《ジャンク・ドラゴンセント》

《ジャンク・ドラゴンセント》

効果モンスター
レベル5/闇属性/機械族/攻撃力2100/守備力1800
自分のシンクロモンスターの攻撃宣言時、
墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
そのモンスターの攻撃力を800ポイントアップする。

漫画版5D’s第4巻で登場した闇属性・機械族の上級モンスター。墓地から除外することで、自分のシンクロモンスターの攻撃力を800アップする誘発効果を持つ。

コンバットトリックの一種だが、自分からの攻撃でしか使えない点では「禁じられた」シリーズに譲る。しかし、攻撃力の上昇は永続効果であり、また上げ幅が800と高めであるため、戦闘向けのシンクロモンスターを使うならば強力な効果となるだろう。

変わったところでは、場に出したこのカードを《魔のデッキ破壊ウイルス》などの媒体にしてしまうのも面白い。
攻撃力も2100とサイドララインは満たしているほか、闇属性ゆえにサポートが多いため、あえて戦闘に使ってしまうのもいいだろう。

ベストな使い方としては、このカードを素材にシンクロ召喚し、呼び出したシンクロの攻撃補助に使うのが最適。


  • 原作・アニメにおいて―
漫画版5D’sにおいて、「遊星vsクロウ」戦において遊星が使用。先攻1ターン目で《ジャッキー・ジャンパー》のコストとして墓地に送られ、その後《ライトニング・ウォリアー》の攻撃時に効果を発動し、攻撃力を3200まで上昇させたが、《BF-デルタ・ユニオン》の効果で蘇生した《BF-星影のノートゥング》の効果により帳消しにされた。

その後、「遊星VSジャン」戦ではフィールドに召喚され、《カタパルト・ウォリアー》の効果で射出されジャンに2100のダメージを与え決着をつけた。

このモンスターの名前は佐藤氏がデザインを見て、彦久保氏の考案した名前から変更したものだが、このモンスターの外見は「プラグの触手を伸ばすドラゴン型の機械」というものである(佐藤氏も彦久保氏からそれを突っ込まれており、この旨をコミックス収録のおまけ漫画で語っている。なお、同じパターンでは《クイック・スパナイト》がある)。