《Sp-パワー・バトン》

Sp(スピードスペル)-パワー・バトン》

通常魔法
自分用スピードカウンターが6つ以上ある場合に発動する事ができる。
自分のデッキからモンスターカード1枚を選択して墓地へ送る。
自分フィールド上に存在するモンスター1体の攻撃力は、ダメージステップ時に
このカードの効果で墓地へ送ったモンスター1体の攻撃力分アップする。
次の自分のターン、ドローする事ができない。


モンスター1体を墓地に送り、その攻撃力だけモンスターの攻撃力を上げるスピードスペル。

1つ目の効果は《おろかな埋葬》と全く同じ効果。なのでなかなか強い。さらにそのモンスターの攻撃力分自分のモンスターの攻撃力を
上げられるのでむしろ《おろかな埋葬》より強力かもしれない。
【インフェルニティ】ならばデメリットも気にならず、《インフェルニティ・デストロイヤー》を墓地に送れば攻撃力が2300ポイントアップする。

さらには効果が発動するのはダメージステップ時なので発動時に自分の場にモンスターがいる必要もない。また、墓地に送ったモンスターが
除外されてしまったとしても効果を発動する事ができる。なので少し違和感を感じるかもしれないが上級モンスターを墓地に送り、その
モンスターを蘇生させても、そのモンスターの攻撃力分だけそのモンスターの攻撃力がアップ、つまり攻撃力が2倍になるのだ。

デメリットとして、次のターンのドローフェイズ時にドローができなくなってしまうが、前述したように、【インフェルニティ】ならば
デメリットもさほど気にならない。その他のデッキではもちろんデメリットになりうる。なのでこのカードを発動したターンに
できる限り攻める必要がある。

発動するにはスピードカウンターが6つ以上なので少し厳しいが《おろかな埋葬》の代わりとしてデッキに入れてもいいだろう。


  • 原作・アニメにおいて-
「遊星vs鬼柳(1戦目)」において鬼柳が使用。
《インフェルニティ・デストロイヤー》を墓地に送って《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》の攻撃力を2300ポイントアップさせた。

「ジャックvs吉蔵」においては吉蔵の手札に確認できる。
《スピード・ワールド2》の効果を発動する際にこのカードを見せた。