《エレメンタル・ミラージュ》

《エレメンタル・ミラージュ》

通常罠
自分フィールド上の「E・HERO」と名のついたモンスターが
相手のカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
このターンに破壊され墓地へ送られた「E・HERO」と名のついたモンスターを
召喚条件を無視して全て自分フィールド上に特殊召喚する。

《デステニー・ミラージュ》 のE・HERO版。
こちらだけOCG化されていないのは、本来蘇生できないE・HERO融合体が大きなウェイトを占めてることに起因していると思われる。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメGXにおける「十代・エドvs美寿知」「十代vsオブライエン」において十代が使用。
前者では「フィールド上に戻す(=特殊召喚ではないので、融合召喚以外で特殊召喚できないE・HEROでも関係ない)」効果であったが、
後者において「召喚条件を無視して特殊召喚する」とエラッタされている。
OCG化されていないカードがアニメ内でエラッタされるのは非常に珍しい事例である。
劇場版遊戯王~超融合!時空(とき)を超えた絆~における「闇遊戯・十代・遊星vsパラドックス」において十代が使用。
《Sin Crow Stream》の効果で《E・HERO ネオス・ナイト》が破壊された時に発動した。