《ハーフ・ストレート》

《ハーフ・ストレート》

通常罠
自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターの元々の攻撃力はエンドフェイズまで半分になる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスターの中で
攻撃力が一番高いモンスターの攻撃力より選択したモンスターの攻撃力が低い場合、
選択したモンスターはこのターン相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

遊☆戯☆王5D’sの序盤~ダークシグナー編にて登場した通常罠。
自分のモンスターの攻撃力を半減させ、条件付きで直接攻撃の権利を付与する効果を持つ。

相手フィールドにモンスターがいる必要はあるものの、攻撃力を半減させる効果の都合上ダイレクトアタックはほぼ確実に可能となる。
また、コンバットトリックによる攻撃力の増加は可能であるが、半減させるのは「元々の攻撃力」であるため、装備魔法や永続魔法などで上昇していた場合不発に終わることもある。

単純にダイレクトアタック目当てで使うよりは、攻撃力を半分にできるという部分を利用して《奈落の落とし穴》を回避する、《魔法の筒》に引っかかった場合にダメージを減らす、《ガリトラップ-ピクシーの輪》と合わせてロックするなど、コンバットトリックに使用することも考慮したい。

  • 原作・アニメにおいて―――
「遊星&ジャック&クロウVSゴドウィン」戦にてジャックが使用。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を対象に発動して攻撃力を半減させ、ダイレクトアタックを狙ったが、《太陽竜インティ》(アニメ効果)が自身のモンスター効果により攻撃力を0としたことで不発に終わった。
この結果、すでに攻撃宣言を完了していた《レッド・デーモンズ・ドラゴン》は《太陽竜インティ》との戦闘を強制され、その効果により破壊された(これを阻止しようと遊星が《強制終了》を発動したが、ジャックは地縛神の攻撃を警戒し効果を適用しなかった)。