《ウィッシュ・ドラゴン》

《ウィッシュ・ドラゴン》

効果モンスター
レベル2/地属性/ドラゴン族/攻撃力700/守備力100
このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドに「ドラゴン・トークン」
(ドラゴン族・地・星1・攻/守100)2体を特殊召喚する。

遊☆戯☆王GX第2巻、「GX-17 三沢vs万丈目!!」で登場したドラゴン族の下級モンスター。
自分をリリースして2体のトークンを特殊召喚する起動効果を持つ。

特殊召喚されるトークンは特にデメリットは無く、アドバンス召喚等のリリースにも使用できる。このカード1体で、あらゆる最上級モンスターのアドバンス召喚が行えることと同義である。
さらに《超再生能力》を発動した場合、「《ウィッシュ・ドラゴン》の効果発動のリリース+トークン2体リリース」の計3枚ドローが可能となる。
ステータスが低いドラゴン族モンスターなので、 《仮面竜》 などから簡単にリクルートできる点も魅力。

アドバンス召喚に限らず、カードの効果の発動のためにリリースや融合・シンクロ召喚の素材にすることもできる。
融合召喚の素材にするなら、通常モンスター2体(トークン2体でも可)を素材とする《始祖竜ワイアーム》が強力だろう。

また、トークンは除外できるので《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の特殊召喚に利用できる。
トークンが1体余るだけでなく、墓地アドバンテージを失う事なく展開できる。墓地の《ウィッシュ・ドラゴン》を《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》で蘇生すれば、合計3体のトークンが生まれる。

このカードと類似する、既にOCG化されているドラゴン族モンスターに 《ミンゲイドラゴン》 《霊廟の守護者》 がいる。この2体には墓地から自己再生する効果もあるが、2体分のリリースとなる効果はドラゴン族モンスターのアドバンス召喚限定、ミンゲイの自己再生効果は種族をドラゴン族に統一しなければ使えないなどの条件がある。
汎用性の面では、種族に縛られず、アドバンス召喚以外にも活用法があるトークンを生成するこのカードの方に軍配が上がるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXにおける「三沢vs万丈目」で万丈目が使用。 《ダメージ・コンデンサー》 によってデッキから特殊召喚され、自身の効果で2体のトークンを生み出し、 《光と闇の竜》 のアドバンス召喚に繋げた。
同作品の「十代vs万丈目(2戦目)」でも万丈目が使用。《竜の絆》によってデッキから特殊召喚され、同じく《光と闇の竜》のアドバンス召喚のために2体のトークンを生み出した。