《シンクロ・ミラージュ・アタック》

《シンクロ・ミラージュ・アタック》

通常罠
自分のシンクロモンスターが戦闘を行う相手のシンクロモンスター1体を対象として発動できる。
その相手のシンクロモンスターの攻撃力と守備力の数値を入れ替える。


  • 原作・アニメにおいて―
漫画版5D’sより、「遊星VSクロウ」戦において両者が使用。遊星が発動した《ディフェンス・ドレイン》の適用後にクロウが発動し、《ライトニング・ウォリアー》の攻守を逆転したが、遊星もこのカードをチェーン発動していたことで《BFT-漆黒のホーク・ジョー》の攻撃力が0となってしまい、結果クロウは敗北することとなった。