《サイン・ビークル》

《サイン・ビークル》

効果モンスター
レベル4/闇属性/機械族/攻撃力0/守備力1700
相手モンスターの攻撃宣言時、手札を1枚墓地に送って発動できる。
そのモンスターの攻撃を無効にする。
フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードは、
守備表示の状態で攻撃する事ができ、相手プレイヤーに直接攻撃できる。

漫画版5D’sで登場した闇属性・機械族の下級モンスター。
手札コストを払って相手モンスターの攻撃を無効にする誘発効果と、守備表示のまま直接攻撃できる永続効果を持つ。

二つの効果により攻防一体のモンスターとなるが、肝心の攻撃力が0であるためそのままでは意味をなさない。
《進化する人類》などの装備魔法を用いたいところ。変わったところでは攻撃力0のダイレクトアタッカーであるため《プライド・シャウト》と強いシナジーを形成する。
攻撃を無効にする効果は、手札コストさえあれば何度でも使用できるため、攻撃に対しては鉄壁の壁となる。
無論除去カードを使われればそれまでだが、各種蘇生カードで蘇生してやれば相手へのけん制としては十分に機能する。手札コストには《ドロー・スライム》《代償の宝札》、《キラー・スネーク》などを用いればよいだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
「遊星vsムクロ」戦においてムクロが使用。
先攻1ターン目に壁として召喚され、返しのターンの《ジャンク・ブレーダー》の攻撃を自身の効果で無効にした。
さらに次のターン、自身の効果で直接攻撃を決め、フィールの衝撃波によって遊星号の速度を落とした。
最終的には《違法改造》の効果により、《暴走轟 ロード・ガーディアン》の特殊召喚のためリリースされた。

攻撃名は「スピードダウン」、効果名は「道路作法」。