《魔法を打ち消す結界》

魔法(まほう)()()結界(けっかい)

永続魔法
このカードが表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーから見た相手の永続魔法カードの効果を無効にする。

決闘王国編で登場した永続魔法カード。相手の永続魔法の効果を無効にする効果を持つ。

  • 原作・アニメにおいて―
決闘王国編の「闇遊戯VSペガサス」戦においてペガサスが使用。原作では永続魔法だった《マジカル・シルクハット》に隠れた《ブラック・マジシャン》を攻撃しようとしたが、読心能力を人格を交代する「マインド・シャッフル」でかわされ業を煮やしたペガサスが、ドローしたこのカードを発動した。
《マジカル・シルクハット》を無効にし、姿を現した《ブラック・マジシャン》を《トゥーン・デーモン》で攻撃したが、《魔法効果の矢》(原作効果)でこのカードのコントロールを奪われた結果《トゥーン・ワールド》の効果が無効となり、《聖なるバリア -ミラーフォース-》で跳ね返された攻撃でトゥーンモンスターが全滅する結果となった。

ペガサスのターンの続きで闇のゲームが始まった際にはフィールドに存在していなかった。