《ブラッド・ディスチャージャー》

《ブラッド・ディスチャージャー》

通常罠
自分フィールド上に存在する装備カード1枚を破壊する。
このターンのバトルフェイズをスキップする。


遊☆戯☆王GX 第144話「究極封印神エクゾディオス召喚!」で登場した通常罠カード。
バトルフェイズをスキップし、戦闘を阻害する効果を持つ。

《D-HERO Bloo-D》 がフィールド上にいる場合は、効果で装備したモンスターを破壊すれば良いので、効率がいい。

しかし永続罠で表側表示のカードならなんでも良い 《強制終了》 があるため、上位互換とは言いづらい。
だが 《サイクロン》 等で無効にならないので、このカードは決して下位互換ではない。

  • 原作・アニメにおいて―
アニメGXの「アモン・ガラムvsエド・フェニックス」においてエド・フェニックスが使用。
決闘の11ターン目に発動され、 《究極封印神エクゾディオス》 (アニメ効果)の攻撃宣言時効果での
特殊勝利を阻害するために発動されるが、 《封印されし者の憤怒》 で無効にされてしまい、特殊勝利を許してしまう。

※冷静に見ると、バトルフェイズをスキップする目的なら、相手のメインフェイズの終了時に発動すべきである。
 (劇中では 《究極封印神エクゾディオス》 (アニメ効果)の攻撃宣言時に発動しているため)
 さらにはこのカードを無効にした 《封印されし者の憤怒》 通常魔法カード なのでバトルフェイズ中、
 ましてや罠にチェーンすることができない。そのため特殊勝利条件を満たせずターンエンド。
 次のターン、エド・フェニックスの目論見通り、 《血の咆哮-ブラッド・ロアー》 を発動し勝利できたはずである。
 (ただし、このカードを上記の正しいタイミングで発動した場合、 《封印されし者の憤怒》 は真の意味で有効であった。)