《Sp-スピード・フュージョン》

Sp(スピードスペル)-スピード・フュージョン》

通常魔法
自分用スピードカウンターが4つ以上ある場合に発動できる。
手札・自分フィールド上から、融合モンスターカードによって
決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。


融合を行えるようになる魔法カード。スタンディングデュエルの 《融合》 に相当するだろう。

融合モンスターを特殊召喚するためには、 《融合》 が欠かせないので、もしそのようなモンスターがいるなら、このカードは必要不可欠だろう。
しかしスピードカウンターが4つ以上必要なので、普通に戦っていると早くても5ターン目にならなくては融合召喚できない。《Sp-オーバー・ブースト》も一緒に入れるべきだろう。

だがライディングデュエルの融合での最大の問題点は、 《F・G・D》 などの多くのモンスターを融合素材とするモンスターがまず召喚できなくなるところだろう。確かに手札を5枚(このカードも合わせれば6枚)消費すれば融合召喚できるが、割に合わない。

2000ポイントダメージを受けて 《龍の鏡》 《オーバーロード・フュージョン》 を使うのも割に合っていないのでこのカードをデッキに入れる場合は、あくまですぐに手札・フィールド融合できるモンスターの融合召喚を狙おう。

イラストには 《ブラック・マジシャン》 《炎の剣士》 を融合素材として 《黒炎の騎士-ブラック・フレア・ナイト-》 を融合召喚する様子が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
「遊星vsジャック(1戦目)」においてジャックが使用。
《ミッド・ピース・ゴーレム》 《ビッグ・ピース・ゴーレム》 を融合し、 《マルチ・ピース・ゴーレム》 を融合召喚した。

「遊星vsシェリー」においてはシェリーが使用。《聖騎士の槍持ち》《花騎士団の駿馬》を融合し、《ケンタウルミナ》を融合召喚した。

「遊星vsジャン」においては遊星が使用。アクセルシンクロに対する今の結論として、このカードを使用した。
《ジャンク・ウォリアー》 《スターダスト・ドラゴン》 を融合し、 《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》 を融合召喚した。

「遊星&シェリー&ミゾグチvsゴースト軍団」ではシェリーが使用。再び《ケンタウルミナ》を融合召喚した。