《絶対氷壁》

絶対氷壁(ぜったいひょうへき)

フィールド魔法
このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
フィールドのアイスカウンターが置かれたモンスターは
攻撃力が500ダウンし、攻撃できず、表示形式の変更もできない。
また、自分フィールドの「アイス・ブリザード・マスター」が
効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりにフィールドゾーンのこのカードを墓地へ送る事ができる。

遊☆戯☆王GX第1巻「GX-7 真のデュエリスト!!」で登場したフィールド魔法。
アイスカウンターが置かれたモンスターの攻撃力を下げて攻撃宣言と表示形式の変更を封じる効果、 《アイス・ブリザード・マスター》 の効果の発動コストを肩代わりする効果を持つ。

アイスカウンターの置かれたモンスターは棒立ちになり、攻撃力まで下がる。
《コールド・エンチャンター》 との相性は良く、戦闘したいモンスターにアイスカウンターを置けば攻撃力差は800ポイントとなり、ビートダウンの補助としても利用できる。
ただし、この効果は自分モンスターにも及ぶため、攻撃力を上げるために《コールド・エンチャンター》自身に置いてしまうと悲惨な目に遭う。
なお、漫画で明日香が使用していた《ヘイル・サイバー》との相性はあまり良くない。
あの効果は攻撃された時に適用されるため、このカードでロックしてしまうとただの攻守1300/1500のモンスターとなる。

また、《アイス・ブリザード・マスター》のモンスター破壊効果を発動する際、代わりに墓地へ送る事ができる。
これにより、相手の場をがら空きにして《アイス・ブリザード・マスター》で直接攻撃するといった動きが可能となる。
代償としてロックカードを失う事になるため、とどめの一撃として利用したい。

原作ではアイスカウンター自体に表示形式の変更を封じる効果があった。
OCGでは、長らく「カウンターは効果を持たず、 Aカウンター のように永続効果で処理する」のが通例だった。
それらとの関係性は不明だが、OCGオリジナルの 《スノーダスト・ドラゴン》 には表示形式の変更を封じる効果がある。
なお、現在は捕食カウンターを初め、まるでカウンターが効果を持っているように処理するカードがある。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXにおける「十代vs明日香」で明日香が使用。
《フュージョン・フリージング》《コールド・エンチャンター》の効果でアイスカウンターを乗せ、十代のHEROたちの攻撃を封じた。
最終的に《アイス・ブリザード・マスター》のコストとなって十代の場を一掃、直接攻撃を決めた。

漫画の《アイス・ブリザード・マスター》は、効果の発動コストに自身ではなくこのカードを必要としていた。
このカードがOCG化されなかったため既知の効果となったが、直接攻撃を決める流れが再現できない。