《悪徳商法》

悪徳商法(あくとくしょうほう)

装備魔法
1ターンに1度、装備モンスターが相手プレイヤーに与える効果ダメージは倍になる。

WRGP編・プロローグ~クラッシュタウン編で登場した装備魔法カード。
装備モンスターが相手に与える効果ダメージを、1ターンに1度だけ倍加する効果を持つ。

「テキストの短いカードは強い」というデュエルモンスターズのジンクスを体現するカードの一つである。

ネーミングからして明らかに《地獄徴収官トイチ》用にデザインされたカードなのだろうが、《E・HEROフレイム・ウィングマン》や《オッドアイズ・ドラゴン》など、いわゆる「直火焼き」系の効果モンスターに装備させた場合、戦闘ダメージと合わせて与えるダメージが跳ね上がる。

が、一番シャレにならないのは《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》。バーンダメージが破格の4000となり、最速で先行1ターン目からライフが半分持って行かれるという事態になりうる(しかも対処できねば返しのターンでゲームエンド)。

  • 原作・アニメにおいて―
遊☆戯☆王5D’sの「ジャックVSガロメ」戦においてガロメが使用。《地獄徴収官トイチ》の効果ダメージを倍加し、ローントークン2体の存在により、ジャックに4000ポイントの効果ダメージを与えた。
この時ジャックのライフは、ガロメが先行ターンで使用した《成金ゴブリン》により1000増えており、これがなければこの時点でジャックの負けであった(ただし、ガロメも《成金ゴブリン》を使わなかった場合このターンで《悪徳商法》を引けなかった可能性が高い)。