《魔法妖精 エリート・クラレット》

魔法妖精(マジックエルフ) エリート・クラレット》

効果モンスター
レベル6/闇属性/魔法使い族/攻撃力2000/守備力1400
相手プレイヤーの手札の枚数が0枚の時、このカードの攻撃力は元々の攻撃力の倍になる。

漫画版5D’s第2巻で登場した闇属性・魔法使い族の上級モンスター。相手の手札が0枚の時、攻撃力を上げる効果を持つ。

サポートの豊富な闇属性であり、また魔法使い族でもあるため出すこと自体は難しくない。
だが、肝心の効果については、相手の手札を能動的に0にする必要があるため狙うのは難しい。むしろ、場に維持することによって、相手に手札を使い切らせることを躊躇わせ、プレッシャーをかけるために出すことになるだろう。

新マスタールールの環境下であれば、必然的に手札からの展開が主となる【ペンデュラム召喚】に強いと言える。
しかし、特に耐性を持っているわけではなく、《奈落の落とし穴》にも引っかかるため、現在の環境に食い込めるかは微妙なところ。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版5D’s第2巻の「アキVSシェリー」戦にてシェリーが使用。《名称抹消》と《目殺》のコンボでハンデスコンボを仕掛けたシェリーが、詰めの一手として《魔法妖精 バーガンディ》をリリースしてアドバンス召喚した。
自身の効果で攻撃力4000となりアキを追い詰めたが、最終的には自身の効果で攻撃力4800となった《魔天使ローズ・ソーサラー》に戦闘破壊された。