《アクセル・シンクロ》

《アクセル・シンクロ》

速攻魔法
自分のフィールド上のSモンスターのチューナーとチューナー以外のSモンスターを素材としてシンクロ召喚を行う。
この時、素材とするモンスターのレベルは半分となる。

漫画版5D’s第9巻で登場した速攻魔法カード。シンクロチューナーとシンクロモンスターのレベルを半分としてシンクロ召喚を行う効果を持つ。

速攻魔法のシンクロサポートという点で見れば強力だが、レベルを半分にするという部分が曲者。
また、シンクロモンスターとシンクロチューナーを揃えて置く必要があるため、このカードを使うくらいならばそのままシンクロしてしまった方が良いことも多い。

類似効果の《リミットオーバー・ドライブ》はレベルさえ揃えれば良く、召喚条件も無視するという部分で勝っているが、こちらはシンクロ召喚を経由するため蘇生制限を満たすのが強み。
とはいえ、このカードを使って召喚する場合基本的にはいわゆる「アクセルシンクロモンスター」を狙うことになるため、やはり通常通りのシンクロ召喚を狙った方が結果的には良く、こちらは機会があれば使う程度でよいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―――
漫画版5D’sにおいて、「遊星VSジャック(2回目)」にて遊星が使用。バトルフェイズ中に発動し、漫画ではチューナーであった《閃光竜 スターダスト》と《スターダスト・アサルト・ウォリアー》《スターダスト・チャージ・ウォリアー》を素材に《真閃光竜 スターダスト・クロニクル》のシンクロ召喚に繋げた。

「アクセルシンクロ」とはアニメ版5D’sに登場したシンクロチューナーとシンクロモンスターを用いたシンクロ召喚の名称である。が、遊星たちの時代では対応するカードがなく、アンチノミーは未来から持ち込んだ自前のカードを使用、遊星は召喚の度に白紙のカードを書き換えて《シューティング・スター・ドラゴン》を呼び出していた。
このカードはそれを意識したカードであるが、遊星が実際にこのカードで行ったシンクロ召喚は「シンクロチューナー+シンクロモンスター2体」による上位版の「デルタアクセルシンクロ」に当たる。