3-3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」3-3


554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 22:33:13.07 ID:CkBATQ0gP
女騎士 すっ
勇者「な、なんだよっ」

女騎士「いや、髪の毛を確かめているだけだ。
 額環は、碧色が良いな。きっと似合う」

勇者「そかな」

女騎士「うん。わたしは切らないが、
 それくらいなら許してくれるだろう?」

勇者「うーん。切った方が絶対早いんだけどな」

勇者「……」
女騎士「……」

女騎士「なぁ、勇者」
勇者「ん?」

女騎士「勇者は、魔王の物なんだろう?」
勇者「え。あ。……うん。そうだ。所有契約だ」

女騎士「そうか……」
勇者「まぁ、いろいろあったんだよ。そこに至るには」
557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 22:38:06.50 ID:CkBATQ0gP
女騎士「魔王は勇者の物なのか?」
勇者「うん、まぁ。成り行き上、一応」

女騎士「じゃ、魔王がもし酷いことになったら保護しないとな」

勇者「そりゃするよ。でも俺は勇者だろう?
 たいていのやつが困ってたら保護するんだぜ?」

女騎士「ああ、それはよく判ってるよ」

勇者「なんだかなぁ、心臓にストレスがキリキリと」

女騎士「そうなのか?」

勇者「そうなんだ。俺の勘は根拠はないけど良く当たる」

女騎士「勘じゃなくて、もうちょっと空気を
 読む能力を身につけてくれると周囲が助かるんだがな」

勇者「なんだ、それは?」

女騎士「いや、気にしないでくれ。こっちの愚痴だ」
559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 22:43:34.04 ID:CkBATQ0gP
女騎士「でも、やっぱり一方的なのは悔しいな」
勇者「?」

女騎士「わたしも勇者に何かあげたいのだ」

勇者「額環くれるんだろう? もてもての」

女騎士「うん、貰ってくれるか?」

勇者「もちもち。もてもてアイテムか~。
 女騎士に貰えるものなら何でも貰うぜ?」

女騎士「そうか。……そう言ってくれると嬉しい」にこり

勇者「大げさだな-。女騎士らしくもない」

女騎士「勇者」


ザッ

勇者「なんだよ、女騎士っ」
女騎士「黙って立ってろ」

勇者「何でいきなり跪くんだ?」
562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 22:51:36.08 ID:CkBATQ0gP
女騎士「我は……
 湖畔の国に精霊の恩寵を受け、生を賜りし光のしもべ。
 勇者と共に旅をした長きにわたるこの剣を
 女騎士の全てと共に勇者に捧げる」

勇者「……」

女騎士「我が剣、我が力、我が身体。
 我が魂からの忠節と純潔は、勇者のもの。
 勇者こそ我が魂の主人にして、我が希望の宿り主」

勇者「まてよ、女騎士っ」

女騎士「またない。勇者、この剣は勇者のもの」

勇者「立てって」

女騎士「立たない。勇者が貰ってくれるまで、動かない」

勇者「なに子供みたいな事言ってるんだよ」

女騎士「子供になって勇者に貰って貰えるならかまわない」
570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 22:58:46.33 ID:CkBATQ0gP
女騎士「勇者が魔王の持ち物なのは、判った。
 仕方ない。……わたしが、遅かった」

勇者「……」

女騎士「魔王はすごい。魔王は賢くて、懐が広くて
 夢があって、ずぅっと遠くを見てる」

勇者「……」

女騎士「だから、わたしは勇者のことを欲しがったりはしない。
 それは魔王のものだから、仕方ないと云えば、仕方ない。
 もちろんその……魔王がいらなかったり隙があれば
 遠慮なんかするつもりはないけれど」

女騎士「でも、だからといって、わたしはわたしのものだ。
 せめて、わたしを勇者にあげたいんだ。
 騎士に生まれて、今まで剣を捧げてこなかったわたしは、
 騎士にしたって半端者だった。
 剣を捧げるなら、勇者が良い。
 始めに勇者に剣を捧げて、以後、主を変えない。
 わたしは、そんな騎士でいたい」

勇者「……良いのかよ、こんなので。
 こんな思いつきみたいな場所で。
 そ、それってすげー大事な事じゃないのかよ」
574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:03:59.22 ID:CkBATQ0gP
女騎士「どこだって、何時だって同じ事だ。
 わたしだって何かがしたいんだ。
 勇者たちが未来へ出掛けるなら、
 わたしの居場所だってその近くに欲しい。
 もう……  もう、おいて行かれるのはいやだ」

勇者「……悪かった」

女騎士「剣を取って、我が主。大丈夫、わたしはあなたに叛かない」

勇者「……」こくり


すっ

女騎士「よし。……反対にして、返して」

勇者「うん」


びゅんっ! びゅんびゅんびゅっ!! しゃきんっ!

女騎士「これで、わたしの剣は勇者のものだ。
 わたしの身も心も、勇者に捧げたって訳だ。
 うん、なんだかそこはかとなく充実感があるなっ!」
579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:11:22.35 ID:CkBATQ0gP
勇者 ぞくっ
女騎士「どうした? 勇者」

勇者「いや、なんか寒気がした。あのさ、あのさ。女騎士」
女騎士「ん?」

勇者「その、返品とかって出来るのか? 契約解除とか」
女騎士「出来ると思うのか」にこり

勇者「……」

女騎士「大丈夫だ。その悪寒の件はわたしが対処する。
 わたしたちは親友になったんだ」

勇者(親友~!?)

