《シュトロームベルクの金の城》

《シュトロームベルクの(きん)(しろ)

フィールド魔法
●自分のターンのスタンバイフェイズ毎にデッキの上からカードを半分墓地に送る。
送らなかった場合、このカードを破壊する。
●自分ターンのメインフェイズ1に自分のデッキからランダムに
レベル4以下のモンスター1体を自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。
●このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は通常召喚できない。
●この効果で特殊召喚されたモンスターと相手フィールド上のモンスターは
お互いのターンで戦闘を行わなければならない。
●攻撃宣言を行った相手モンスターは攻撃が無効となり、
そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与えて破壊される。

KCグランプリ編で登場したフィールド魔法カード。スタンバイフェイズごとにデッキトップから枚数の半分のカードを墓地に送る維持コスト、メインフェイズごとにランダムでレベル4モンスターを特殊召喚する誘発効果、通常召喚を封じる永続効果、特殊召喚されたモンスターと相手モンスターを強制的に戦闘させる誓約効果、相手モンスターの攻撃を無効にしてバーンダメージを与えて破壊する誘発効果を持つ。

維持コストは膨大だが、墓地肥やしという面だけを見ても1ターン維持しただけで十分な効果が得られる。

デッキから下級モンスターをリクルートする効果は有用に見えるが、EXデッキからの特殊召喚が全盛の現在、メインデッキのモンスターは戦闘に向かない素材専門、というデッキもざらにある。加えてランダムに選ばなければならないため、戦闘強制効果は自分のターンで足を引っ張りかねない。
相手を自爆特攻させようにも《つまずき》などを駆使したロックデッキには効果が薄く、それ以前にこのカードの効果で特殊召喚したモンスターが場にいなければならない=自分のターンで自爆特攻してすでにいないこともありうるため、作中当時ならともかく現在ではそれほど強力なカードとは言えない。

なお、《マクロコスモス》の影響下ではカードを墓地に送ることが出来ないため、維持コストを支払うことが出来ない。
また、デッキを一気に削るため、【デッキ破壊】に対しては自殺行為と紙一重であることも付記しておく。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメDMのKCグランプリ編において、「海馬vsジーク」戦後にジークの手札の中に確認されている。本来はペガサスが制作した記念カードであり、デュエルでは使用できない観賞用である。
その後、「遊戯vsレオン」戦の前にジークの実弟であるレオンに託されてレオンが使用。
このカードが発動された事で「遊戯vsレオン」戦の最中にネットワークウィルスをばらまいた。
ジークは大会前、このカードを使用できるようにする為に海馬コーポレーションのネットワークをハッキングし
禁止カードのリミッターを解除した。更にこのカードのテキストデータを改竄し、以下の効果を追加した。

●このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果によって破壊されない。
●このカードの維持コストは相手プレイヤーが払う。

このデュエルで遊戯は《天よりの宝札》(アニメ仕様)と《ロイヤルストレート・スラッシャー》の効果でデッキが残り1枚になった事で、
レオンのターンのスタンバイフェイズでこのカードの破壊に成功した。
※ルール上、この方法で破壊できるかは不明である(「デッキのカードを半分墓地に送る」という例がないため)。
 OCGでは小数点以下は四捨五入の原則があるのだが、「デッキのカードを1枚墓地に送るのか」「デッキに1枚残るのか」のどちらになるか不明。
 なお、LP1の時にLPを半分払う場合の処理は「0.5を四捨五入して1払う(=LP0となり敗北)」ではなく、
 「0.5支払い、LPが0.5残るので四捨五入して1とする(=LP1のまま、実質ノーコスト)」である。
※また、維持コストが任意にも関わらず毎ターン支払っていた事から強制効果に変更されていたと思われる。