《Sp-リアクター・ポッド》

Sp(スピードスペル)-リアクター・ポッド》

通常魔法
自分用スピードカウンターが4つ以上ある場合、
自分フィールド上の攻撃力1000以下のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。


バーン効果を持ったスピードスペル。

元々の攻撃力なので、攻撃力が1000より高かったが1000以下になってしまったモンスターがいいだろう。
代表例としては、意図的に攻撃力を下げられる、《ダークエンド・ドラゴン》などである。

もちろん、戦闘で破壊される危険もあるが、それでも《ダークエンド・ドラゴン》の場合は2600ダメージを与えられるので
有効。それ以外でも、《光と闇の竜》や、《ライトエンド・ドラゴン》などのモンスターもいる。
《堕天使ディザイア》も相性がいい。《堕天使ディザイア》の場合は3000ダメージ。驚異的な火力である。

現在では「聖刻」によってドラゴン族通常モンスターが攻守を0にして特殊召喚されるため、容易に効果を発動できる。

バーン系のスピードスペルには、《Sp-スピードストーム》という常に1000ポイントダメージのものも存在する。
スタンバイフェイズ時にスピードカウンターを3つ取り除けば手札に戻るので、安定した火力が得られる。

どちらにするかはデッキ次第だろう。両方入れてもいいかもしれないが、スピードカウンターが4つ必要なので注意。

  • 原作・アニメにおいて―
「遊星vs牛尾(3戦目)」において遊星が使用。
《パワーバインド》によって攻撃力が0となってしまった《スピード・ウォリアー》を選択して900ポイントのダメージを与えた。