女騎士「ちゃんと正面から話せば判ってくれるはずだ」

勇者(ちょ、なんでそう力勝負ばっかりっ!)

女騎士「勇者のことは、わたしが守るッ」
勇者「いや、まじほんと」

女騎士「ん?」
勇者「俺から云いますんで、一つ勘弁して」
593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:20:30.64 ID:CkBATQ0gP
――冬越しの村、湖畔修道院

修道士「たっ! 大変だ!」
修道士「どうしたっていうんだっ!?」

修道士「大変だ、恐ろしいことが起きたっ。
 も、もうだめかもしれないっ!!」

修道士「水を飲め、説明するんだ」

修道士「それどころじゃないっ。修道院長は?
 女騎士様を呼べ、いや、探せっ! 一刻を争う!
 早く女騎士様を捜すんだ!!」

――湾岸都市、商業区、大きな商業会館執務室

辣腕会計士「急報です、委員っ!」
青年商人「何ですか、慌ただしい」

辣腕会計士「一大事です。こ、これを……っ
 とにかく、この報告書を……」


ガサリ

青年商人「……まっ、まさかっ!? 選挙の影響なのか。
 迂闊、迂闊だった。この展開を見落とすとはってて。
 ――確認を、至急確認の船を出してくださいっ!!」
598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:25:50.51 ID:CkBATQ0gP
――冬の国、冬の宮殿、謁見の間


ガタンッ!

冬寂王「なんだとっ!?」

使者「お聞こえになりませんでしたかな?
 ではもう一度繰り返させて頂きます」

冬寂王「……」ぎりぎり

使者「冬の国にて学者を開きし『紅の学士』を名乗りしもの
 彼のものについては、以下のような疑惑有り。
 ひとつ。彼のものが湖畔修道会を利用して、罪なき
 農民に広めている馬鈴薯なる作物は、魔族によって
 栽培される悪魔の実である。
 ひとつ。彼のものが進める農法、指導および肥料の
 方法は精霊の教えたもうたものにあらず。そこには
 邪なる異界の関与が認めらるる。
 ひとつ。彼のものがその学校で教えている学問の数々。
 これらは教会の権威をないがしろにし、侮蔑するものである。
 ひとつ。聖王都の神学院は、彼のものが名乗るような
 『紅の学士』なるものを輩出した記録はない。

   告発と以上のような疑惑に基づき、
 『紅の学士』なるものは異端であると疑いが十分である。
 即刻身柄を引き渡すべし。
               中央聖光教会 異端審問司教。

 ――この通り、署名もそろっております」
604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:30:02.52 ID:CkBATQ0gP
冬寂王「そ、それは……間違いないのか、使者殿」

使者「言葉を控えた方がよろしかろう! 冬寂王どの。
 それが真実かどうかは、異端審問の場で審議が為されること。
 もっとも光の精霊の教えを受けたる司教どのが
 千に一つ、万に一つも過つことがないことなど
 敬虔なる信徒である冬寂王ももちろんお解りだろうが」

冬寂王「……」

執事「こ、このような……」

使者「もちろん聡明なる司教殿は、こうも仰せられた。
 おそらく冬の国、および湖畔修道会は、この異端の学士の
 奸計に巻き込まれた、いわば被害者であろうと」

冬寂王「っ!」 ぎりっ

執事「……」

冬寂王(……中央の妬心か。それほどまでにっ。
 それほどまでに南部諸王国が首輪から外れるのを
 嫌われるのかっ。聖王国よっ、聖教会よっ!
 南部諸王国が貧しさを脱し、自らの意志を持つことを
 そこまで憎まれるかっ。このような手まで使って
 足止めを狙うほどにっ)
606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/09/09(水) 23:33:46.85 ID:CkBATQ0gP
使者「ご返答は如何に、冬寂王」

冬寂王「……」
執事「……」

使者「この世界において、教会に逆らうと云うことの意味は
 わかっているでしょうな? 若き王よ。
 信仰は光、教会は世界。それに背くと云うことは、
 背教の輩、すなわち人類全てを敵に回すと云うことですぞ」

冬寂王「……く」

使者「大主教は、『破門』と云う言葉は口に出されませんでした。
 ただ、“同じ信徒として異端に与するものが居たことは
 非常に悲しい”とだけおっしゃった。
 そのご厚情を無にするおつもりか、冬寂王っ」

冬寂王「そ、それは……」
執事「若……」

冬寂王「使者殿の、お言葉……痛み……いる……」
使者「では?」

冬寂王「軍を……出そう。しかし、冬越し村は、遠い。
 時間を頂くことに……なる」

使者「よいでしょう。ただしお気をつけて、冬寂王。
 もし、紅の学士を取り逃がすことなどあらば
 あなたもこの国も湖畔教会も、背教のそしりを
 免れないでしょうからなっ!」



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。