《奇跡のマジック・ゲート》

奇跡(きせき)のマジック・ゲート》

通常魔法
自分フィールド上に魔法使い族モンスターが
2体以上表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択してコントロールを得る。

  • 原作・アニメにおいて―
劇場版遊戯王 超融合!時空(とき)を超えた絆で、「闇遊戯・十代・遊星vsパラドックス」戦において闇遊戯が使用。
このカードの演出でパラドックスは場の《Sin パラドクス・ドラゴン》のコントロールを奪われると思い《Sin Force》を発動した。
しかし闇遊戯の狙いは《スターダスト・ドラゴン》を奪い返す事であり、これによりパラドックスの《スターダスト・ドラゴン》(黒のカード)は消滅した。
このカードの効果でコントロールを得た《スターダスト・ドラゴン》は闇遊戯たちの場に移り、元々の所有者である遊星のカードが元に戻った事で、シンクロ召喚をせずにエクストラデッキからそのまま出された。
(※遊戯王カードゲームのルール上、コントロールを得たカードは相手が所有するカードなので、同じカードを置き換えるような行為は不可能である)