く煮たものなのですが」

勇者「旨そうっすねー」

メイド長「……」

勇者「わ、熱っ。んまっ! 今回はぁ火竜族と
 なんとか手打ちで、でもそのためには『開門都市』
 をなんとか奪還しなきゃならなくてですね」

メイド長「……勇者様」

勇者「ん?」

メイド長「やはり今回も?」
843 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 02:53:59.28 ID:Lbanm5QNP
勇者「あー。うん」
メイド長「魔王様を避けてますよね?」

勇者「うー」

メイド長「避けてらっしゃいますよね?」
勇者「うー、うん」

メイド長「……使用人の分際で差し出がましいかと思い
 今まで訊ねずに参りましたが、埒が明きません。
 魔王様には内緒にしておきますから
 何か問題があるのなら相談くださいませ」

勇者「うん……」

メイド長「煮えきらない態度ですね。
 あれですか。酒場の鳥娘に言い寄られたり
 半透明のスライム娘に告白されたり
 爆乳自慢の牛娘に婿宣言されたりしたんですか?」

勇者「うがっ!」

メイド長「どうなんですか?」

勇者「そのう、そういうのがないとは言いませんが」
850 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 03:01:16.21 ID:Lbanm5QNP
メイド長「大体転移呪文があるのなら  毎日は無理でも、毎週程度には帰ってこられますよね?」

勇者「うん」

メイド長「魔王様がそれに気が付かないくらい
 お間抜けで今回は助かっていますが……」

勇者「うん……」
メイド長「どういうことなのですか?」

勇者「いや、その。さ」
メイド長「はい?」

勇者「……魔王が、あんまりにも俺に頼らないから」
メイド長「……」

勇者「最初にさ、あの魔王の間で『我のものになれ』
 なんていわれてさ『まだ見ぬもの』なんていわれたからさ」
メイド長「……」

勇者「てっきり、勇者の力で、魔族の反乱分子を
 粛清してさ、たとえばゲートを閉じちゃったりして
 そうやって戦争を終わらせると思ってたんだよ」
853 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 03:05:27.68 ID:Lbanm5QNP
勇者「そういう意味で、勇者の力が欲しいのだと」
メイド長「……」

勇者「なのに、あいつ、俺の戦闘能力は当てにしないでさ、
 それどころか、戦わないように戦わないようにしてさ」
メイド長「はい」

勇者「なんかまるで俺のことが大事みたいに
 ……好きみたいにさ。するから」

メイド長「……」

勇者「だって所有契約だろう?
 俺はあいつのものだしあいつは俺のものだ。
 気に入らなかったら命をとられてもいいんだ。
 そういう契約じゃないか」

メイド長「そうですね」

勇者「それなのにさー。あいつさ。挙動不審だし
 言い訳も説明も過剰だし、おっかなびっくりだしさ」

メイド長「……」

勇者「……上手く言葉にならねぇや」
854 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 03:08:45.40 ID:Lbanm5QNP
メイド長「魔王様は、勇者様のことを――」

勇者「判ってるんだ。
 そこまで馬鹿じゃない。
 相手の好意が信じられないから、
 自分の好意を与えられないだなんて
 そんな腰抜けの言い訳じみたことを言うつもりはないんだ」

メイド長「では、なぜ?」

勇者「だって、俺、死んじゃうしさ」

メイド長「……」

勇者「今回のことがどう転ぼうがどう成功しようが
 それでも俺は人間だから、魔王よりも先に死んじゃうしさ」

メイド長「それはっ」

勇者「そんな俺が魔王と想いを重ねるって
 それはなんだかすげぇ不実な気もするんだよ」

メイド長「そんなことはありません」

勇者「そうかなぁ」
856 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 03:12:06.98 ID:Lbanm5QNP
勇者「そりゃ、まぁ。本当かもしれないよ?
 終わりがない関係はないけれど
 終わるために出会うわけじゃないからさ」

メイド長「……」

勇者「でも、なんだかなぁ」

勇者「俺、最後のときに、魔王の困ったような
 泣きそうな顔ばっかり思い出す気がするんだよ」

メイド長「そんな」

勇者「これもびびってるっていうのかなぁ。
 でも、魔王がそういう顔すると思うとつらい。
 勇者って言うのはさ、
 もしかしたら幸せになっちゃいけない職業なのかも
 しれないって。そう思うんだよ」

メイド長「……」

勇者「今の俺は、あんまり勇者って感じじゃないなっ!」
857 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/06(日) 03:15:40.56 ID:Lbanm5QNP
メイド長「メイド如きに口を挟める問題でも
 ないのでしょうが、一つだけ」

勇者「うん」

メイド長「勇者様は、魔王様のもの。
 勇者様のすべては魔王様の、我が主の所有物」

勇者「ああ、そうだ」

メイド長「そのことをお忘れなきよう」

勇者「うん」

メイド長「だとすれば、
 勇者様の感じるためらいも思いやりも、
 押し殺している願いや
 憧れるような希望も、
 触れたいという祈りも。
 言葉にならない、魔王様への気持ちさえ。
 それらもすべて魔王様のもの」

勇者「……」

メイド長「それをお忘れなきように」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。