《異界共鳴-シンクロ・フュージョン》

異界共鳴(いかいきょうめい)-シンクロ・フュージョン》

通常魔法 
①:自分フィールドから、Sモンスターカードによって決められたS素材モンスターであり、 
また融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターでもある一組のモンスターを墓地へ送り、 
そのSモンスター1体と融合モンスター1体をエクストラデッキからそれぞれS召喚・融合召喚する。 

シンクロ次元編で登場した通常魔法カード。融合召喚とシンクロ召喚を行う効果を持つ。
1枚のカードから2体のモンスターがいきなり出てくるという豪快な効果を持つが、条件が足を引っ張る。

素材モンスターはフィールド上に限られる上、呼び出したい融合モンスターの融合素材であり、かつ呼び出したいシンクロモンスターのシンクロ素材でもあるという組み合わせに限られる。
この時点で呼び出せるモンスターはかなり限定されるため、本気でこのカードを使いたいならデッキ構築の時点から相当頭を使う必要がある。さらに素材を「墓地に送る」ため、ペンデュラムモンスターは使えない。

かてて加えて、シンクロ召喚を行う都合上片方はチューナーでなければならないのも難点。
融合先が《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》ならば属性を闇で統一するだけで良いため多少は楽になる。また、《始祖竜ワイアーム》ならば通常モンスターでさえあればいいため、《ナチュラル・チューン》を併用するなどすればバリエーションも増やせる。
カテゴリならば【シャドール】も考慮に入る。

問題はシンクロモンスターの方だが、こちらはレベルを調整する必要がある。といっても、縛りのない汎用シンクロはそれなりに多いため、素材を揃える時点で気を付けて置けばいいだろう。
ただし、チューナー2体を素材とする《テセウスの海魔》を融合モンスター側にする場合、シンクロ側は《XXセイバー-ガトムズ》一択になる。

しかし、一番の問題点はそこまでして呼び出す価値のあるモンスターが少ないということである。
融合とシンクロ、双方の利点を潰し合う発動条件であるため、このカードを使うくらいなら個別に召喚してしまった方が手っ取り早いことも多い。


  • 原作・アニメにおいて-
アニメARC-Ⅴの「遊矢vsバレットvsセルゲイ」戦及び「ジャックvsセルゲイ」戦でセルゲイが使用。
どのデュエルでも、セルゲイのフィールドの《地縛囚人ライン・ウォーカー》と《地縛囚人ストーン・スイーパー》を素材に、《地縛戒隷ジオグリフォン》をシンクロ召喚したのと同時に《地縛戒隷ジオクラーケン》を融合召喚した。