《アナザー・フュージョン》

《アナザー・フュージョン》

通常罠
自分フィールドから融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
この効果で融合召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

遊☆戯☆王GX第1巻「GX-1 新HERO登場!!」で登場した罠カード。
自分フィールド上の2体のモンスターを融合させる。

罠版の《融合》であり、バトルフェイズの追撃や、相手の行動を見計らって融合モンスターを繰り出す事ができる。
自分フィールドに2体の融合素材モンスターを要求するので少し使いにくいが、融合素材に自由度がある漫画原作の「 E・HERO 」融合モンスターや「 シャドール 」融合モンスター、 《ツイン・フォトン・リザード》 ならば、融合素材モンスターが1種のカテゴリーに入っているのでフィールドに2体並べることもあるだろう。
また 《融合解除》 で呼び戻した融合素材モンスターで再度融合する事もできる。
このカードで融合召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊されるので、使用した後はそのままゲームエンドに持ち込みたい。

しかしこのカードの速攻魔法版である 《瞬間融合》 のOCG化より、存在意義が危うくなった。
一応、魔法が使えない状況では利用価値もあるのだが、いかんせん引いたターンに発動できない欠点が痛い。
他の類似カードとしては、ジェムナイト専用の融合罠カード 《輝石融合》 《廃石融合》 等がある。

(アナザー:another)とは、「違う、他の」と言った意味があり、このカードの名前は「別の方法での融合」と意味がとれる。当時としては、罠カードでの融合とは奇抜な方法であった。

  • 原作・アニメにおいて―
漫画版GXにおける「十代vs龍牙」で十代が使用。龍牙のイカサマで魔法カード 《融合》 が封じられ、絶体絶命の時にこのカードを引き当てる。
《サイバー・ダイナソー》の攻撃宣言時に発動し、 《E・HERO オーシャン》 《E・HERO フォレストマン》 を融合させ、 《E・HERO ジ・アース》 を融合召喚した。
同作品での「十代vs三沢(1戦目)」でも十代が伏せたが、三沢の《撲滅の使徒》によって除外される。しかし、これは三沢が除去カードを使ってくると見越して十代が張った囮であった。

イラストには 《E・HERO フェザーマン》 《E・HERO バースト・レディ》 が融合し、 《E・HERO フレイム・ウイングマン》 となる様子が描かれている。
あるいは、第1話修正前の名残かもしれない(《シールド・ストライク》参照)。