《究極封印解放儀式術》

究極封印解放儀式術(きゅうきょくふういんかいほうぎしきじゅつ)

通常魔法 
手札・墓地に「封印されし」と名のつくカードが5枚存在する時のみ発動する事ができる。 
墓地に存在する「封印されし」と名のつくカードを全てデッキに戻す。 
その後、手札から「封印されし」と名のつくカードを2枚まで墓地に送り、 
デッキ・手札から「究極封印神エクゾディオス」1体を特殊召喚する 。 
このカードが墓地に存在し自分フィールド上に「究極封印神エクゾディオス」が 存在する限り、
「究極封印神エクゾディオス」以外の効果で「封印されし」と名のつくカードが
墓地に送られる場合、そのカードをデッキに戻す。 

  • 原作・アニメにおいて-
アニメGXの「エドvsアモン」「ヨハン(ユベル)vsアモン」両戦においてアモンが使用。
「エドvsアモン」戦では、エドはアモンの戦術を見破った事で《フォース・オブ・フォー》を発動し手札にエクゾディアパーツを揃えるのを妨害した。
しかし、アモンはエドの《フォース・オブ・フォー》を引き金としてこのカードを発動した。
「ヨハン(ユベル)vsアモン」では前回と同様の戦術で手札のエクゾディアパーツを揃うが、《手札断殺》の効果で捨てられたために発動した。