《シンクロ・バトン》

《シンクロ・バトン》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体を選択して発動する。
選択したシンクロモンスター1体の攻撃力は、自分の墓地に存在する
シンクロモンスターの数×600ポイントアップする。

アニメ5D’s序盤~ダークシグナー編「オレたちの未来へ!」で登場した通常罠カード。自分フィールド上のシンクロモンスター1体の攻撃力を、自分の墓地のシンクロモンスター1体につき600ポイントアップさせる効果を持つ。

上げ幅は600ポイントと大きめで、しかも永続であるため有用性は高い。
しかし、効果を最大限に活用するにはシンクロモンスターを墓地に置いておく必要があり、そのためのシンクロ召喚の手間を考えると、1800以上の強化は現実的ではない。

さらに効果対象はシンクロモンスターに限られるため、召喚するまでの過程で確実にシンクロモンスターが複数墓地に並ぶ、いわゆる「アクセルシンクロモンスター」を使うならば実用圏内と言える。

イラストには《氷結界の龍 グングニール》と《氷結界の龍 ブリューナク》が《氷結界の虎王 ドゥローレン》に力を与えている様子が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D’sの「遊星&ジャック&クロウvsゴドウィン」戦において遊星が使用。
《セイヴァー・スター・ドラゴン》を対象に発動し、チーム戦であったため三人全員の墓地を参照、遊星の墓地の《スターダスト・ドラゴン》《ジャンク・アーチャー》、ジャックの墓地の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》、クロウの墓地の《BF-アーマード・ウイング》の4体分、2400ポイントの攻撃力を加算した。