《Sp-アクセル・ドロー》

Sp(スピードスペル)-アクセル・ドロー》

通常魔法
自分用スピードカウンターが12個ある場合で、
相手用スピードカウンターが12個でない場合に発動する事ができる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

ドロー強化用のスピードスペル。

発動条件が厳しいが、その効果は《強欲な壺》に匹敵するので強力。逆転をもたらすカードにもなりえるだろう。

しかし、自分だけがスピードカウンターが12である必要があるため、普通にスピードカウンターを溜めていくのでは
お互いにスピードカウンターが12となり、発動できない。そのため、発動するには工夫が必要。

相手が《スピード・ワールド2》の効果を使うのを待ったり、《Sp-オーバー・ブースト》でスピードカウンターが1に
なるのを待つのは危険。

やはり《Sp-オーバー・ブースト》や《Sp-カウントアップ》を使って補助するのがいいだろう。
《フルスロットル》を使ってもいいが、能動的にスピードカウンターを自分だけ12にするのは難しいことは計算に入れておこう。


  • 原作・アニメにおいて―
「遊星vs炎城ムクロ」においてムクロが使用。
《Sp-ジ・エンド・オブ・ストーム》と《スピード・キング☆スカル・フレイム》をドローした。
この時は「このカードの効果で、カードを2枚ドローする」と言っていたので、発動条件がないようにも思えるスピードスペルだった。
その次のターンで遊星が《Sp-シフト・ダウン》を使ったのだが、それは単に下位互換カードにしか見えなかった。

「遊星vsブレオ」において遊星が使用。
デッキ破壊の戦術を使うブレオに対して、次の攻めにつなげるために発動した。
この時に「自分のスピードカウンターだけが、12個ある時、デッキからカードを2枚ドローできる」と初めて明言された。

「クロウvs甚兵衛」において、甚兵衛の手札に確認できる。