《ヒーローの受難》

《ヒーローの受難(じゅなん)

通常罠
自分フィールド上に「CH」と名のついたモンスターが存在し、相手がモンスターの召喚に成功した時に発動できる。
相手は召喚に成功したモンスターと同じレベルのモンスター2体をデッキから選択し、
フィールド上に特殊召喚しなければならない。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
特殊召喚できない場合、相手ライフに400ポイントダメージを与える。

遊戯王ZEXALIIで登場した通常罠カード。相手の通常召喚時、同レベルのモンスター2体をリクルートさせる効果を持つ。
いわゆるデメリットカードの一つであり、普通に使った場合相手の展開を補助する利敵行為にしかならない。

処理そのものは特殊召喚かバーンで終わるため《奈落の落とし穴》や《激流葬》は発動できるが、あまり意味はない。
類似効果の《ギブ&テイク》と異なりこちらへのメリット効果がない上、発動条件の関係で相手のターンにしか使えないため、あちらと同じコンボ用としての使い道を見出すのは難しい。

ただ、「相手に特殊召喚を強要する」ため、《サモンリミッター》とのコンボで相手の展開を妨害することは可能。
また、最低でも三体のモンスターが相手の場に並ぶため《停戦協定》のダメージを増やすなど、相手のモンスターが多いことに意味のあるコンボの起点としてならば十分に採用の余地はある。


  • 原作・アニメにおいて―
「凌牙VS有賀」戦において有賀が使用。凌牙の持つ《No.32 海咬龍シャーク・ドレイク》を引きずり出すために使用した。