《閻魔の裁き》

閻魔(えんま)(さば)き》

カウンター罠
相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。
その後、自分の墓地のアンデット族モンスター5体をゲームから除外し、
デッキから「赤鬼」1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

漫画版GXで登場したカウンター罠カード。特殊召喚を無効にする効果と、《赤鬼》をリクルートする効果を持つ。
《昇天の黒角笛》に最上級モンスターをリクルートする効果がついたと考えれば悪くないが、アンデット族の持ち味である墓地アドバンテージをごっそり失うのが痛い。除外されたカード対策として《異次元からの埋葬》や《ネクロフェイス》などを用意したいところ。

ただ、肝心の《赤鬼》が絶版状態であり、このカードを投入する意味ははっきり言って存在しない。


  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXにて三沢が使用するカードの一つ。初登場は「三沢VSレジー」戦で、《神の居城-ヴァルハラ》の効果による《ヘカテリス》の特殊召喚を無効にして発動、《赤鬼》をリクルートした(OCGでは処理の関係で、《神の居城-ヴァルハラ》による特殊召喚にはカウンター罠が発動不可能)。

「十代VS三沢」戦では《ナルカミの滝壺》《不知火の揺らめき》によるロックをすり抜けて《赤鬼》をリクルートするべく準備を進めていたが、発動条件が整う前に《フュージョン・バース》で《E・HERO ジ・アース》を融合召喚され頓挫、《火車》の召喚に切り替えた。

罠カードには珍しく技名が設定されており、イラストの閻魔大王が飛び出して錫でモンスターを破壊する。
技名は「地獄落」。