《オーバー・チューニング》

《オーバー・チューニング》

通常魔法
チューナーモンスターを召喚したターンに発動できる。
自分の手札からチューナーモンスター1体を特殊召喚する。

漫画版5D’s第6巻で登場した通常魔法カード。手札からチューナーを特殊召喚する効果を持つ。
チューナー同士でシンクロ召喚できるのは《XXセイバー-ガトムズ》のみであるため、シンクロ召喚のサポートには使いづらい。よって、基本的にはエクシーズ召喚のために使うことになる。

また、通常召喚したチューナーが《幻影王 ハイド・ライド》であればシンクロ召喚に繋げることも出来る。
大抵の場合《ゴブリンドバーグ》や《切り込み隊長》など、手札のモンスターを呼び出すモンスターの方が優先されるため、こちらを使うならば、特殊召喚するチューナーにレベルや攻撃力などの制限が一切ない点を生かしたい。
《獄落鳥》などの戦闘向けチューナーを簡単に呼び出すことが出来るため、それらを主軸に置く【チューナー】では必須の一枚となるだろう。

別の方法でチューナー以外のモンスターを用意していれば2連続でシンクロ召喚が出来るが、手札消費の激しさは頭に入れておくこと。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版5D’s第6巻において、「ジャックVSゴドウィン」にてジャックが使用。漫画版ではチューナーであった《灰燼王 アッシュ・ガッシュ》の通常召喚をトリガーに発動して《幻影王 ハイド・ライド》を特殊召喚し、《天刑王 ブラック・ハイランダー》のシンクロ召喚に繋げた。