輪作


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輪作とは、農地を四分割し、四年周期で小麦、カブ、大麦、クローバーの栽培をおこなう農法である。別名四輪作三圃式農業と比べると、休閑地がないため生産性が高い。さらにクローバーを夏季の家畜飼料、カブを冬季の家畜飼料に用いることで牧畜も栄える。
魔王三圃式農業が行われていた冬越しの村にもたらした農法。湖畔修道会の助力により南部諸王国各地に伝播した。

現実世界では輪栽式農業ノーフォーク農法の名前で知られる。


輪栽式農業(りんさいしきのうぎょう)とは、18世紀から19世紀にかけて西ヨーロッパで導入された耕作方式の一つ。イギリスではノーフォーク農法の名で知られる。

特徴
圃場を一つにして、小麦などの「冬穀」→カブ・てんさいなどの「根葉類」→大麦・ライ麦などの「夏穀」→クローバーなどの地力を回復する性質を持つ牧草と、ローテーションを組んで耕作するのが特徴。それ以前の三圃式農業に比べ、穀類の作付は減少するが、根葉類やマメ科植物の作付が増加する。特にカブなどの栽培を導入したことにより、飼料不足が解決され、冬季の家畜飼育が可能となった。その結果、家畜の堆肥と牧草による地力回復により、休耕地を廃することが可能となった。輪栽式農業導入により食料生産が増加し、西ヨーロッパでは人口革命と呼ばれる、人口の急速な増加が始まる。


初出

1-1 1スレ38レス 2009/09/03(木) 18:00:13.15
魔王「そんな世界で、『大戦争による死者』が居なく
 なったらどうなる? 長い戦争で剣を振るう以外に
 生きる術を知らない何十万人もの人間が中央大陸に
 あふれるんだ。彼らは生きているから食料を必要とする。
 人間は増えるぞ? ――でも、食料はそこまで増えない。
 この世界にはまだ輪作の概念すらないんだ」

別名


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。