《スピリット・バトル》

《スピリット・バトル》

速攻魔法
このターンに戦闘で破壊され墓地へ送られた自分のモンスター1体と相手モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚し、戦闘を行う。
その際、お互いのプレイヤーが受ける戦闘ダメージは0になる。
この効果で戦闘を行ったモンスター1体が戦闘で破壊された時、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージをそのモンスターの持ち主に与える。

漫画版5D’sで登場した速攻魔法カード。戦闘破壊された自分のモンスターと、相手モンスター1体を蘇生させ、戦闘を行う効果と、破壊されたモンスターのコントローラーに其の攻撃力分のダメージを与える効果を持つ。

使いどころがきわめて難しいカードであるが、見方を変えれば戦闘を介した完全蘇生カードとして使うことが出来る。
また、蘇生させる相手モンスターは自分が選ぶため、自分のモンスターを残すために弱小カードを選ぶのもよい。
ダメージを優先するなら、対象となる自分のモンスターよりわずかに攻撃力の低いモンスターを選びたい。ただし、リクルーターを選んでしまうと相手の場にモンスターが増えることには注意。

ちなみに、自分のモンスターは戦闘破壊されたものでなければならないが、相手モンスターは墓地にさえいれば無条件であることは覚えておこう。

  • 原作・アニメにおいて―
「遊星VS龍亞&龍可」(2回目)において遊星が使用。戦闘破壊された《閃光竜スターダスト》と、《シューティング・ミラージュ》の効果で破壊された《妖精竜エンシェント》を蘇生させ、戦闘を行った。

遊星の目的は、龍亞と龍可をそれぞれの決闘竜の闇のフィールから解放することであり、確実に《妖精竜エンシェント》を《閃光竜スターダスト》で破壊するためにこのカードを使用した。
直前の戦闘で攻撃対象に変更された《機械竜パワー・ツール》を破壊しなかったのは《シューティング・ミラージュ》の発動条件を満たしつつ、このカードの効果で呼び出すモンスターを《妖精竜エンシェント》に確定するためであったが、結果として《森の怒り》の発動をも回避することになった。