《幻魔の扉》

幻魔(げんま)(とびら)

通常魔法
相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
その後、このターン召喚、特殊召喚されたモンスターを
自分及び相手の手札、デッキ、墓地から選択し
召喚条件、蘇生制限を無視して自分フィールド上に特殊召喚する。
このカードを発動したプレイヤーがデュエルに敗北した場合、
マッチ戦も敗北扱いとする。


  • 原作・アニメにおいて―
アニメGXの「丸藤亮vsカミューラ」および「十代vsカミューラ」両戦においてカミューラが使用
「丸藤亮vsカミューラ」戦では、亮の場のモンスターを全て破壊されたが、
闇のデュエルにより、カミューラは幻魔の魂に預けられる役目を翔が選ばれてしまった。
「十代vsカミューラ」戦では、十代の場の《E・HERO テンペスター》を破壊されたが、
十代が持つ2つの闇のアイテムが一つになったことで、カミューラ自身が幻魔に魂を預ける事となった。
実際のテキストでは墓地からの特殊召喚のみであったが
実際は一度でもデュエル中に召喚されたモンスターであれば
全ての条件を無視して特殊召喚出来る様である。
発動条件は幻魔に魂を預ける事であり、敗北すれば魂は戻ってこない。