《Sp-シフト・ダウン》

Sp(スピードスペル)-シフト・ダウン》

通常魔法
自分用スピードカウンターを6つ取り除いて発動する。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


ドロー強化用のスピードスペル。

効果そのものは《Sp-アクセル・ドロー》と同じだが、発動条件が異なる。
こちらの方は、スピードカウンターが6個以上なら発動できるというもの。
それに対し、《Sp-アクセル・ドロー》は自分だけが12個でなければならないというもの。

発動条件的に言えば、明らかにこちらの方がラクだが、その後のデュエルの展開を考えると、一概にこちらの方が
強力とは言い切れない。特に《スピードワールド2》を使ってデュエルをしている場合、《スピードワールド2》における
強力なバーン効果が最高1回しか使えなくなる。さらにはドロー効果も使えず、破壊効果はもっての他。

《Sp-アクセル・ドロー》はスピードカウンターが減らない利点があるのだ。そのため引いたカードがスピードスペル2枚だった
場合、《スピードワールド2》の効果で最低でも800×2×3で4800ポイントのダメージを与えられることもある。

しかし発動条件のことを考えると、前述したように一概にどちらが強いかとは言えない。

スピードカウンターを多量に獲得しやすいと思うデッキならば《Sp-アクセル・ドロー》を入れればいいし、単なるドロー強化目的で
入れるのならばこのカードを入れたほうがいいだろう。

  • 原作・アニメにおいて-
「遊星vs炎城ムクロ」において遊星が使用。《ニトロ・シンクロン》と《エンジェル・リフト》をドローした。
2枚ドローする効果にも関わらず、使われたのは《ニトロ・シンクロン》のみであった。

だが、このカードの効果でスピードカウンターを落としたことが、勝敗を分ける事となった。