《無限ローン》

無限(むげん)ローン》

永続罠
相手フィールド上に「ローントークン」以外のモンスターが召喚・特殊召喚された時、
相手フィールド上に「ローントークン」
(岩石族・光・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはリリースできず、シンクロ素材にも出来ない。
相手は手札を1枚墓地へ送る事で、「ローントークン」1体を破壊できる。

遊☆戯☆王5D’sWRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場した永続罠カード。
相手フィールドにモンスターが召喚・特殊召喚された時、ローントークン1体を特殊召喚する効果を持つ。

守備表示で現れるためそのままでは壁を与えたことにしかならないが、リリースおよびシンクロ素材に出来ないという制限がかかっているため、逆利用される危険性も少ない。またトークンであるためエクシーズ素材にも出来ず、現在の環境ではなかなかに刺さるカードと言える。
また、トークンを処理するために手札コストを要求するため、相手からすれば手札を捨ててトークンを排除するか、手札を温存してフィールドを圧迫するかの二択となる。
さらに「捨てる」ではなく「墓地に送る」であるため、暗黒界や魔轟神の効果も発動できない。《代償の宝札》や《おジャマジック》であれば手札は逆に増えることになるが。

ただし、ローントークンの特殊召喚は召喚されたモンスターの数ではなく召喚の回数でカウントされるため、大量のモンスターが一気に出てくるペンデュラム召喚や《トライワイトゾーン》《おジャマンダラ》などには分が悪い。特にペンデュラムの場合、スケールによっては即戦力の大型が出てくることもザラにあるため、ロックとしては効果が薄い。
また、融合素材には出来るため、《始祖竜ワイアーム》の素材にされる危険もある。さらに新マスタールールにおいてはリンク召喚の格好の素材になるため、ロックとしてはもはや機能しないのが現状。

ローントークンを前提とした効果を持つ《地獄徴収官トイチ》と合わせて使いたいところ。


  • 原作・アニメにおいて―
アニメ5D'sの「ジャックvsガロメ」戦においてガロメが使用。ジャックのモンスター召喚に合わせてローントークンを2体(さらに《ヘル・トレーダー》の効果と合わせて3体)呼び出し、トイチの効果でダメージを与えた。
ガロメはハンデスを狙っていたが、ジャックは一貫してこれを拒否。
最終的に《ゼロ・ホール》により他のカード諸共破壊された。