《ジャンク・ファクトリー》

《ジャンク・ファクトリー》

フィールド魔法
フィールド上の「ジャンク」と名のついた
モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
フィールド上に存在するモンスターが「ジャンク」と名のついた
モンスターとの戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す事ができる。

遊戯王5D'sで登場したフィールド魔法カード。ジャンクモンスターの攻撃力を上げる永続効果、ジャンクモンスターが戦闘破壊したモンスターをデッキバウンスする誘発効果を持つ。

恩恵を受けられるのはアニメで鉄蔵が使用した《パテーナル・ジャンク》《マテーナル・ジャンク》《キッズ・ジャンク》と、遊星の主力である《ジャンク・シンクロン》、《ジャンク・ディフェンダー》、《ジャンク・ドラゴンセント》、《ジャンク・ウォリアー》、《ジャンク・アーチャー》、《ジャンク・バーサーカー》、《ジャンク・デストロイヤー》、《ジャンク・ガードナー》となる。

特に自身の効果で攻撃力の上がる《ジャンク・ウォリアー》とは相性が良好であり、《ジャンク・ボール》で生成されるジャンクトークンと合わせれば攻撃力は3800まで跳ね上がる。

メインとなるのは後半の効果で、戦闘破壊したモンスターをデッキに戻す効果である。
場合の任意効果であるためタイミングを逃さず、しかも発動するしないを選択できるため、デッキにあっては都合の悪いカードはそのまま、リクルーターをデッキバウンスするなどで相手の戦略を妨害できる。


  • 原作・アニメにおいて―
「クロウvs鉄蔵」において鉄蔵が使用。《パテーナル・ジャンク》の攻撃力を上げて《BF-大肺のヴァーユ》を戦闘破壊、そのままクロウのデッキにバウンスした。
この時、破壊された《BF-大肺のヴァーユ》をクレーンが吊り上げ、クロウの手元に戻す演出がなされた。