《敵襲警報-イエローアラート-》

敵襲警報(てきしゅうけいほう)-イエローアラート-》

通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
手札からモンスターカードを1枚選択して自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはバトルフェイズ終了時に手札に戻る。

遊☆戯☆王R第1巻で登場した通常罠。相手モンスターの攻撃宣言時、手札のモンスター1体を特殊召喚し、バトルフェイズ終了時に手札に戻す効果を持つ。

召喚制限は無視できないため特殊召喚モンスターは基本的に呼ぶことは出来ないが、特殊召喚成功時の誘発効果を持つ霊神や《ヒーロー・キッズ》などと組み合わせることが考えられる。そうでなくとも表示形式に制限はないため、戦闘破壊耐性持ちを守備表示で呼べばそのターンの攻撃はほぼ確実にしのぐことが出来る。

なお、特殊召喚したモンスターが除去された場合は当然手札には戻らない。

  • 原作・アニメにおいて――
遊☆戯☆王R第1巻において、「闇遊戯VSカーク」にてカーク・ディクソンが使用。《ブラック・マジシャン・ガール》の攻撃に対して発動、手札から《パワードキャタピラー》を特殊召喚して返り討ちを狙った(作中の当時のルールではバトルステップの巻き戻しは存在せず、モンスターがバトル中に特殊召喚された場合そちらに対象が変更される)が、《六芒星の呪縛》で《パワードキャタピラー》が攻撃不能となり失敗した。

第5巻での「闇遊戯VS夜行(2回目)」では夜行が使用。《冥府の使者カイエン》の直接攻撃に対して発動、《小天使テルス》を召喚して攻撃をしのいだ。しかし、夜行の狙いはテルスが破壊され墓地に送られた時に特殊召喚される「テルスの羽トークン」にあり……。