冬越しの村


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冬越しの村とは、冬の国の西のはずれの一村落であり、魔王勇者の世界改革の拠点となった場所である。
首長は村長
典型的な冬の国の貧しい寒村だったが、魔王の改革により、輪作馬鈴薯栽培がおこなわれ豊かな食料を生み出した。
魔王らによって育てられた、貴族子弟軍人子弟商人子弟メイド姉メイド妹など優秀な人材を輩出し、彼らは各方面で活躍した。


冬越しの村の産業

狩猟採集

熊や猪がでる。ウサギもとれる。
沢でクレソンが採集できる。

農業


輪作 2年目春より開始。
馬鈴薯栽培 2年目初夏に最初の収穫。2年目夏に2度目の収穫

畜産

南部諸王国一般で行われている養豚。冬になると飼える分だけ残し、飼えない分は肉に加工していた。
2年目春よりはじまった輪作により、冬季飼料のカブが確保できたため、2年目冬にはベーコンに加工するなどしても、普段の3倍の豚を残せるようになった。

名物


商業

3年目早春には、酒場が2つになりずいぶん大きくなったらしい。

宗教

1年目冬に魔王湖畔修道会女騎士に農法指導のため修道院建設を誘致。
2年目夏ごろ、湖畔修道会修道院が完成した。

行事

毎年年末の冬に年越祭をする。村の真ん中で男女が踊りあったり、プレゼントを贈ったりする。

人口

2年目春に湖畔修道会の人々が来てから増加傾向。
2年目冬ごろには、湖畔修道会で、開拓民に対して種芋を配布する紹介状を贈る活動が始まったので、中央諸国からの第二次極光島攻略作戦の志願兵の家族を中心に開拓民が増加したものと思われる。

冬越しの村の人物


冬越しの村の地名


初出

1-1 1スレ133レス2009/09/03(木) 23:39:08.74
――冬越しの村

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。