アクションデュエル用フィールド魔法

フィールド魔法
 ①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、アクションカードを使用できる。
アクションカードは1枚しか手札に加える事ができない。


  • 原作・アニメにおいて―
アニメ・漫画ARC-Ⅴシリーズにおいて、リアルソリッドビジョンの普及により、アクションデュエル用フィールド魔法とアクションカードが登場された。
アクションデュエル用フィールド魔法はモニタールームやノートパソコンの中から好きなアクションデュエル用フィールド魔法がいくつか導入されている。
アクションデュエル用フィールド魔法の種類は下記の表を参照。

舞網チャンピオンシップ・バトルロイヤルでは、舞網市全体(住宅区は除く)がアクションフィールド魔法《ワンダー・カルテット》が包まれ、バトルロイヤルが開始されてから24時間の間発動された。

シンクロ次元編からは赤馬零児が結成した当初のランサーズのメンバー、遊矢・権現坂・沢渡・黒咲・零羅・月影・セレナ・デニスらのデュエルディスクの中に《クロス・オーバー》のみ導入されるようになり、スタンディングデュエルの開始時に発動される。

シンクロ次元編のフレンドシップカップ・エキシビジョンマッチ戦からは、赤馬零児の提案により、ライディングデュエルのアクションフィールド魔法《クロス・オーバー・アクセル》と幾つかのアクションカードが導入されるようになった。

シンクロ次元編の途中にデニスがランサーズの脱退と同時にアカデミアの帰還してから112話に再登場を果たした。その際に彼のデュエルディスクがアカデミアの物と変わり、《クロス・オーバー》は入っていない模様である。

「遊矢vsソロ」戦では、デュエル舞台は海賊船の船上でアクションフィールド《クロス・オーバー》を行い、拾えるアクションカードは「クリスタル」カードをセットされている。

アニメARC-Ⅴ
名前 登場した話数 備考
辺境(へんきょう)牙王城(がおうじょう) 1話~2話
《プレイン・プレーン》 2話・141話
《ダークタウンの幽閉塔(ゆうへいとう) 3話~4話 一部が牢となっている。ビリヤードに因んだアクション罠がセットされる
荒野(こうや)決闘(けっとう)タウン》 5話
《スウィーツ・アイランド》 5話~6話
星の聖域(コスモ・サンクチュアリ) 9話 志島北斗の十八番であり、彼はこのフィールドでのアクション魔法の出現位置などを完全に把握しているらしい
《クリスタル・コリドー》 10話
(つるぎ)墓場(はかば) 11話~12話・25話~26話
《アスレチック・サーカス》 12話~13話 榊遊矢が最も得意とするフィールド
《マジカル・ブロードウェイ》 14話 修造の話では、榊遊勝が最も得意とするフィールド
《アクション・キッチン》 16話~17話
《クイズ・フロンティア》 19話~20話 クイズ形式の効果処理を持つアクション罠がセットされる
《フォーチュンテラー》 22話~23話
《おひさまの(たに) 28話
無限架橋(むげんかいきょう) 29話
絶海(ぜっかい)孤島(ことう) 30話
夕日(ゆうひ)荒城(こうじょう) 31話~32話
未来都市(みらいとし)ハートランド》 33話~34話・50話~51話 どこか見覚えのある景色…?
仙界竹林(せんかいちくりん) 39話
《ワンダー・カルテット》 42話~49話・141話~143話 4つのエリアに火山・氷山・ジャングル・古代都市が分かれており、拾えるアクションカードは異なる
仏恥義理埠頭(ぶっちぎりふとう) 52話~53話
《クロス・オーバー》 55話~57話・59話・62話~63話・89話・98話~102話・104話~105話・107話~111話・113話・115話・118話・119話・120話~122話・124話~125話・128話~129話・131話・134話~135話・136話~140話・144話・145話 他と異なり、半透明な足場ができる程度
《クロス・オーバー・アクセル》 64話・66話・68話・69話・71話・72話・74話~75話・77話~79話・81話~82話・84話~85話・87話~88話・93~94話・96話~98話・146~147話 ライディングデュエル専用
このカードだけ以下の効果が記載されている
②:このカードはこのカード以外の効果を受けない。
《エンタメ・コロッセオ》 147~148話